クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

審査

カードを作れない原因

クレジットカードを申し込んだのに、
カードを作れないことがあるようです。

つまり、申し込んでも審査で落ちてしまうことです。

そういうとき、どうしてカードをつくれないのかは、
カード会社は教えてくれないんですね。

わたしも1度、作れなかったことがありましたが、
その後は数年前に作ったときは、普通に作ることができました。

信用情報にキズがついているのか?とも疑うところですが、
おそらくそうではなくて、当時の収入が不安定だったことが
原因なのではと今は思っています。

自分で気づかないうちに、
ちょっとしたローンが残ったままになっているのも、
カードをつくるのに影響があるようですね。

それと、カード会社によって審査基準が若干違いますので、
申し込んだカード会社が審査が厳しいと落とされますが、
それほど厳しいカード会社でないと審査に通るというパターンもあるようです。

以前、聞いたことがあるのですが、
銀行系は審査が厳しくて、
流通系やネット系は審査基準があまり厳しくないようです。

ですので、例えば流通系ならイオンカードやエポスカード、
ネット系なら楽天カードやYahooJAPANカードが作りやすてようです。


---------------------------------------------------------------------
どうすればクレジットカードがつくれるのでしょうか。

→まずは、CIC、JICCという2つの信用情報機関から信用情報を取り寄せて、現状を確認してみてください。
貴殿の気づかぬところで、何か信用情報にマイナス情報の記載があるかもしませんので。

あとは、貴殿の現状のうち、特に収入、勤務先、勤続年数などで引っかかるものがある可能性があります。

さらに、これは確証がありませんが、あまりに信用情報が綺麗すぎて(いわゆるスーパーホワイト状態)、クレジットヒストリーがないのは債務整理明けではないかと判断されて審査に落ちるという話もあります。
この場合、スマホ端末の割賦払いなどで、スーパーホワイト状態を脱することが考えられます。

ご参考までに。

(産経ニュース 2017/7/31)
------------------------------------------------------------------

クレジット審査に落ちないように

クレジットカードの審査、
わたしも一度落ちたことがあります。

支払い遅延とかは一度もやったことがなかったし、
その後、別なカードの審査は通って作れています。

なので、変わったところを考えると、勤務先かなと思っています。

落ちた当時は個人商店のような勤務先だったのが、
いまは株式会社の会社員なので、
そのように、勤めている先によって、
審査結果がかわるのは十分考えられますね。

一度ついた評価も、5年10年でリストから消えるそうなので、
あきらめず、後日は同じ支払いミスなどをしないのが大切なようです。

それと、携帯やスマホの料金を滞納した過去があると、
クレジットカードの審査に落ちると聞いたことがあります。

携帯やスマホの端末は、
通信料金と一緒に分割払いで支払う仕組みになっているので、
支払いを滞納すると分割払いの支払いを滞納したということになり、
信用情報に記録され、
よって審査に落ちる、ということらしいです。

---------------------------------------------------------------------

さて、このクレジットカードの審査ですが、スコアリングだけでは終わりません。当然ですが、過去の個人の決済状況などについても調査されます。日本には、こういった個人の信用情報を扱っている団体が3~4つほどあり、その情報センターに問い合わせがいくわけです。

そこで、「過去に何度も支払い遅延をしている」「自己破産している」などの情報が見つかれば、査定に大きく影響することになります。

ちなみに、この情報の保存期間は基本的に5年、自己破産のような大きな情報は10年といわれています。

(ポイ探ニュース 2017/5/1)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ