クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

デビットカード

東京オリンピックに向けた決済整備

東京オリンピック開催へ向けて、
クレジットカードなどの現金以外の決済について、
かなり整備が進んできているとか。

デビットカードは日本より海外のほうが進んでいるというのもあって、
そちらも急ピッチで整備されているようですね。

そもそもは、クレジットカードを持たない人でも可能な決済ということで、
カード払いに抵抗のある人が歓迎していた感じがあります。

でもほんとは、確かに利息のかかる借金であるカード払いと違って、
口座残高に従ってお買い物できるので、安心なんですよね。

それと、今では、VISAやJCB、MasterCardのブランドが付いた
プリペイドカードも盛んに発行されるようになりましたから
デビットカードに加えてプリペイドカードも選択肢に加えていいのではないかと思います。

auウォレットやソフトバンクカードがプリペイドカードとして広がっていますし、
おさいふポンタもプリペイドカードとして使い勝手がいいのではないかと思います。

プリペイドカードもデビットカード同様に
作るにあたって審査がないですし。

---------------------------------------------------------------------

2020年の東京オリンピック開催に向けて、訪日外国人がどこでもクレジットカードが使える環境作りが求められている。

「時代はキャッシュレスに向かっています。そのために若くてクレカを作れない高校生、クレカを持ちたくない人などに向けて、デビットカードが多く登場。最近ではクレカと同じようにポイントが付くデビットカードもあり、垣根が低くなりつつあります」と話すのは、「クレジットカードDB」編集長の大澤日出男さん。

(エキサイトニュース 2017/3/31)
------------------------------------------------------------------

世界的なカードブランド状況

世界的な決済の動向調査があって、
それによると、Visaカードが、世界全体の取引件数で半分以上をしめているとか。

中でも、VISAブランドのデビットカードは取引シェアが高く、
次がクレジットカードだそうです。

日本だと、クレジットカードのほうがデビットカードより利用されているように思うのですが、
このへんは文化の違いといえそうです。

ヨーロッパではクレジットカードより
デビットカードの利用の方が多いと聞いたことがありますから、
世界的にみるとデビットカードの利用の方が多いのかも。

最近は、日本でもデビットカードの認知度もあがってきて
、状況にはまた変化があるのでしょうか。

この件数調査では電子マネーが含まれていないようですが、
電子マネーの利用率は日本でもかなり上がっていると思われ、
これからも、VISA仕様の電子マネーなどは、
さらに利用者を増やしていきそうです。

やっぱり、世界的にはVISAが強いのですね。
国際ブランドカードを削ろうか考えるときには、
いちおう参考にしようかなと思います。


---------------------------------------------------------------------
世界的に有名な決済関連レポート「The Nilson Report(ザ・ニルソン・レポート)」によると、Visa、銀聯(ユニオンペイ)、MasterCard、JCB、ダイナースクラブ/ディスカバー、American Expressの国際ペイメントブランドの2015年における加盟店での取引件数は2,270億8,000万件となり、2014年に比べて16.1%増加した。購入取引件数には、すべての商用および消費者向けクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードが含まれる。

Visa Inc.とVisa Europeを含むVisaカードが世界全体の総購入取引件数の55.52%を占めたという。総購入取引件数に占める割合が最も大きかったのは引き続きVisaブランドのデビットカードで、シェアは35.50%だった。続いてVisaのクレジットカードが20.02%、MasterCardのクレジットカードが13.14%、MasterCardのデビットカードが13.13%、ユニオンペイのクレジットカードが6.79%、ユニオンペイのデビットカードが6.00%、American Expressのカードが3.21%だった。

(ペイメントナビ(payment navi) 2016/5/12)
----------------------------------------------------------------------- 

デビットカード普及がようやく進む

デビットカードの普及に、日本でもようやく弾みがついてきたそうですが、
あまり普及が進んでいないのはやっぱり、金融機関も本腰をいれていなかったからなのかも。

前は、入っているお金を普通におろして使われるのがいちばんで、
それ以外の決済にかかわることはクレジットカード任せ・・といった感じがあったように思いますから。

でも最近は、決済方法が多様化し、
電子マネーなどの普及もしてきたため、
金融機関もこれまであったデビットカードを再度浮上させるのがいちばん、
と思っているのではないでしょうか。

それと、VISAとJCBがデビットカードを発行開始したのも影響してもいるのでしょうね。

ますます多様化する決済方法、
自分にあったのを選ぶための選択肢が増えていいのですが、
ありすぎても困ってしまう気もしますね。
 
-----------------------------------------------------------------------
買い物をすると預金口座から代金が即座に引き落とされる「デビットカード」の普及に弾みがついてきた。

   欧米で普及しているのに対し、日本では認知度がなかなか上がらなかったが、金融機関の取り組みが本格化し、利用が拡大しているという。

デビットカードはカード払いの文化が根づいている海外ではクレジットカードに並ぶ存在で、調査会社の推計では、世界の年間利用額は7兆4600億ドル(2013年)に達し、クレジットカードの7兆9700億ドルと遜色はない。ところが、日本では約1100の金融機関が4億枚以上発行しているものの、年間利用額は4600億円(2014年)にとどまり、利用額が40兆円にのぼるクレジットカードの1%余り。世界に比べて日本の出遅れが際立つ。

(J-CASTニュース- 2015年4月23日)
---------------------------------------------------------------------------
記事検索
  • ライブドアブログ