クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

スマホ決済

スマホ決済の安全性に問題?

LINE Pay、PayPayと、
スマホ決済が次々登場している感じで、
7Payについても、
かなり話題になっているし、
いつもセブンを使っている身としては、
さっそく入れてみようと思っていた矢先に、
不正ログインの被害が相次いでいるというニュースが飛び込んできました。

クレジットカード、デビットカードからチャージできるのは、
こういった電子マネーの
お手軽な使い方の基本だと思うのです。

ただ、LINE Payについては確か、
カードからのチャージはできないですよね。

もしかして、不正使用のリスクを軽減するために、
チャージできなくしているのでしょうか?

不便だなと思っていましたが、
リスクを軽減するためであれば、
実際の被害を聞いてしまうと、
仕方が無いのかもという気がしてきますね。

勝手に使われていることがわかって、
それで初めて気が付くのは恐ろしいので、
便利なのばかり追求してもダメなのかもしれないと考えさせられました。

-----------------------------------------------------

 モバイル決済サービス「7pay」で不正ログインの被害が相次いでいる問題で、セブン&アイ・ホールディングスは7月3日午後、クレジットカードとデビットカードによる7payへの電子マネーのチャージを一時停止した。再開時期は未定。

(ITmedia-ー- 2019年7月3日)
------------------------------------------------------------------

Yahoo!カードとPayPay

PayPay、LINEPayなどと、
スマホのコード決済ですが、
今のところ、わたしはうまく使えていません。

他の電子マネーはそれなりに使っているのですが、
チャージが銀行口座ひも付きで、「
チャージ」という動作をしなくてはならないのも面倒ですし、
かといってオートチャージを計画的に使う自信がないというか、
オートチャージ額はクレジットカードの履歴を見ればわかるようにしておきたいこともあって、
口座からのチャージをさせる気にならないのです。

しかしPayPayは、Yahoo!カードからのチャージができるそうですね。

それは知りませんでした。

Yahoo!からの告知があって
PayPayを使いはじめたときがあったのですが、
それっきり使わなくなっていたのです。

Yahoo!カードとPayPayを紐づけて使えるのなら
私も、もう一度PayPayを使うことを考えてもいいかも。

-----------------------------------------------------

『PayPay』は基本的に銀行口座からのチャージにしか対応していませんが、唯一、「Yahoo!カード」からのみチャージすることが可能です。
「Yahoo!カード」は『Yahoo! JAPAN』のサービスがお得に使えるクレジットカードです。
ようするに『Yahoo! JAPAN』によるクレジットカードと思えばokです。

だから、このクレジットカードのみ『PayPay』へのチャージに利用できます。

(AppBank-ー- 2019年6月3日)
------------------------------------------------------------------

楽天Payと楽天ポイントカード統合

楽天Pay、楽天ポイントカードのアプリ、
わたしも利用しています。

楽天Edyは、以前は使っていたのですが、
アプリが主流になってきたのに
iPhoneではアプリが利用できないので、
使わなくなってしまいました。

そして、楽天Payだと結局クレジットカード払いになるので、
もっと電子マネーらしいものがいいと思って、
今は楽天のものは使っていません。

にしても消すほどいらないわけではないので、
楽天と名前のついた似たようなアプリが
何種類もあるのはなんだかうるさい・・と思っていたので、

今回、統合されることになったようなのですが、
それは望ましいことだと思います。

無駄にアプリの数が増えても、
メモリも食うし、あんまりいいことないですからね。

-----------------------------------------------------

2019年3月18日、楽天が行った決算説明会にて楽天ペイ・楽天Edy・楽天ポイントカードが1つのアプリに統合されることが発表された。

楽天ペイは無料のスマホ決済アプリで、店舗にコードをスキャンしてもらうなどで支払うことのできるコード決済サービスだ。

楽天Edyは電子マネーで、残高をチャージをして決済に使うことことが可能だ。

(大人のクレジットカードー- 2019年2月15日)
------------------------------------------------------------------ 

PayPayの残高指定時挙動

PayPayはたいへん便利なものとして、
テレビCMで今も積極的に広告されています。

ですが、支払い金額の上限ができたり、
残高不足の時の対応が変わったりしているとか。

自動的にクレジットカードから
チャージされる電子マネーはたくさんありますし、
別に、自動的にカードから引かれることにしてもよいと思うのですが、
やはり、不正利用防止などの観点でしょうか。

支払い方法でPayPay残高を指定している場合、
チャージするか他の支払いを選択するかを
確認されるようになったそうです。

なんでも流れるように処理してほしいひとには
ワンステップのめんどくささですが、
事件など防止するためなら仕方ないと思います。

-----------------------------------------------------

PayPayは、支払い方法でPayPay残高を選択している際の、残高不足時の挙動を変更。PayPay残高にチャージをするか、他の支払い方法を選択するかを選ぶ、エラー画面が表示されるようになった。

変更は、1月28日にリリースしたバージョン1.8.0以降で対応。バージョン1.8.0以前では、PayPay残高が不足していた場合、Yahoo!マネー、メインのクレジットカードの順番で決済金額の全額が自動で支払われていた。

(Yahoo!ニュースー- 2019年1月31日)
------------------------------------------------------------------ 

PayPayキャンペーンの結末

PayPayでのお年玉キャンペーンでは、
ほんとうに多くの人がこれを利用し、
あっというまにキャンペーンが終わってしまう
という経緯がありましたね。

まだわたしは使っていないし、
身近でそういう話題になったことはないですが・・

しかし多くの人がこのキャンペーンをつかって
特典を得ようと努力していたのは確かです。

ただ、キャンペーンで得たはずのポイントなどを、
誰もが問題なく得られているわけではなく、
一部には、利用規約に反してしまい、
得られていなかった人もいるとか。

いちばん問題なのは、
キャンペーンのための文言を
まとめて確認していないということですよね。

他人のクレジットカードを使っては無効になることになっているのに、
お得を得るために例えば家族のカードを使うとか、
それでも当然ダメなわけです。

このへんは不可として受け取りできなかった人も、
文句はいえないと思います。

-----------------------------------------------------

PayPayの付与取消となったユーザーの取消理由として多くの割合を占めていると考えられるのが、「本人名義でないカードでの支払い(単一アカウントで複数名義のカードを利用する)」だ。

特に、未成年やクレジットカードを所持していない人々が、親のクレジットカードを登録したことで付与取り消しとなっていることが多いようだ。

(大人のクレジットカードー- 2019年1月11日)
------------------------------------------------------------------

ビッグエコーでPayPay対応

PayPayの話題、ほんとに多いですね。

その割には、まわりで利用している人には
まだ会っていなかったりしますが。

たぶん、私は地方都市に住んでいるので、
首都圏とか大都市ほどにはPayPayを使う人は少ないのかも。

年末になってきましたが、
カラオケビッグエコーで、
27日からPayPayでの決済がはじまるそうです。

忘年会その他で利用が決まっている人とか、
利用するときに話題のPayPay使ってみる機会になるのかも。

100億円あげちゃうキャンペーンは、
本当はこの年末にもかかる予定だったのですよね。
思惑がはずれた誰かが残念ですね。

それにしても、政府も押す形でのキャッシュレス化が、
スマホ決済サービスを広げることになるのでしょうかね。

私は、イマイチ、スマホ決済を使う気になれないでいます。

電子マネーを既に使っているし。

-----------------------------------------------------

26日、株式会社第一興商はカラオケルームのビッグエコー主要40店舗にて、27日からコード決済サービス「PayPay」の対応を発表した。

ビッグエコーの国内店舗数は2018年12月時点にて539店舗あり、今回対応するのは首都圏・近畿・札幌の主要店舗となる。

(@DIMEー- 2018年12月20日)
------------------------------------------------------------------
記事検索
  • ライブドアブログ