クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

クレジットカード

法人税をクレジットカードで納める

法人といっても、
個人事業者から法人になった方などは、
個人とは比較にならない税金の種類や金額に、
ほんろうされている人もいるのでは。

わたしは個人事業をやっていたことがありましたが、
青色申告で確定申告をするとき、
たいした納税をするわけでもないのに、
なかなか面倒でした。

そのときよりも今は、
納税の方法がかなり多くなって、
利便性があがっているのを感じます。

法人税はカードで納税するのも一般的になってきたのでしょうか?

法人カードで納税すると、
いろいろなメリットがあるようなのですが、
時間にしばられずいつでも納税できるのがいいですね。

日中のいい時間になかなか納税できず、
先延ばしにしていてもいいことはありません。

夜間や休日にしか時間が確保できなくても、
カードで時間に限らず納税できるのは本当にメリットだと思います。

そういった感じで、ルーズになりがちな納税をきちんと行うのは、
義務でもあるし、できるだけ楽に行いたいものです。

-----------------------------------------------------

法人カードで納税するメリットは?

24時間いつでも税金を納付できる
法人カードを利用することで、24時間いつでも税金を納めることができます。
夜間や休日にしか時間を確保できない場合でも、慌てずにスムーズな納税が可能となるでしょう。
24時間全てが納付のタイミングとなれば、計画的な納税スケジュールを設定しやすくなります。
それは納付忘れなどのリスクを低減させることができるので、会社経営や個人事業においてはメリットが大きくなるでしょう。

(BITDAYS 2019/11/29)
-----------------------------------------------------

家電を買って得するカード

家電を買うときに利用するクレジットカードは、
なんといってもそのお店のカードですね。

お店独自のカードを利用すると、
付随するサービスが同時にもらえたりして、
ちょっと得をすることも多いです。

カードを持っている人だけのサービスポイントなどもあったりします。

「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカード」は
ショップ独自のカードで家電製品を買うときは、
ヤマダ電機のANAマイレージというのが貯まり、
そのカードだと、ヤマダの独自ポイントが確実にたまるし、
ずっとポイントを貯めていける永久不滅ポイントもちょっとずつですが貯まります。

現金決済で値引きがいい人もいるとは思いますが、
ポイントとかも考えれば
カードで決済したほうが絶対いいと思います。

-----------------------------------------------------

ヤマダ電機の利用時におすすめなのが、「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカード」です。
購入時にはヤマダポイントが最大10%、永久不滅ポイントが0.5%貯まるので、最大で10.5%のポイント還元が実施されます。
貯まったポイントはANAマイル、Edyなどに変換できるため、生活環境に合わせてポイントの利用先を選べるのがメリット。
有効期限のない永久不滅ポイントが貯まっていくので、好きなタイミングで交換できるのが魅力です。

(BITDAYS 2019/11/22)
-----------------------------------------------------

適度なクレジットカードの利用枚数

クレジットカードを何枚まで持つのが現実的か・・・

ショップなどでお得になりますよと言われて、
ついカードをつくるというパターンは確かにあります。

でも最近減ってきたかも。

なぜなら、やはり枚数を多く持ちすぎても
管理ができないので、
自分で気を付けるようになったからです。

わたしの場合はぜんぶで4枚です。

ビューカードと、楽天カードと、
リクルートカードと、ジャックスカード。

それぞれのブランドを変えて、
3つのブランドをカバーできるようにしています。

そうしておくと、カードが使えないという事態を防ぐことができます。

そして楽天カードは、楽天を中心としたネットショップで利用します。

楽天カードは、
実店舗での買い物でのポイントが小さいからなのですが、
たまに、楽天ポイントがつく実店舗があって
そういうところは、キャンペーンで、
今ならちゃんと数倍つくようになっていたりもするので、
たまにWebサイトをのぞくのは、
利用者のお得という意味でもおすすめですね。

Web明細をみるだけではなく、
ポイントチェックにも便利です。

-----------------------------------------------------

「お気に入りの店舗でお得になるし、よく利用するカードだから手放したくない」などと大事に思えるカードに絞れば、WEB明細も自然と確認しようと思うもの。WEB明細を定期的に確認できれば、無駄な出費に気づくことにもつながり、貯めたポイントを有効活用できて、その分お金が貯まるようになります。

(マイナビニュース 2019/11/08)
-----------------------------------------------------

エポスカードの魅力と作り方

私はクレジットカードを5枚ほど持っていますが、
エポスカードは持っていません。

エポスカードは竹野内豊のCMでも知っていましたが、
エポスカードってすごくお得度が高いクレジットカードでもあるんですよね。

エポスカードはマルイのクレジットカード子会社が発行しているので
マルイでの買い物時にお得なのはもちろんですが、
マルイ以外にも全国で5000店の優待店があって
カードの提示などで割引がされるし、
海外旅行保険も付いているしで、
年会費無料クレジットカードなのにカードスペックが高いんです。

それと、エポスカードはマルイが近くにある人なら、
申し込んだ当日中にクレジットカードの発行をしてもらえるので、
急ぎでクレジットカードを作りたいという人にも人気らしいです。

そういうエポスカードの魅力や作り方について紹介されているのが
「エポスカードの作り方(申し込み方法)」というサイトさんです。

ちなみに、エポスカードの割引き優待店には、
ビッグエコーやシダックス、ロイヤルホストなどがあるので、
これらのお店を利用する方はけっこう節約に役立つカードにもなります。

それと、近くにマルイ店舗がある人なら、
ネットから申し込み後に、審査に通ったら
その日のうちに、店舗にあるカードカウンターで
エポスカードを受け取ることができます。
(即日発行できるということです)

Visa LINEPayクレジットカードが発行

LINE Payは、「Visa LINE Payカード」の
先行案内を開始したようです。

10月下旬以降申し込みを開始し、
2020年1月カードを発送する予定だそうです。

LINEのお金関係のサービスは、
どんどん充実している感じがします。

わたしは先日アナウンスされていた、
LINEでの投資をしてみました。

投資信託は以前やったことがありましたが、
どうしても敷居が高く、
あまり自覚的に取り組めていない感じがしていたので、
一度やめてしまったのです。

ですが、LINEでの投資信託は、
毎週決まった少額を継続して積み立てていくことができ、
いろんな面で抵抗が少ないし、
増えた額・何に投資したのかの内容など、
とても見やすくて、気に入っています。

今度は、VisaでのLINEPayカードが発行されるのだそうですね。

LINEはLINEボーナスで、
3%が還元されたりと、
いろいろとよいことがありそうです。

利用者の層の厚さが自慢なくらいだと思うので、
これから消費税があがる局面で、こ
のカードは優位に働きそうですね。

-----------------------------------------------------

「Visa LINE Payクレジットカード」は、全世界200以上の国と地域で使える、LINE Payの特典が受けられるクレジットカード。初年度の年会費は0円。2年目以降も1回以上のカードショッピング利用で無料とする。年間1回以上の利用がない場合は1,250円(税別)の年会費がかかる。

LINE Payアカウントに登録すると、サービス提供開始から1年間「Visa LINE Payクレジットカード」でのお支払い金額の3%がLINE Payボーナスで還元される(一部支払いは対象外)。

(ITmedia 2019年9月1日)
------------------------------------------------------

自分にあったカードをつくる

自分の利用するクレジットカードを
選んで契約しようと考えているとき、
自分がもっとも使い勝手の良いカードを選びますね。

たまたまショップの買い物をして、
そのときに契約するパターンもあって、
それだと確実に自分が利用するお店のカードがつくれますね。

それ以外の方法でカードをつくりたい場合は、
自分がつくったら使うサービスで使ったらいいと思います。

わたしは、ネットでクレジットカードや、
スマホアプリでの電子マネーを利用することが多いため、
銀行ATMをあまり使わず、
なので、キャッシュカードとクレジットカードが一緒のものとか、
デビットカードは、つくる機会がないままこれまで来ました。

でも、デビットカードは利用がカンタンで、
いってみれば残高の今、
今月分のチャージのいらない電子マネーのような感覚で使えそうなので、
今度使ってみようかなと思います。


-----------------------------------------------------

銀行系カードは、銀行が発行。キャッシュカードとクレジット機能が一体化されているなど、銀行ならではのサービスが特徴です。利用額や利用頻度、取引している商品などに応じて振込手数料やATM手数料が優遇される場合もあります。

石油系カードは、石油会社が発行。ガソリン代が値引きになるのが石油系カードの特徴。自動車をよく利用する人には、うれしいサービスです。他にもロードサービスでの特典も充実しています。

(ニコニコニュース 2019年8月30日)
------------------------------------------------------

LINE Pay VISA クレジットカード

LINEがクレジットカードをはじめたころ、
コミュニケーションツールのLINEが、
なぜクレジットカードを出すのか、
自分とこの商品(スタンプとか)買いやすくするため?
だとしたら、だいぶ大げさな投資になりそうなのに・・
とか思っていたものでした。

しかし今や、
コミュニケーションツールの枠を超えて、
投資信託までできるような、
インフラ+サービスみたいな状態に変わってきています。

すごいですね。LINE。

キャッシュレスに向かう流れに、
先見の明あってどんどん
先取でサービスを進めてきている気がします。

そんなLINEの「LINE Pay Visaクレジットカード」は、
1回でもショッピングに利用していれば
年会費無料になるクレジットカード。

カードリーダーに載せるだけで
タッチ決済できるタイプだそうで、
クレジットカードと複合的に使っていくことができて、
Visaとの提携であれば利用範囲も広いですし、
つくっておくのがよいカードになりそうですね。

-----------------------------------------------------

「LINE Pay Visaクレジットカード」は、初年度の年会費が無料で、2年目以降は年会費1250円(税抜)だが、前年に1回でもショッピング利用していれば年会費無料になる、“実質”年会費無料のVisaブランドのクレジットカードだ。

 Visaのタッチ決済も搭載されるので、ローソンやマクドナルドなどでは、カードリーダーに載せるだけで決済できる。

(ダイヤモンド・オンライン 2019年8月24日)
------------------------------------------------------

クレジットカード作り方ナビ

クレジットカードは既に持っている方にとっては、
申し込み方法などはさほど難しいものではないと分かっていますが、
はじめて作る人にとっては分からない点などもあるようです。

そういう方々向けに、
クレジットカードの作り方を分かりやすく解説するとともに、
お得なおすすめクレジットカードをご紹介しているのが、
こちらの「クレジットカード作り方ナビ 作成ガイドとおすすめクレカ」さんです。

学生向けのクレジットカードや、
急ぎでクレジットカードを作りたい方のための即日発行クレジットカードなどもご紹介されています。

今、人気のクレジットカードといえば、
ポイント還元率が高かったり、
スーパーやデパートで割引があるものですよね。

ポイント高還元クレジットカードといえは楽天カードが人気ですし、
スーパーで割引があるといえばイオンカードやセブンカードが人気ですよね。

私も、そういうクレジットカードは持っています。

あとは、TポイントやPontaポイントが貯まりやすいクレジットカードも人気ですよね。

そういうクレジットカードのご紹介も
特長をコンパクトにまとめてご紹介されているサイトさんです。

記事検索
RSS
  • ライブドアブログ