クレジットカードを申し込んだのに、
カードを作れないことがあるようです。

つまり、申し込んでも審査で落ちてしまうことです。

そういうとき、どうしてカードをつくれないのかは、
カード会社は教えてくれないんですね。

わたしも1度、作れなかったことがありましたが、
その後は数年前に作ったときは、普通に作ることができました。

信用情報にキズがついているのか?とも疑うところですが、
おそらくそうではなくて、当時の収入が不安定だったことが
原因なのではと今は思っています。

自分で気づかないうちに、
ちょっとしたローンが残ったままになっているのも、
カードをつくるのに影響があるようですね。

それと、カード会社によって審査基準が若干違いますので、
申し込んだカード会社が審査が厳しいと落とされますが、
それほど厳しいカード会社でないと審査に通るというパターンもあるようです。

以前、聞いたことがあるのですが、
銀行系は審査が厳しくて、
流通系やネット系は審査基準があまり厳しくないようです。

ですので、例えば流通系ならイオンカードやエポスカード、
ネット系なら楽天カードやYahooJAPANカードが作りやすてようです。


---------------------------------------------------------------------
どうすればクレジットカードがつくれるのでしょうか。

→まずは、CIC、JICCという2つの信用情報機関から信用情報を取り寄せて、現状を確認してみてください。
貴殿の気づかぬところで、何か信用情報にマイナス情報の記載があるかもしませんので。

あとは、貴殿の現状のうち、特に収入、勤務先、勤続年数などで引っかかるものがある可能性があります。

さらに、これは確証がありませんが、あまりに信用情報が綺麗すぎて(いわゆるスーパーホワイト状態)、クレジットヒストリーがないのは債務整理明けではないかと判断されて審査に落ちるという話もあります。
この場合、スマホ端末の割賦払いなどで、スーパーホワイト状態を脱することが考えられます。

ご参考までに。

(産経ニュース 2017/7/31)
------------------------------------------------------------------