JRの特典を受けられるカードといえば、大人の休日倶楽部ですね。

50歳から利用できるそのカードは、
その先、女性60歳、男性65歳から申し込める
「ジパングカード」に続いていきます。

201km以上の長距離なら運賃が30%オフ。
とてもお得だし、大人の休日倶楽部だけでもお得なのですが、
利用できる期間が限られているところがちょっと残念だと思います。

もう少し汎用的にお得さが感じられる特典があったらいいと思うのですが、
運賃が5%オフというのは、感覚的にはあまり変わらないですからね。

でも、ビューカードのSuicaポイントを引き継げたりとか、
細かい気配りを感じるので、いいカードだとは思います。

そういえば、旅行好きの親戚は
大人の休日倶楽部カードを夫婦で持っています。

年に1回は帰省しますので、
それだけでも元を取れてるのかも。

私も、その年代になったら入会したいかも。

-----------------------------------------------------

まさに「人生最後のクレジットカード」にふさわしい1枚だ。JR東日本グループが発行する大人の休日倶楽部ジパングカードは、男性は65歳から、女性は60歳からしか申し込めない(年会費4285円・夫婦二人なら7320円)。しかし、その特典は圧倒的だ。

JR東日本とJR北海道を利用した場合、201km以上の長距離であれば、運賃が30%も割引になる。またJR全線でも1~3回目が20%、4~20回目が30%割引だ。

ただし、東海道新幹線の「のぞみ」やハイシーズン時など、割引にならない列車や時期がある。それでも、東京-新大阪間を「ひかり」の指定席で往復すれば、5656円割引となり、年会費の元を取れてしまうのだ。

(現代ビジネス- 2018年6月16日)
------------------------------------------------------------------