三井住友フィナンシャルグループが、
さくらカードとセディナのクレジットカード事業を統合するそうです。

さくらカードとは、三井住友銀行系で使えるキャッシュカード一体型クレジットカードなのですね。
そして、セディナカードは、流通系のカード。

さくらカードのJCBカードにかわって
セディナからキャッシュカード一体型のクレジットカードが発行されるそうです。

使っている人にとっては使い勝手がそんなに変わらなければ別にいいというか、
あんまり問題ではないのですが、
カードの切り替えってちょっと手間がかかるのでそこが面倒です。

前に、イトーヨーカドー関係のカードががらっと変わったとき、
店頭での差し替えにわりと手間がかかっていましたから、これもそういうことが必要になりそう。
顧客がより便利になる、という説明がたくさんほしいですね。

-------------------------------
三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMFG)は2日、さくらカードとセディナのクレジットカード事業を統合し、平成28年4月をめどに両社の合併を実施するとを発表した。

 さくらカードはこれまで三井住友銀行と協働し、キャッシュカード一体型クレジットカードを中心としたJCBブランドのクレジットカードを同行の顧客に対して提供しており、2013年度末時点での会員数は54万名。セディナは流通系クレジットカードとして発展し、2013年度末時点でのカード会員数は1,841万名にのぼる。

 さくらカードが提供してきたJCBブランドのキャッシュカード一体型クレジットカードに代わり、セディナから平成26年7月14日よりキャッシュカード一体型のクレジットカード「SMBC JCB CARD」を発行する予定。

(ソフトバンク ビジネス+IT- 2014年6月2日)
--------------------------------