預金金利が0.001というと、
数字の小ささはもちろんわかりますが、
どのくらいかというと・・

10万円を1年預けて1円、
ということなのですね。

増えるということを目的にしていない場合、
それもいいような気はするのですが、
「口座維持手数料」がふつうの貯金にもかかってくるかもしれない、
というのは、ちょっと困ります。

それを考えると、
少しずつでもポイントを得ていきましょう、
という考え方は、以前よりも堅実な気がしてきました。

前であれば、
そんなせこせこ1ポイントプラスになるとかを気にするなんて・・
というところはありましたが、
今は、その1ポイントをちょっとずつ貯めて、
戻ってこない部分を回収するような感じでいないとダメですね。

現金で支払うだけではなにも返ってこないので、
やはりできるだけポイントの得られる決済方法を
とっていくのが得策だと思われます。

ドラッグストアで2枚のカードを出す羽目になっても、
そのちょっとの手間でいくらかずつ得するのをあきらめないほうがいいですね。

-----------------------------------------------------

最近では、各種サービス・商品の値上げで家計の負担も増えています。9月からは電気料金、ガス料金ともに値上げとなりましたし、スーパーなどの店頭ではパッケージ変更などで量が減る「隠れ値上げ商品」も増えています。

そんな時代だからこそ、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。特にやらないと絶対に「損」なのが、ポイント制度の活用です。

(現代ビジネスー- 2018年10月10日)
------------------------------------------------------------------