海外旅行にいくとき、クレジットカードに旅行保険がついているから安心、
と思っていると、
実はクレジットカードに付帯している海外旅行保険には2種類あるそうで要注意。

自動付帯では、クレジットカードを持っているだけで旅行保険がつきますが、
利用付帯では、ツアー代金かフライト代金、交通機関の料金とかのどれか、
クレジットカードで支払っていないと海外旅行保険対象にならないんです。

約款とかちゃんと読んでいない場合も多いでしょうから、
せめて旅行の前にはそのへんをちゃんとチェックする必要がありそうですね。

それと、自動付帯でも、保険の内容が脆弱な場合もありますので、
いざ使う時になって保険金が思ったより少ないとか、
これって保険の対象じゃないの?
なんてこともあるようですよ。

---------------------------------------------------------------------
注意点その1:あなたの海外旅行保険は「自動付帯」?「利用付帯」?
「自動付帯」とは、クレジットカードを持っているだけで自動的に海外旅行保険がつくことです。

一方「利用付帯」では、ツアー代金かフライト料金、家を出てから日本を出国するまでの公共交通機関の料金かタクシー料金のどれかをクレジットカードで支払わないと海外旅行保険がつきません。

ただしカードによっては、日本出国後でも旅行先の国で公共交通機関かタクシーの料金をクレジットカードで支払った場合は、その時点から保険が適用になるカードもあります。

「自動付帯」はゴールドカード以上のクレジットカードに多く、「利用付帯」は一般カードに多いのが特徴です。

(livedoor2015/10/31)
-----------------------------------------------------------------------