クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

新幹線

Suicaで「スマートEX」

新幹線を利用する時って、目的地に着いたらそれだけで終わることがなく、
着いた駅からさらに電車を乗り継ぐことが圧倒的に多いと思います。

なので、交通系電子マネーとかをうまく使って、
できるだけ手間なく乗り降りしたり切符を買ったりできたらいいですよね。

JR東海とJR西日本で、SuicaやICOCAで、
東海道山陽新幹線に乗れる新サービスがはじまったとか。
「スマートEX」というそうです。

切符を購入できる、のではなくて、
切符不用で在来線との乗り換えまでカバーできるそうで、
これは便利だと思います。

在来線はSuicaで支払う人が多いと思いますが、
新幹線ともシームレスなほうが助かりますよね。

スマートEXを利用するには、
Suicaの情報とクレジットカードの情報の登録が必要とのこと。

それで、新幹線の料金は、
Suicaからではなくクレジットカードから引き落とされる、
ということのようです。

つまり、Suicaのタッチで新幹線に乗れるけれど、
お金の部分はクレジットカードからということですね。

おそらく、新幹線の料金が
Suicaチャージの上限を超えるような料金になる場合もあるからなのでは。

---------------------------------------------------------------------

JR東海とJR西日本は30日、Suica(スイカ)やICOCA(イコカ)といった交通系ICカードで東海道・山陽新幹線に乗車できる新サービス「スマートEX」を始めた。切符不要で、在来線との乗り換えがカード1枚で済む便利さなどから、利用が広がりそうだ。

 インターネットのスマートEXのサイトで手持ちのICカードとクレジットカードの情報を登録すれば利用できる。クレジットカードによる支払いで、ICカードのチャージ(入金)分は使われない。

サイトで座席を予約し、改札機にICカードをかざして乗車する。予約変更は、発車前までなら何度でも可能だ。対象のICカードは全10種類で、年会費などは不要。


(産経ニュース- 2017/9/29)
------------------------------------------------------------------

九州新幹線など車内販売でSUGOCA

JR九州といえば、九州で使えるSUGOCAが思い浮かびます。

この交通系電子マネーで、
車内販売のお会計ができるようになった路線があるそうですね。

九州新幹線と、観光列車の2種類。

九州新幹線はもう導入されていても不思議ではないですが、
観光列車でのお買い物で使えると、
旅行の思い出を社内で買おうとしているお客さんにとってうれしいサービスです。

電子マネーを持つこと自体も、意外と地域性があって、
旅の思い出になったりしますからね。

使える電子マネーはSUGOCAをはじめとして、
全国の交通系電子マネーです。

---------------------------------------------------------------------
JR九州は2016年5月25日(水)、九州新幹線と「D&S列車(いわゆる観光列車)」の車内販売において、「SUGOCA」など交通系電子マネーでの支払いを可能にすると発表しました。

 サービス開始日は6月1日(水)。対象列車は九州新幹線の「さくら」「みずほ」、D&S列車の「ゆふいんの森」「あそぼーい!」「A列車で行こう」「九州横断特急」「SL人吉」「いさぶろう・しんぺい」「はやとの風」「海幸山幸」「指宿のたまて箱」です。

 また、利用できる交通系電子マネーは「SUGOCA」「Kitaca」「PASMO」「Suica(「モバイルSuica」含む)」「manaca」「TOICA」「ICOCA」「はやかけん」「nimoca」の9種類になります。

(乗りものニュース 2016/5/25)
----------------------------------------------------------------------- 

記事検索
RSS
  • ライブドアブログ