クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

不正利用

Pay決済の不正利用は大丈夫?

クレジットカード情報が漏れたことは、
わたし自身はありません。

何度か、登録していたショッピングサイト的なところの
情報漏えいが問題になって、
パスワードを変更したり、
といったことはありましたが。

実際に漏れて、
そこにカード会社が気がつくと、
ちゃんと連絡がきた人が多いようです。

あなたのカードが違う国で使われましたが、
これはあなたですか?みたいな感じで来るとか。

それは頼もしいですよね。
きちんと監視しているのだという感じがします。

いまはさまざまなアプリなどで、
直接銀行口座と紐付けて、
電子マネーを使うことができたり、
クレジットカードと紐付けられたり、
たいへん便利です。

かつて、現金チャージしかなかったときの電子マネーでは
普及するわけもなかった便利さが、
いまは現実のものになったため、
いま抵抗のある人でも、
仕組みを知って一回使えば、
たぶん便利だと思うのではないでしょうか。

ただ、カード会社が真剣に情報と取り組んでいるのと同じくらい、
銀行もやってくれているのかなという不安がちょっとあります。

クレジットカード経由だと、
漏洩したときにそのように監視がありますが、
Pay決済で銀行口座から直接やられたりすれば、記
帳するまではこちらでわからないですし、
やられた分は保証してくれるのかが気になります。

-----------------------------------------------------

個人情報保護法やクレジットカード業界が制定するグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」は、事業者に対して「不要な情報を持たず、必要な時期が過ぎたら速やかに削除すること」を定めています(2017年に施行された改正個人情報保護法においては「削除義務」とされています)。もし、先ほどカード情報を削除したアプリが漏えい元だった場合、私が自主的にカード情報を削除したことで、システム上「漏えい対象者」から外れるようなことは起こりうるでしょうか。

(ITmedia 2019年9月30日)
------------------------------------------------------ 

スマホ決済の安全性に問題?

LINE Pay、PayPayと、
スマホ決済が次々登場している感じで、
7Payについても、
かなり話題になっているし、
いつもセブンを使っている身としては、
さっそく入れてみようと思っていた矢先に、
不正ログインの被害が相次いでいるというニュースが飛び込んできました。

クレジットカード、デビットカードからチャージできるのは、
こういった電子マネーの
お手軽な使い方の基本だと思うのです。

ただ、LINE Payについては確か、
カードからのチャージはできないですよね。

もしかして、不正使用のリスクを軽減するために、
チャージできなくしているのでしょうか?

不便だなと思っていましたが、
リスクを軽減するためであれば、
実際の被害を聞いてしまうと、
仕方が無いのかもという気がしてきますね。

勝手に使われていることがわかって、
それで初めて気が付くのは恐ろしいので、
便利なのばかり追求してもダメなのかもしれないと考えさせられました。

-----------------------------------------------------

 モバイル決済サービス「7pay」で不正ログインの被害が相次いでいる問題で、セブン&アイ・ホールディングスは7月3日午後、クレジットカードとデビットカードによる7payへの電子マネーのチャージを一時停止した。再開時期は未定。

(ITmedia-ー- 2019年7月3日)
------------------------------------------------------------------

クレジット不正利用の顛末記録

電子マネーをコンビニ店頭で購入させて、それを送らせる、
という手口は詐欺の常とう手段としてあって、
それに対して警鐘を鳴らす記事はけっこう見かけます。

でも、クレジットカードの不正使用がどういう感じになるかは、
あんまりこれまで記事などで読んだとがなかったです。

ある方が、iTunesでの不正使用に気が付いたそうで、
その顛末を記事にされていました。

クレジットカード会社に電話して
クレジットカード利用を止めるよりも、
そのカード情報が紐づけられたappleIdとの連携を切るという方法もあったとは、
そこに思い及ばないとわからないですね。

こういう経験談は参考になります。

-----------------------------------------------------

カード会社の利用明細には、まだ始まったばかりである4月の情報は掲載されていません。そのため、カード会社へ聞かないとわからないため、再度カード会社へ連絡することに。この時点で、Appleが不正利用されたぶんの払い戻しをするとのことだったので、その件も伝えるべく、カード会社へ電話しました。Appleサポートとのやりとりはおよそ30分でした。

(Engadget 日本版- 2018/4/10)
------------------------------------------------------------------

クレジットカード詐欺と犯人

元スマップの中居くんは、
自分がクレジットカードの詐欺にあったそうです。

クレジットマスター というその詐欺は、
他人のカード情報を無断で探し出すということですが、
その手口がどうなのか、何がポイントなのかはわからないです。

普通のクレジットカードの詐欺も、
そのようにデータを抜いて実行されるような気がするのですが、
違うのでしょうか?

手段はともかく
そうやって中居くんがクレジットカード詐欺にあってしまい、
ただ被害は未然に防がれたとのこと。

よかったのですが、
中居くんからはちょっと犯人に同情するようなコメントも聞かれたそうで、
そこはちょっと非常識だったかもしれないですね。

中井君が持っているクレジットカードは、
彼の収入から考えれば
おそらくプラチナカードやブラックカードという
最上級のクレジツトカードだと思うのですが、
そういうカードも詐欺に遭ってしまうものなんですね。

---------------------------------------------------------------------

中居が巻き込まれたのは「クレジットマスター」と呼ばれる詐欺。コンピューターを使い、他人のカード情報を無断で探し出す、クレジットカード詐欺の中でもレアな手法だという。中居は「クレジットマスター」の被害により、知らないうちに炭酸水製造マシーンやハロウィンパーティーグッズ30個、テーマパークのチケット5人分など、被害総額は11万円以上に及んだ。ところがカード会社が不正利用に気づき利用をストップしたため、未然に被害を免れたという。

(アサジョ (ブログ)- 2017/11/16)
------------------------------------------------------------------
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ