新幹線を利用する時って、目的地に着いたらそれだけで終わることがなく、
着いた駅からさらに電車を乗り継ぐことが圧倒的に多いと思います。

なので、交通系電子マネーとかをうまく使って、
できるだけ手間なく乗り降りしたり切符を買ったりできたらいいですよね。

JR東海とJR西日本で、SuicaやICOCAで、
東海道山陽新幹線に乗れる新サービスがはじまったとか。
「スマートEX」というそうです。

切符を購入できる、のではなくて、
切符不用で在来線との乗り換えまでカバーできるそうで、
これは便利だと思います。

在来線はSuicaで支払う人が多いと思いますが、
新幹線ともシームレスなほうが助かりますよね。

スマートEXを利用するには、
Suicaの情報とクレジットカードの情報の登録が必要とのこと。

それで、新幹線の料金は、
Suicaからではなくクレジットカードから引き落とされる、
ということのようです。

つまり、Suicaのタッチで新幹線に乗れるけれど、
お金の部分はクレジットカードからということですね。

おそらく、新幹線の料金が
Suicaチャージの上限を超えるような料金になる場合もあるからなのでは。

---------------------------------------------------------------------

JR東海とJR西日本は30日、Suica(スイカ)やICOCA(イコカ)といった交通系ICカードで東海道・山陽新幹線に乗車できる新サービス「スマートEX」を始めた。切符不要で、在来線との乗り換えがカード1枚で済む便利さなどから、利用が広がりそうだ。

 インターネットのスマートEXのサイトで手持ちのICカードとクレジットカードの情報を登録すれば利用できる。クレジットカードによる支払いで、ICカードのチャージ(入金)分は使われない。

サイトで座席を予約し、改札機にICカードをかざして乗車する。予約変更は、発車前までなら何度でも可能だ。対象のICカードは全10種類で、年会費などは不要。


(産経ニュース- 2017/9/29)
------------------------------------------------------------------