クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

住信SBIネット銀行

クレジット・ミライノカードの名前

クレジットカードの名前というのは、
カードのイメージを印象付けるので、
けっこう大事かなと思います。

いちばん大事なのはなにより、
そのカードがどこのブランドが使えるのか、
名前からもわかるのがよいですよね。

visa、マスターなど、カードブランドによっては、
利用しやすいしにくい店舗があると思うし、
自分が利用しやすい店がそのブランドに対応していなければ、
別な決済手段をみつけなくてはならないため、
利用する意味の有無がそこで決まりそうな気がします。

ミライノカードとは、文字通り未来のように、
いろいろとかなえられることがたくさんつまっている、
ということでしょうか。

イメージ先行の名前ですね。

-----------------------------------------------------

ライフカード株式会社は、住信SBIネット銀行株式会社と提携し、2018年4月20日(金)より、新たなクレジットカード『ミライノ カード(Mastercard)』の募集を開始します。
また、募集開始にあわせ新規でご入会された方を対象に、最大で5,000円相当のスマプロポイントやVプリカギフトを進呈する『Mastercard(R)ブランド 新登場キャンペーン』を実施します。

(時事通信 - 2018年4月/20日)
------------------------------------------------------------------

住信SBIの新しいカード

私がいま利用しているクレジットカードは、
メインカードで使っているのはYahoo!カードで、
サブ利用が楽天カード、Amazon専用のAmazonカード、という感じです。

ネットショップを利用していると
やはり使い分けをすることが多いですね。

住信SBIネット銀行では、
今度新しいカードが募集開始になるとか。

名前が「ミライノカード」だそうです。

名前がいいですね。

ミライノカードも、ゴールドプラチナがあり、
利用度合いによって使い分けができます。

自分なりの使い分けができるように、
そのカードの特色をよく知って、
もし有利なようなら登録しておきたいと思います。

ミライノカードのポイント還元率は1%ということですので、
ポイント高還元率カードに位置付けられますね。

あとは、カード利用で貯まるミライノ ポイントの使い勝手ですね。

どのようなシーンで使えるとか、
ポイント交換としてどういうものが用意されているか、
提携ポイント交換先はどこか、
といった点が気になりますね。

住信SBIネット銀行のことですから、
その辺についてもぬかりなく準備されていることと思われます。

---------------------------------------------------------------------

住信SBIネット銀行は、2017年11月より、JCBブランドの「ミライノ カード(MIRAINO CARD)」の募集を行うと発表した。利用額に応じて、1%のミライノ ポイントが貯まり、貯まったミライノ ポイントはスマプロポイントに交換可能となっている。

ミライノ カードは一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの3つのラインナップとなる。

一般カードの年会費は初年度無料、2年目以降は900円(税抜)となるが、前年10万円以上の利用で次年度も無料となる。

(ポイ探ニュース 2017/9/2)
------------------------------------------------------------------

ネット銀行と支店の名前

どうでもいいことといえばどうでもいいのですが、
ネット銀行上にある下層の支店の名前は、
それぞれのネットバンクで差があるそうです。

SBIネット銀行では、果物の名前が、
じぶん銀行では色の名前、
と、それぞれに特徴を持たせているようです。

わたしはそういえば、ジャパンネット銀行で、すずめ支店だったような・・
ということはジャパンネット銀行は、鳥の名前で統一されているということでしょうか。

他の支店の口座をつくったことがなかったのでわからなかったです。
面白いですね。
支店名自体、本来は地域にあってあるものだけれど、
ネット銀行の場合はそれほど必要ではない気はするのですが、
やっぱり慣習的に、支店名があったほうが、銀行も顧客も管理上、安心なのかもしれませんね。

-----------------------------------------------------------------------

 三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で設立した住信SBIネット銀行。手数料の安さや金利の高さが特徴のネット銀行だ。とくに預金金利は業界でもトップクラス。SBIハイブリッド預金は、メガバンクの約6倍の利息となる。ほかにも住宅ローンや金融商品など幅広いサービスや商品を扱っていることも特徴。そんな同行の支店名は「果物の名前」で統一されていることが特徴。支店番号101はイチゴ支店、102はブドウ支店といったように果物名が付いている。

(沖縄タイムス- 2015年6月25日)
-------------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ