コープさっぽろでは、独自の電子マネー「ちょこっとカード」を導入したそうです。

プリペイド式でポイント付与があるようで、
イオンの「ワオン」に対抗するという目的だとか。

どうしてそうなるのかなというのが正直なところですね。
ワオンを利用する人が増えたなら、その人達が便利になるように電子マネー、共通で使えるようにしてほしいと思うのですが。

そして、コープならではの魅力があったらコープのお客さんも減らないと思うんですよね・・
難しいですね。

たぶん、電子マネーを独自で導入すると、
電子マネーに入金されたお金を上手く運用するとか、
財務上になにかしか有利になるとかがあるのでしょうね。

-------------------------------

コープさっぽろ(札幌市)は独自の電子マネー機能が付いたカードを全店で発行する。顧客が事前に入金するプリペイド式で、買い物時には利用額に応じてポイントを付与する。小銭のやりとりを省くなど利便性を高める狙い。イオングループの「ワオン」など電子マネーの活用で先行する大手小売りに対抗する。

 名称は「ちょこっとカード」で、7月1日からまず小樽地区の3店舗で先行導入する。店内のサービスカウンターで無料で発行

(日本経済新聞- 2014年5月23日)
--------------------------------