クレジットカード選びは、
かつてはポイント還元率ですぐ比較できたのですが、
いまはそれができません。

というのは、数年前に、
ポイント還元率競争を縮小する傾向になったため、
いまはどこも大して変わらなくなってきたからです。

やはりポイント還元を目安としてカードを選んできた人は、
還元率の引き下げにあって、
他のカードに乗り換えた人もいることでしょう。

今後も一貫しておすすめなのは、
3通カード、交通・通信・流通の3つの通だそうです。

流通の大手はセブンかイオンですよね。

流通系は、自社グループのスーパーなどで、
月に何回かの5%割引きデーがあったり、
クレジットカード会員向けの特典があったり、
ポイントが多く付く日があったりとけっこうお得なんですよね。

あとは、電車で通勤や通学をする人でしたら交通系がポイントが貯まりやすいですし、
携帯電話会社もクレジットカードを発行していて
何かとお得なんですよね。

-----------------------------------------------------

クレジットカードは発行会社によって系列に分かれている。その中で、注目したいのは、交通系、流通系、通信系(ネットを介した流通も含む)の3つだ。これを、共通する「通」の字を取って〝3通カード〟と呼んでいる。たとえば交通系ならビューカード、流通系ならイオンカード、通信・ネット系ならdカードなどだ。これらのカードは身近で利用機会が多いためポイントの貯まりも早く、ポイント利用も簡単だ。

 また、3通カードの発行会社は、いずれも厳しい消費者の目にさらされ、熾烈なカードサービス競争を繰り広げている。そこで、3通カードを新しいカード選びの基準にすることを提案したい。

(@DIME- 2018/3/28)
------------------------------------------------------------------