電子マネーを買ってこさせて、
そのプリペイド番号を聞き出してお金を奪う詐欺。

LINEの詐欺手法で最近、ときどき話題になります。

実際、知り合いのところにそういうLINEが来たそうで、
その画面をみましたが、ほんとうにこういう風に来るのだなあという印象でした。

自分のところに来たら・・

しかし有料動画サイトへの接続というのが、
今の時代、会員になって接続はできるのに
お金はまだ払っていないという状態に成り得る有料動画サイトがあまりないので、
信用してお金を出すことはないと思いますね。

こういう詐欺は、もう何年も前からある詐欺で、
ある程度知れ渡っているので被害が減っているのではないかと思っていましたが、
いまだにあるんですね。

オレオレ詐欺も、もう10年以上前から詐欺だと知れ渡っているのに、
いまだに被害者がけっこういますからね。

どうすれば詐欺に引っかかる人がなくなるんでしょうね。

---------------------------------------------------------------------

上越警察署は2017年6月23日、上越市内で2件の特殊詐欺被害があったと発表した。いずれも有料動画サイトへの接続名目の架空請求詐欺で、市内に住む65歳男性と59歳女性が騙され、それぞれ40万円近くの電子マネーギフトカードを購入した。

被害者はいずれも携帯電話に「有料動画サイトの接続料が未納。連絡ください」というメールを受け取り、記載された電話番号に連絡したところ、「コンビニで電子マネーギフトカードを購入し、プリペイド番号を教えてください」と指示を受けた。被害者は38万円分、39万円分をそれぞれ購入し、プリペイドカードの番号を相手に伝えたという。

(上越タウンジャーナル 2017/6/23)
------------------------------------------------------------------