ファミマにクイックペイが導入されたり、
Suicaが使える自動販売機が増えたり、と電子マネーの普及は消費税アップと同時に、
ますます拍車がかかっているようです。

Suicaとnanacoは、前年より2ケタ増えたのだとか。

Suicaは交通機関で利用できるのでわかりますが、
nanaoの利用は意外と限られている気がするのにそれだけ使われているということは、
nanacoの使えるショッピングモールなどで、何か利用頻度をあげる試みが行われているからでしょうか。

今だと、nanaco加入で有利になるキャンペーンとかあったら、つい加入してしまうかも。


-------------------------------
電子マネーの利用が急速に伸びている。3月は東日本旅客鉄道(JR東日本)の「Suica(スイカ)」とセブン&アイ・ホールディングスの「nanaco(ナナコ)」の決済件数は前年同月より2ケタ増え、ともに1億件を突破した。

 ナナコの3月の決済件数は前年同月比36%増の1億50万件だった。2月と比べても18%増えている。増税前の駆け込み需要でポイントがたまる電子マネーで買い物する消費者が増えたようだ。

(日本経済新聞- 2014年4月17日)
-------------------------------------------