クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

dカード

dカード利用だと最大5%

コンビニでの支払いを電子マネーでする場合、
そのコンビニがセブンならnanacoで支払うのがいちばんで、
イオン系ならWAONですよね。

関連するスーパーと共通で使えて、
たまったポイントも両方で使えるというのは、
いつも同じ系列を使っている人にとって
はお得にできているので、
買い物は一種類の電子マネーを使うのが理想です。

でもわたしの場合は、nanacoを使うのですが、
クレジットカードがセブン系のカードを持っておらず
これ以上クレジットカードを増やしたくないので、
nanacoには違うクレジットカードを紐づけており、
オートチャージができないのがネックで、
今はnanaco決済をしていません・・
ちょっともったいないなと思っているのですが・・

しかし最近は、メルペイを利用することがたまにあり、
そうなるどiDを使う機会も増えてきました。

しかも、dカード利用だと、
iDがさらに最大5%還元になるコンビニもあるそうですね。

dカード利用も考えてみるのもいいかも。

-----------------------------------------------------

・コンビニでの買い物が多い場合はdカードで最大5%還元
毎朝コンビニでコーヒーを買う、夕食はたいていコンビニでお弁当を購入している、といった場合には、コンビニと提携しているクレジットカードを選びましょう。NTTドコモのdカードでは、主要コンビニ各社で1~2%還元されます。さらに電子マネーiDを利用することで、最大5%還元になるコンビニもあります。年会費は初年度無料、その後も前年に1回でも利用していれば無料です。貯めたポイントはdポイント加盟店やドコモの支払いに利用できます。コンビニでクレジットカードを利用するのは、ポイントの多重取りの基本です。

(ZUU online-ー- 2019年5月21日)
------------------------------------------------------------------

ゴールドカードの安定したサービス

ゴールドカードの勧誘はときどき封書がきます。

入会金が必要ですが、一時期、
加入を考えたことはありました。

魅力的だったのは、楽天のゴールドカードです。

楽天ゴールドカードは、
楽天ポイントがいつも3倍になるからです。

そのうえダイヤモンド会員だと、
倍付が大きくなるので、
いつも1割引きでものが購入できる、となれば、
送料との兼ね合いが必要ですが、
かなりお得感がありました。

NTTドコモの電子マネーは、iDで、
そのポイント「dポイント」が一体になったゴールドカードがあるそうですね。

ゴールドカードは付帯サービスが
いつもお得になるという安定感がいちばん大切なきがします。

ドコモユーザーの方は、
何かとお得な特典も付帯されていますので、
「dカード GOLD」わ検討されてもいいかもですね。

-----------------------------------------------------

今回調査を実施したNTTドコモが展開しているクレカは、電子マネー「iD」と「dポイントカード」機能が一体になった「dカード GOLD」。

ドコモユーザーにとっては圧倒的におトクなクレカで、ドコモの携帯電話やドコモ光の利用料金の10%がポイント還元されます。さらに、携帯電話の紛失や修理不能故障に対しても、購入から3年間最大10万円分を補償されるだけでなく、国内空港ラウンジの利用が無料になるなどの特典もあります。

(T-SITEニュース- 2018/3/17)
------------------------------------------------------------------

dカードとApplePay

ApplePayは、クレジットカードを登録して便利に使えるということで、
利用者が急増しているようです。

テレビでもその優位性がうたわれていますよね。

NTTドコモのdカードもApplePay に対応したそうですね。

dカードでは、ローソンの割引特典が魅力のクレジットカードで、
ドコモユーザーでなくてもメリットがあるので、
ドコモユーザー以外の入会も増えているようです。

コンビニでは少額しか使いませんが、
回数を多く利用するので、
意外とポイントがたまります。
 
dカードは、MasterとVISAに対応しているし、
ポイント還元率も通常1.0%ですので高い方です。

dポイントが貯まる・使えるdポイント加盟店も増えているようですし、
今後注目されるクレジットカードの一枚ですね。

---------------------------------------------------------------------
そんな中、今年の11月からApplePayの対応を開始したNTTドコモの「dカード」では、コンビニ割引などの特典が。ローソン、マクドナルド、ノジマで買い物をした場合に3%割引のサービスが受けられます。よく使うコンビニやファーストフードだからこそ、チリツモの効果は大きそう!

dカードアプリで簡単に設定可能。カードの暗証番号を入力するだけでApple Payへの登録が完了する。

他にも特徴は多数あり、キャリアフリー・ゴールドカード・国際ブランドとしてMaster&VISAに対応しています。100円ごとに1ポイント(1.0%)付与されるなど、還元率も魅力。

(&GP 2016/12/28)
------------------------------------------------------------------

DCMXがdカードになって得をする

最近、DCMXカードから変わったdカードの話題があがってきています。

今日もコンビニで、入口にdカードのキャンペーン告知がなされていました。
切り替えに伴っていろいろ魅力を増すようなキャンペーンがあるのですね。

DCMXという名前自体がわかりにくい印象だったので、
この変更は受け入れやすい気がします。

iD一体型カードで、電子マネーも使えるし、
ポイントをためる機能も同時に使えるとのこと。

あとやはりドコモのカードですから、ドコモの会員ステージが優遇されて、
ポイントがたまりやすくなるのも魅力です。
携帯の機器保証もあるようですね。

ソフトバンクがTポイントがたまるようになって、
わたしは普段使いではあまりTカードを使わないのにも関わらず、
たまに気づくと少したまっていて、コンビニで使えてお得だったりしています。
あれは、月々の通信料にかかっているものでしょう。

携帯電話会社にひもづいたカードのポイントサービスは、
使った自覚が少ない中で自動的に蓄積されるのが、お得感が大きくてよいです。
 
---------------------------------------------------------------------

NTTドコモが発行するクレジットカード。2015年12月1日にドコモのサービスブランドが冠に「d」を付けた名称に統一され、『DCMX』から『dカード』に名称が変更になった。現在、『DCMX』カードのユーザーは更新時に『dカード』になる。

 電子マネーの『iD』一体型カードなので、コンビニやドラッグストア、ファーストフードなど、少額の支払いの時に便利。『dポイント』カード機能もあり、ローソンやマクドナルド、スターバックスコーヒー、コナカなどのdポイント加盟店やdカード特約店で利用すると、通常100円で1ポイントのところポイントアップ。割引も含めて最大5%も得できる。

(@DIME 2016/2/25)
-----------------------------------------------------------------------

docomoのdポイントが12月に始動

docomoのポイントは、
「ドコモポイント」だったのが「dポイント」になり、
提携店舗での利用やポイント取得が可能になる、
また、docomoユーザー以外も使えるようになる、
といった変化があるそうです。

つまり、docomoのスマホ・携帯ユーザーだけが得られる特典ではなく、
他のひとたちも普通に使える、
共通ポイントカードとしてのdポイントになるのですね。

ソフトバンクがTポイントを導入したのとは違い、
docomoは独自ポイントを自分のところで起こしたという感じでしょうか。

それぞれが通信会社からのカードが、
キャリアの枠を超えるにはどうしたらいいか探った結果がだんだん出てきたのかも。

dカードもDCMXと同じくローソンで3%割引きも継続されるそうですし、
dポイントをローソンで使えるようですし、
dカードはローソンで買物をする人はdocomoユーザーでなくてもすっごくお得みたいです。

---------------------------------------------------------------------

12月から、ドコモのポイントプログラムが大きく変わる。名称を従来の「ドコモポイント」から「dポイント」に改め、提携店舗でのポイント取得や利用を可能にするほか、ドコモユーザー以外にもこの仕組みを開放する。単なる携帯電話の料金に付くポイントから、共通ポイントへの脱皮と考えてもいい、大きな改革といえるだろう。

 キャリアのポイントプログラムという点では、auやソフトバンクが先行して、新たな仕組みを取り入れていた。auは、マスターカードのプリペイドカードとひも付けた「au WALLET」を2014年5月に開始。ポイントをプリペイドカードにチャージすることで、リアルな店舗で利用できるようになった。対するソフトバンクは、Tポイントを2014年7月に導入した。

(ITmedia 2015/11/21)
-----------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ