クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

カードローン

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングも、カードローンも、
お金を借りるという意味からすれば同じ感じで、
どちらも利息が高い、というだけのイメージでした。

キャッシングは、
分割払いやリボ払いなどで
通常活用しているクレジットカードで行う借金のことのようです。

返済方法はいろいろですが、
キャッシング枠というのがクレジットカードについていて、
その枠内でお金をいつでも借りられるかたちになっていますね。

カードローンは、
銀行やノンバンクで発行される専用ローンカード。

これは、ショッピング枠がなく、借入専用です。

わたしとしては、カードローンのほうが利息が低い認識でした。
自分が持っているものがそうなので・・

利息が低いのは、
同じ銀行から住宅ローンや車のローンを借りているので、
利息の低減が行われているからかも。

キャッシングの方が本当は利息が安いのですね。

イメージだけでなくちゃんと調べて借りるのがよいようです。

-----------------------------------------------------
では、キャッシングと「カードローン」との違いは何でしょうか。

カードローンとは、銀行やノンバンクで発行される専用ローンカードで、現金を引き出すこと。最近テレビCMでよく見かけるのがこちらです。カードローンにはショッピング機能が付いてなく、あくまで現金借り入れ専用カードとなっています。カード会社の審査結果に応じた限度額の範囲で借り入れができます。借入限度額はキャッシングよりも高めに設定されています。

(ニフティニュースー- 2018年9月28日)
------------------------------------------------------------------

銀行系と信販系のカードローンの違い

できれば使わないで済ませたいカードローンですが、
それぞれのカードの形態によって、使いやすいものそうでないもの、
優遇されるものそうでないもの、
と、いろいろな違いが生じてくるそうですね。

銀行系カードローンは、
銀行系ですからなんとなく安心感があります。
たとえば、みずほ銀行のカードローンなどは、
いつもつかっているみずほのと思えば、
なんとなく安全性が高そうな気がしますね。

そのイメージ通り、
公共料金の引き落としなどで系列銀行を使っていれば、
金利が安くなるサービスがあったりと、
銀行系には付帯サービスがついていることが多いのだそうで、
少し審査がきびしくてもいちど通せば、いざというときには味方になってくれるカードがありそうです。

逆に信販系は審査はゆるくても、一度利用すると、
金利が高いままだったり優遇もないので、
よく考えてからの利用が必須のようですね。

-----------------------------------------------------------------------
銀行系カードローン
【メリット】
 銀行系カードローンを利用するメリットは、「安全性が高い」「金利が低い」「限度額がない」ことの3つ。また、給与の振込や公共料金の引き落としなどで同じ銀行を利用している場合、提示されている金利よりさらに低くなるといった優遇を受けることができる場合もある。

【デメリット】
 デメリットは、「審査基準が厳しい」「審査期間が比較的長い」などが言える。審査に時間がかかるため、審査期間もその分長くなってしまう。ほかのカードローン会社に比べると、どうしても銀行系の審査は時間を要してしまう。

(BIGLOBEニュース 2015年9月4日)
--------------------------------------------------------------------
記事検索
  • ライブドアブログ