浪費をついしてしまうのは、
メールで届くクレジットカードのポイントキャンペーンのお知らせとかが、
きっかけになるときが多いです。

普段から目をつけていて、
安くなるのを待っているような場合はいいでしょうが、
そうでもない商品を、あ、いまなら安い!
と購入してしまうようなのがいちばん問題ですね。

ポイントキャンペーンは、お得ではありますが、
買わないのがいちばん浪費を防げるのは確かです。

ほんとうに必要なものか見定めるためにネットショップを有効に使い、
実際に購入するのは、きちんとメドがたってから、
というのがいちばん堅実なお買い物の仕方だと思います。

記事ではカードではなく現金を使うことをオススメしていますが、
私もそうだと思います。

世の中はキャッシュレス化にどんどん進行中ですが、
キャッシュレス社会はこういう無駄遣いをついついしてしまうという現象が
多くの人に起こるのではないかとも思います。

商品を販売している人や企業にとっては、
そういう無駄遣いも歓迎なのだとも思いますが。

それで消費が増え景気が良くなった、
という裏側で支払にドンドン追われるという人も増えそうですね。

------------------------------------------------------

「月末にお金がなくなってもカードを使って買い物三昧……。結果的に翌月のお金も足りなくなって家計は火の車状態に。クレジットカードを使わなくなったら意識が高くなったのか月に2~3万貯金できるようになった」(20代後半/年収350万/IT)

クレジットカードで生活するのは、浪費家女子にとってはとってもリスキーです。手持ちのお金がなくてもカードを使って払ってしまうため、お金を使っているという実感やお金が足りなくなっているという実感がなかなかわきません。思い切ってカードを封印し、すべて現金払いにしてみましょう。カードを使わないことで自分がどれくらいお金を使っているのかがリアルにわかるようになります。

(livedoor 2018/1/2)
------------------------------------------------------------------