仮想通貨「ビットコイン」は、
中国の利用失速などが原因となってか、
一時期はかなり話題になったものが、
最近はどうも違ってきているようです。

そんな中、スイスではビットコインの賛否をめぐって
国民投票が行われるようだとか。

スイスはマネーロンダリングに利用されたりしてきたので、
ビットコインのようにあたらしいものは警戒しなくてはならないのかも。

日本ではまだビットコインの利用は広がっていないようですが、
新聞記事などで見ると欧米や中国などではかなりの広がりと流通量があるようですからね。


-------------------------------
スイスの連邦議会に、仮想通過「Bitcoin(ビットコイン)」に対しての国民投票案が提出され、賛否を巡っての国民投票が行われる可能性があることがわかった。

 連邦議会のサイトによると、リベラル系の会派が中心となって、Bitcoinの法的な確実性を確保するための国民投票案を12月5日に同議会に提出している。

 理由としては、ビットコインのような電子通貨は、スイス国内では、外国通貨として扱われることがまだ確立されていないからだ。

(YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)- 2013年12月26日)
-------------------------------------------