クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

節約

お金の節約についての心構え

お金を節約するために、あたらしく貯金をする、
といったあたらしいチャレンジが大事な場合は確かにあります。

特にあたらしい目標に向かっていくような場合は、
はっきり使い道を決めての貯金は大切ですね。

ですが日々できることとしては、
あたらしいチャレンジよりもっと小さく考えるのも必要なようです。

たとえば時間を見計らって買い物をすると何かの特価品にあたるとか。

いつもは狙わない週末をねらってみると大売り出しがあるとか。

そういう細かなことは私はあまり意識していませんでした。

平日に時間がとれない人はどうしても、
そういった視野は広く持ちにくいですから。

でも節約のために観点を変えてみるのはいいことかもしれません。

-----------------------------------------------------

休日は込むからと、平日にしか家電量販店で買い物していない人は、「週末特価」の存在を知らないことになります。閉店前のスーパーを使ったことがなければ「見切り品特価」に出会えません(逆に早起きすれば「朝市特価」のお店に出会えることも)。あるいは、いつもと違うスーパーに足を伸ばすと、激安セールを発見できたりします。

(ライフハッカー[日本版]ー- 2018年8月24日)
------------------------------------------------------------------ 

メリットを得る機会をつくるカード払い

現金で支払うのは、損なことではなくて、
昔からあるスタンダードな方法ではあるのですが、
変化がない方法、ではありますよね。

プラスもマイナスもなく、平穏です。

ですが、ポイントで少しお得になろう、
という発想でそのことをみたときの印象は、
お得になりようがない手段、ということになります。

クレジットカードは借金なので、
あんまり望ましいことでは本来ないのですが、
1回払いにして、現金払いでは持ちえない
魅力を生むことができるのも確かなのです。

カード払いをむやみにこわがらず、
メリットを生かすような使い方をしていけるといいですよね。

ただ、ポイントをなるべく欲しいがために、
本来はあまり必要がないというか、買わないでおいてもいいものまで、
「今ならポイント○倍!」というようなキャンペーンに誘われて
購入してしまう人も多いと聞きます。

確かに、ポイントを貯めて、
貯まったポイントを買い物に使ったりするのは、
もう一つの節約方法ではありますが、
ポイント獲得最優先、になるのは避けたいものです。

---------------------------------------------------------------------
リエールファクトリー株式会社は、個人に合ったクレジットカードを提案する「AI-Creditコラム」をリリースしました。

現金で払っている商品をクレジットカードで支払うとポイント・マイルが貯まります。何気なく使っているクレジットカードを上手く使い分けるだけでポイント還元率が何倍にも変わります。貯まったポイント・マイルは旅行やショッピングに利用できます。

毎日の節約は出費を削ることだけではありません。お金の決済方法を工夫するだけで毎日の生活はもっとお得になります。

(産経ニュース 2017/7/31)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ