クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

ポイント

ポイントと利息の比較の疑問

銀行の預金の金利は安く、0.01%。

クレジットカードのポイント還元率は、
現金に換算したときの預金金利よりどのくらい得かを考えたら成功する、
という考え方をたまに見かけるのですが、
それは、クレジットカード利用によるポイント還元を正当化するというか、
使っても大丈夫という理屈にしているだけのような気がします。

預金の金利は預ける金利なので、
元のお金は自分のものです。

カードで使うお金は使ってしまい、
お金は自分のものではなくなり、
ポイントが返ってきます。

その代わりにクレジットカードで購入した
「モノ」という資産は増えますが。

お金を使うのと預けるのの返ってくるのを
並列に比べてはいけないですよね。

------------------------------------------------------

クレジットカードを比較検討する際に重視する一つ目のポイントは、利用金額に応じてポイントがたまる還元率だ。大手銀行の定期預金の金利は0.01%。100万円を1年間預けても、受け取れる利息はわずか100円(税引前)だ。

クレジットカードを利用して得られるポイントの還元率が、現金に換算した時に預金金利を上回るポイント還元を受けられるかという点は必ず頭に叩き込んでおきたい。

(ZUU online 2018/1/30)
------------------------------------------------------------------

クレジットカード対応の病院

病院でクレジットカードが使えたら・・・と思うのは、
急な病気で病院にかかり、
保険証をもっていなかったために、
多額を現金で支払わなくてはならなくなったときです。

そういうとき、ほんとに困るのですが、
わたしがいく病院ではクレジットカードには対応していなかったため、
他にどうにもならず、数時間待ってもらったりでいろいろ迷惑をかけてしまいます。

国立病院や大学病院などでは対応しているようなので、
地方都市でも対応している場所はありそうですね。

しかし、そういう困った事態は
大きな都市で起こるとは限らないので、
インフラが整備されていないような場所でこそ、
やってほしいようにも思います。

それに、クレジットカードで支払えれば、
ポイントも貯まりますので、少しはお得ですからね。

それと、入院費も支払えるのなら、
ある程度高額になりますので、
クレジットカードなら貰えるポイントも多くなりますね。

---------------------------------------------------------------------
とはいえ、国立病院・療養所、国立大学病院や公立、私立の大学病院はクレジットカードで支払えるようになった。社会保険病院、厚生年金病院、労災病院のような公的病院も、総務省のあっせんが出されてからほぼ100%、カード払いができるようになっている。赤十字病院や済生会病院、徳洲会病院のような全国ネットの大病院も、ほとんどがカード対応可能である。中にはATMのような外観をした自動精算機を設置して、現金払いでもカード払いでも、領収証の発行まで全自動でできる病院もある。

(ソフトバンク ビジネス+IT- 2017/10/23)
------------------------------------------------------------------

メリットを得る機会をつくるカード払い

現金で支払うのは、損なことではなくて、
昔からあるスタンダードな方法ではあるのですが、
変化がない方法、ではありますよね。

プラスもマイナスもなく、平穏です。

ですが、ポイントで少しお得になろう、
という発想でそのことをみたときの印象は、
お得になりようがない手段、ということになります。

クレジットカードは借金なので、
あんまり望ましいことでは本来ないのですが、
1回払いにして、現金払いでは持ちえない
魅力を生むことができるのも確かなのです。

カード払いをむやみにこわがらず、
メリットを生かすような使い方をしていけるといいですよね。

ただ、ポイントをなるべく欲しいがために、
本来はあまり必要がないというか、買わないでおいてもいいものまで、
「今ならポイント○倍!」というようなキャンペーンに誘われて
購入してしまう人も多いと聞きます。

確かに、ポイントを貯めて、
貯まったポイントを買い物に使ったりするのは、
もう一つの節約方法ではありますが、
ポイント獲得最優先、になるのは避けたいものです。

---------------------------------------------------------------------
リエールファクトリー株式会社は、個人に合ったクレジットカードを提案する「AI-Creditコラム」をリリースしました。

現金で払っている商品をクレジットカードで支払うとポイント・マイルが貯まります。何気なく使っているクレジットカードを上手く使い分けるだけでポイント還元率が何倍にも変わります。貯まったポイント・マイルは旅行やショッピングに利用できます。

毎日の節約は出費を削ることだけではありません。お金の決済方法を工夫するだけで毎日の生活はもっとお得になります。

(産経ニュース 2017/7/31)
------------------------------------------------------------------

税金をクレジット払いにするメリットデメリット

税金を、クレジットカード払いにすると確かにポイントがたまるので、
よい話のように聞こえます。

自動車税や固定資産税などいろいろ払えるし、
払い忘れが減るので、自治体としても歓迎なのだとか。

ただ、注意が必要なのは、手数料だと聞いています。

クレジットカードで税金支払いするための手続きに手数料がいるので、
相殺すればポイントを得ても得にならないという話もあるんですよね。

このへん、自分の場合はどうか、ちゃんと考えて利用をはじめる必要があります。

今日、私のところへ自動車税の納付書が届きました。

固定資産税は先月支払ってしまいました。
クレジットカードで支払えるのかどうかはチェックし忘れました。

これから地方税や国保の納付書が届きますよね。
もしクレジットカードで支払えるのなら支払ってみようかなと思います。

20万とか30万とかの支払いになれば、
ポイント1%還元率のクレジットカードなら、
数千円のポイントが貰えまいからね。

---------------------------------------------------------------------
■都税をカード払いでポイントゲット
2015年4月より都税がクレジットカード払いできるようになりました。支払える主な税金は、自動車税、固定資産税・都市計画税、個人事業税となります。東京都だけでなく、兵庫県姫路市、兵庫県神戸市などでもクレジットカード納付を開始しています。市民税・県民税、固定資産税・都市計画税等をクレジットカードで支払えるようになりました。

クレジットカード納付で、クレジットカードのポイントは貯まるようになりますが、おトクになるには注意点があります。

■クレジットカード納付は手数料が必要
クレジットカード納付の場合には、それぞれの自治体によって異なりますが、手数料が発生します。

(エキサイトニュース 2017/5/31)
------------------------------------------------------------------

au WALLETクレジットカードチャージキャンペーン

新入学や転勤の季節、
クレジットカードを新しく登録したり、
自立するので家族カードをつくったりと、
いろいろ金銭的に新しい流れができてくる季節ですね。

この期間に、au WALLETクレジットカードで、
プリペイドカードにチャージすると
10%のWALLETポイントが上乗せになるキャンペーンが開始したそうです。

チャージするだけでポイントがつくのは
カード経由のチャージでのうれしいところですが、
こういう機会に、今後の利用頻度なども十分に考えて
チャージをしておくとあとあと、お得かもしれません。

あまり使わないものを多くチャージしすぎるとムダが出るので、そこは注意が必要ですが。

ただ、au WALLETは、auスマホ・携帯ユーザーでない人にとっては、
あまり興味が向かないカードだと思います。

私はauユーザーですが、
格安スマホに乗り換えを考えているので、
au WALLETは使っていないんですよね。

---------------------------------------------------------------------

期間中、au WALLETクレジットカードでau WALLETプリペイドカードにチャージすると、10%のWALLETポイントが上乗せされるキャンペーンが開始した。期間は、2017年3月1日(水)から3月14日(火)まで。

通常、au WALLETクレジットカードからau WALLETプリペイドカードにチャージすると、0.5%のWALLETポイントを獲得できるが、期間中は10.5%のWALLETポイントを獲得できる。

例えば、10,000円をチャージした場合、通常は50 WALLETポイントの獲得となるが、期間中は1,050 WALLETポイントの獲得となる。利用時には0.5%のWALLETポイントも獲得できるため、11%の還元率となる。

(ポイ探ニュース 2017/3/2)
------------------------------------------------------------------

最強クレジットカード紹介本

書籍で、「最強クレジットカード」を紹介しているのが発売になったとか。

以前よく、最強家電 とかが紹介されているムック本がありましたが、
そういう感じのものでしょうか。

こういった本は、その時の流行をとらえて、
長持ちはしないけれど鮮度の高さが求められます。

本だと、発売までに少し時期がずれるので、
ちょっと不利な感じもしないでもないですね。

でも仕組みを解説してもらったり、数多くをじっくり比較するには、
自分で情報を選定するのがたいへんなネット情報よりも、
こういった情報のほうがいい場合もありそうです。

特に利息の解説や、貯蓄との比較とかはシロウトには簡単にはできないので、
こういう本に助けてもらえると便利かも。

ちなみに、最強のクレジットカードとはポイント還元率が高いクレジットカードということのようです。

ポイント還元率が高いクレジットカードといえば、
定番的なのが楽天カードですね。
それと、Yahoo! JAPANカードもポイント還元率がせ高いですよね。

昨年、Apple Payがはじまって、
Apple Payへ登録できるクレジットカードであるかどうかも
重要視されるようになってきているようです。
 
---------------------------------------------------------------------
数あるクレジットカードの中から選ばれた、絶対的にお得な「最強クレジットカード」を紹介します。高還元率カードはもちろん、Tポイントをはじめとした無駄なく貯められるポイント系カードなど、絶対損しないお得なクレジットカード情報が掲載!

マイナス金利が導入され、今や銀行の普通金利は年率0.02%から0.001%と100万円預けても1年間でたった10円にしかなりません。それに比べてクレジットカードの還元率は最低でも0.5%、銀行の預金金利の500倍です。引き出し手数料の高い銀行の現金を使うか、クレジットカードのポイントを上手に貯めるかによって今後のお金の使い方に差ができるのは間違いないでしょう。

例えば、毎月の支払いを還元率1%のクレジットカードを使用したとします。
公共料金、ケータイ代、通信費、交通費、ショッピング代、飲食代など合わせて月に17万5千円とします。それが1年で210万円なので、還元率1%の場合は2万1千円分のポイントを獲得することができます!

(music.jpニュース 2017/1/17)
------------------------------------------------------------------

若者にポイントを得るメリットを伝える

クレジットカード払いにすると、
毎月けっこうな金額になる固定費でたまるポイントが、ばかにできないのです。

わたしもそれで、クレジットカード払い経由にしています。

若い人は、働いたことがなくてもちろんカード払いのことを深く考えず、
なんとなく誘われてカード契約、ということもあるでしょうが、
やはり、ショップ提携のカードの場合は、
自分がよく利用するお店のカードであり、
カード経由支払いでポイントがより有利にたまるものをしっかり選びたいですね。

わたしも先日それで、若い知り合いにクレジットカードをすすめました。

積極的に借金をするのではなく、
毎月の支払いを淡々と行っていくことでたまるポイントは、
知っておいたほうがよいと思います。

毎月支払う固定費をクレジットカード経由で支払うと、
1年間を通してみるとバカにならないくらいのポイントが貯まりますからね。

それと、イオンカードなどの流通系のクレジットカードは、
グループ店舗で割引日があるのもうれしいお得です。

この割引き日に買い物をすると、
ポイントが貯まる以上のお得を得られるので
個人的には流通系のクレジットカードは大のオススメです。

---------------------------------------------------------------------
 「スマホの料金が月7000~8000円なので、クレジット払いにすれば、ほぼ確実に翌年の年会費が無料になる。銀行系のカードは、持っていてステータス感があるのもいい」と加来さんは話す。仕事で必要なスーツやかばん、靴はすべてカードで購入。外食の支払いに使うことも多い。

 ポイント付与率は利用額1000円に対して4円と業界の平均並みだが、ほとんどの携帯電話やスマートフォンの料金の場合は2倍の8円に。たまったポイントは、自分で請求しなくても、年に1回、自動的に利用料金から差し引かれる。加来さんは「ポイントの使い忘れがない点も気に入った」と満足そうだ。カードを企画した堀隆一調査役は「初めてカードを持つお客さんを取り込むことで、将来、メインカードとして使ってもらうのが狙い。想定通りの顧客層に順調に拡大している」と話す。

(SankeiBiz 2016/8/23)
-----------------------------------------------------------------------

クロネコメンバーズのポイントについて

クロネコメンバーズ、わたしもなっている気がするのですが、
荷物が届く前とかの事前通知くらいしか存在感がありませんでした。

ということは、違うのでしょうか?

クロネコメンバーズ会員だと、
クロネコポイントというのをためることができるそうです。
同じ住所であれば、家族分を合算することも可能だとか。

そして、クロネコポイントはよくある他のポイントサービス同様に、
他商品との取り替えとかができるそうで、
賞品には旅行券の抽選などもあるそうですね。

ぜんぜんチェックしていなかったのですが、
もしかして発送をするよりは圧倒的に受け取る方が多いためかもしれません。

発送するのだとお金が発生するので、
そういう会員メリットも出てくるということかも。

---------------------------------------------------------------------
ヤマト運輸のクロネコメンバーズ会員に登録すれば、自分名義の荷物の発送や受け取りをすることで、5~20ポイントのクロネコポイントを獲得できる。また、同じ住所、同じ名字の家族であれば、家族間でクロネコポイントを合算して貯めることができる。なお、クロネコポイントの有効期限は、翌年の同月末までの1年間だ。

貯めたクロネコポイントは、様々な商品と交換できる。例えば、50ポイントでクロネコヤマトミニカー、250ポイントでゴルフカバー、500ポイントで立山の天然水などに交換可能だ。その他にも、ポイントを使って、ルンバや10万円分のJTB旅行券などの豪華賞品が当たる抽選に応募できるなど、ポイントで交換できる商品は充実している。

(ダイヤモンド・オンライン 2016/4/5)
-----------------------------------------------------------------------

りそなもポイントモール経由でお得に

クレジットカードの魅力はポイントがたまることや、
そのポイントをより効率的にためることができること、にあると思いますが、
それを効率的に行うのはやはり、提携カードのポイントサイト経由でお買い物することですよね。

セゾンもポイントモールがあって、そこを経由すれば、
さまざまなサイトでのお買い物がぐっとお得になります。

正確にはポイント還元されるので、あとから返ってくる感じになります。

今度は、りそなとの提携で、
カードのポイント、通販サイトのポイントに合わせて、
りそなクラブポイントも獲得できるようになったとか。
バラバラだった電子マネーサービスやポイントサービスが、
連携しあって便利になり、さらにお得度があがるのはうれしいですね。

クレジットカード会社はほぼ全てこういうポイントサイトを運営していて、
カード会員がそのサイト経由でネットショッピングをすると
お得にポイントがもらえるようになっています。

ですので、どうせならポイントを多く貰った方がお得ですので、
自分のクレジットカードのポイントサイトに買い物をするネットショップがないかチェックしてから
ネットショピングをするようにするといいです。

-----------------------------------------------------------------------

りそなホールディングスはクレディセゾンと提携し、セゾンが運営するサイトを通して買い物をすると、りそなのポイントがもらえる新サービスを11月から始める。ポイントは電子マネーなどに交換できる。りそなグループの銀行口座をクレジットカードやデビットカードの決済口座に指定する必要がある。カード会社との連携で顧客の増加を目指す。

 サイトの名称は「りそなクラブ.com(ドットコム)」。顧客はサイトを経由してネットショッピングをすると、カード会社や通販サイトのポイントに加え、りそなが発行する「りそなクラブポイント」も得られる。

 ポイントの還元率は通販サイトによって異なるが、利用額1000円ごとに5~150ポイントがもらえる。たまったポイントは基本的に1ポイントあたり1円に換算し、イオンや楽天など21社の電子マネーなどに交換できる。

(日本経済新聞 2015年8月15日)
-------------------------------------------------------------------------

楽天スーパーポイントは共通ポイントをして人気

PontaカードやTポイントなど、
共通ポイントカードサービスはいくつかあり、
みんなそれぞれ使っていると思うのですが、
その重視するポイントはさまざまですよね。

そんなにポイントを重視していない人は、
たまたま来店したタイミングでカードを作った、
というような人もいそうです。

でもネットを併用してポイントをためている人は、そうでもない気がします。

インターネットでの買い物は、ポイントをどのようにためるか、
考えながら買い物をすることができるし、
「ポイントをためる」ことを主眼にしたキャンペーンなどが、
頻繁に展開されていたりするからです。

楽天スーパーポイントはそういうタイプの人には魅力的です。

近年、楽天Edyをコンビニなどで手軽に利用できるようになってからは、
わたしの場合は、楽天ポイントが効率よくたまるときをねらって、
ガソリンスタンドへいったりもしています。

統計的にも楽天スーパーポイントが人気のあるという結果が出ているアンケートがあるそうで、
それも納得です。

-----------------------------------------------------------------------
共通ポイントを選ぶ際、最も重視することとして、「使える店舗やサービスの多さ」と回答した人が38.4%と最多となり、「ポイントの還元率の高さ」(28.3%)、「ボーナスポイントなどのキャンペーンの多さ」(11.3%)と続いた。

 ポイント利用者のうち、「ポイント提携しているかによって来店が左右される」人は46.9%だった。また、「ポイントが貯まる商品かで購入が左右される」人は46.5%、「商品購入時にポイント加算額を計算する」人は42.6%だった。この集計は、いずれも「あてはまる」「ややあてはまる」の合計となる。

 Tポイント、楽天スーパーポイント、Pontaポイントのうち、最も利用者が多かったのは78.6%の「Tポイント」。次いで、74%の「楽天スーパーポイント」、71%の「Pontaポイント」だった。

(CNET Japan- 2015年6月28日)
-------------------------------------------------------------------------

記事検索
RSS
  • ライブドアブログ