クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

ふるさと納税

楽天でふるさと納税が手軽にできるサービス

ふるさと納税をすると、
その地元の特産品がもらえるなど、いろいろと特典が話題になっていますが、
楽天では「楽天ふるさと納税」という、
ふるさと納税の寄付をお買い物感覚で手軽にできるサービスをはじめたそうです。
しかも、楽天スーパーポイントがもらえるとのこと。

これはほんとにお買い物感覚ですね。

ちゃんとポイントがもらえるとは、
どういう仕組みで、これで利益をあげるのかがなんだか不思議ですが、
手軽なので、やる人は増えそうな予感がします。

そういえば、確か、Yahooにも同じようなサービスがあったような。

-----------------------------------------------------------------------
「楽天市場」のサービスを活用したふるさと納税専用サイト「楽天ふるさと納税」を、7月31日に楽天が開設しました。楽天市場での買い物と同じ流れでふるさと納税の寄付ができるというもの。寄附金に応じて楽天スーパーポイントがもらえ、ポイントが電子マネーへの交換などほかのサービスに使えます。

(ねとらぼ 2015年7月30日)
------------------------------------------------------------------------- 

クレジットカードでふるさと納税に永久不滅ポイント

ふるさと納税については、
少し前、御礼の商品について、華美になりすぎていないかなど問題になっていましたよね。

確か、指導が入ったりしてもいました。

問題というか話題になるということは、
それだけふるさと納税行っている方も多いはず。
現金振り込みとかよりは、だんぜんクレジットカードでやりたいですよね。

クレディセゾンでふるさと納税、
ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で、ふるさと納税を申し込んで、
Yahoo!公金支払いとなるそうですが、
この手続きで抽選で永久不滅ポイントのプレゼントがあるとか。

ふるさと納税で自分が応援したい自治体を応援して、
かつちょっと御礼やポイントプレゼントがあるのは、なんだかうれしいことです。

わたしはやろうと思ったことはないですが、
資産的に余力があったら、とっても有意義な使い道ですよね。

-----------------------------------------------------------------------
 株式会社クレディセゾンは、2015年5月17日(日)~9月30日(水)まで、セゾンカード・UCカード会員様向けに、ふるさと納税クレジットカードご利用キャンペーンを開催いたします。

期間中、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」にて「ふるさと納税」をお申し込みいただき、「Yahoo!公金支払い」にてセゾンカード・UCカードをご利用いただいた会員様の中から、抽選で200名様に永久不滅ポイント500ポイントをプレゼントいたします。

(PR TIMES (プレスリリース)- 2015年5月3日)
-------------------------------------------------------------------------

ふるさと納税とエフレジ公金支払い

ふるさと納税など、公金の支払い方法には何通りかがあって、

そのうち、エフレジ公金支払いは、
オンライン決済で、税金やふるさと納税をできるサービスだそうです。
クレジットカード・コンビニ・ネットバンク経由で収納できるそうで、
町にとっても利用者にとっても便利になるサービスですね。

そしてふるさと納税してくれた人には、特産品というサービスもあって、
人によってはそこがうれしい場合もありますよね。

というか、節税目的プラスこの特産品をもらえるってことで、
ふるさと納税をする人が急激に増えているようですものね。

テレビや雑誌でふるさと納税の節税面と特産品の特集などが組まれ、
それでふるさと納税が俄然注目されるようになりましたからね。

-------------------------------------------

「 F-REGI(エフレジ)公金支払い」は、税金やふるさと納税をオンライン決済で納付できるサービス。全国60以上の地方自治体で採用されている。

 境町はこれまで、窓口や口座振替による寄附を受け付けていたが、利用者の利便性向上のため、クレジットカードをはじめ、コンビニエンスストア、インターネットバンキングを利用した銀行決済のPay-easy (ペイジー)による収納方法を追加した。

 境町のふるさと納税では、1万円以上の寄付金で特産品がもらえる。老舗茶園のスイーツセットやチーズケーキ、煎餅など。カタログはこちら。

(ECzine(イーシージン) 2014年10月27日)
-------------------------------------------------------------

クレジットカードによるふるさと納税促進中

希望の自治体に納税できる、ふるさと納税。
生まれ故郷に納税するだけでなく、
応援したい自治体とかでもいいのですね。

これまでなかなかの実績をあげているようで、
移住・定住を促進するような動きと連動するような仕掛けを考えている自治体もあるのだとか。

クレジットカードを使った納税が利用できるようになって、
その促進の原動力になったのは確かです。

振込でなくクレジットカード納税の方が、
インターネットを使った利用促進への親和度は高いですから。

クレジットカード利用で、
ポイントを使って自治体の特産品が買えるようになるとか、
その地域ならではの企画とかもあったら楽しそうです。

-------------------------------
【那須塩原】市はふるさと納税の「市ふるさと寄付金」制度を見直し、クレジットカード払いや特典として市の特産品を送る方針を固めた。9月定例市議会に業務委託費を盛り込んだ補正予算案を提出する。

 ふるさと納税は、生まれ故郷など希望の自治体に寄付をすると税金が軽減される制度で、2008年度にスタートした。市への件数は13年度までの6年間で計75件、金額で約931万円に上る。

 具体的には業者に業務委託し、インターネットで専用サイトを開設。クレジットカード納税や特産品送付のほか、問い合わせのコールセンターも設置してもらう考え。

(下野新聞- 2014年8月16日)
--------------------------------

ふるさと納税で各地の特産品ゲット

ふるさと納税を取り入れる都市が、徐々に増えていますが、

中津市では、ネット上での申請受付と1万円以上の寄付者に特産品を贈る制度をはじめたそうです。

全国から申し出があるといい、
特産品も美味しい食品など人気が高いとか。
その地域だけではないんですよ。これはねらい目ですよね。

モノにつられるのは人の性ですから、
これをきっかけに納税というのは、お互いに喜ばしく大歓迎というところでしょうか。

ほかの市でもいろいろ試みられていて、
コンビニ支払いやネットバンク、クレジットカード決済など、
支払いやすいよう決済方法に力を注いでいるようです。

ふるさと納税ですから、それぞれの地への思い入れも問いたいところ。
特産品を喜んでもらってくれるなら、それもよしかもですね。

-------------------------------
中津市は昨年度、インターネット上での申請受け付けと1万円以上の寄付者に特産品を贈る制度を始め、利用が急増した。1万円の寄付がほとんどだが、件数は12年度の100倍以上、金額は5・7倍にアップ。「全国から申し込みが来ており、かなりの手応えを感じている。特産品は肉関係など食品の人気が高い」と担当者。
 本年度はこうした動きがさらに広がっており、大分市や日田市など9市町が新たに特典を設けたり品目を増やした。杵築市は納付が簡単にできるよう、ネットバンキングやクレジットカード決済、コンビニ支払いも設けた。
 特典は、多くの自治体が金額に応じて特産品を選べるカタログ方式を採用している。食品や工芸品の他にも、豊後高田市は新春の伝統行事ホーランエンヤの乗船体験や特産のそば打ち体験、宇佐市は宇佐神宮敷地内での記念植樹といったユニークなものもある。

(大分合同新聞- 2014年7月31日)
--------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ