銀行の預金の金利は安く、0.01%。

クレジットカードのポイント還元率は、
現金に換算したときの預金金利よりどのくらい得かを考えたら成功する、
という考え方をたまに見かけるのですが、
それは、クレジットカード利用によるポイント還元を正当化するというか、
使っても大丈夫という理屈にしているだけのような気がします。

預金の金利は預ける金利なので、
元のお金は自分のものです。

カードで使うお金は使ってしまい、
お金は自分のものではなくなり、
ポイントが返ってきます。

その代わりにクレジットカードで購入した
「モノ」という資産は増えますが。

お金を使うのと預けるのの返ってくるのを
並列に比べてはいけないですよね。

------------------------------------------------------

クレジットカードを比較検討する際に重視する一つ目のポイントは、利用金額に応じてポイントがたまる還元率だ。大手銀行の定期預金の金利は0.01%。100万円を1年間預けても、受け取れる利息はわずか100円(税引前)だ。

クレジットカードを利用して得られるポイントの還元率が、現金に換算した時に預金金利を上回るポイント還元を受けられるかという点は必ず頭に叩き込んでおきたい。

(ZUU online 2018/1/30)
------------------------------------------------------------------