株主優待で暮らしているとして有名な方が、
ほとんど現金を使わないとおっしゃっていたようですが、
それにはこういったことも関係しているのでしょうか。

コメダホールディングスの株主優待は、
コメダ珈琲店で利用できるプリペイドカードの贈呈があるそうです。

これには一律1000円チャージされていて、
これが年2回届いていたそうですが、
年2回チャージされるように変更となるようです。

物理的にプリペイドカード進呈、というのではなく、
中身を進呈というかたちに代わるのですね。

プリペイドカードのよさはそういうところだと思うので、
当然の進化かなと思います。

私は投資信託は持っていますが、
特定の企業の株は持っていませんので
株主優待というものを得たことはありませんが、
マクドナルドなどのフード系企業は
自社のお店を利用できる優待を提供しているようですよね。

---------------------------------------------------------------------
コメダホールディングスの株主優待は、従来「毎年8月末と2月末時点で、100株(1単元)以上保有する株主を対象に、コメダ珈琲店(※一部対象外店舗あり)で利用できるプリペイドカード『KOMECA』を都度贈呈」というもの。
 贈呈される「KOMECA」には、一律で1000円分がチャージされており、継続保有していれば、チャージ済みの「KOMECA」が年2回届いていた。なお、「KOMECA」の有効期限は1年間。
 今後も贈呈されるのが「KOMECA」である点や贈呈される金額は変わらないが、2017年8月実施分より、運用方式が変更されることになった。具体的には、「KOMECA」のカードを毎回贈呈するのを止め、1枚の「KOMECA」を継続利用する形になる。継続保有している株主には、年2回、自動的に「KOMECA」がチャージされることになる。

(エキサイトニュース- 2017/10/15)
------------------------------------------------------------------