クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2019年10月

majica利用が他店に広がる

ドン・キホーテでの電子マネー利用は、
今のところmajicaしかなく、
不便だなあと思っています。

わたしはドンキ、
それほど頻繁に使わないので、
他の電子マネーを使いたいのです。

しかし、ドンキの電子マネーは、
クレジットカードまで整備しないとチャージがたいへん不便で、
そこがネックになっていて、
利用しようという気になりませんでした。

いつか他の電子マネーを取り入れてくれないかと思っていたのですが、
逆に、アピタ、ピアゴというユニーのスーパーで利用できるようになっていくのだとか。

こっちに参入させるのではなく、
majicaを広げるなんて、
さすがドンキですよね。

こうなってくると、
majicaは店頭でのクーポンなどが豊富なようだし、
そろそろ使い始めてみるのもいいかな・・・
という気持ちにさせられます。

-----------------------------------------------------

2020年春より、majicaは「アピタ」「ピアゴ」でも利用できるようになります。
これに伴い、ユニーの電子マネー「uniko(ユニコ)」は2020年4月30日(木)をもって店舗における利用は終了となります。なお、unikoのカード販売は12月31日(火)、チャージは2020年3月31日(火)で終了予定。一部サービスはmajicaへ移行されます。

(BITDAYS 2019年10月22日)
------------------------------------------------------

dカードはドコモユーザーにお得

dカードは、ドコモユーザーなら
絶対お得に使えるクレジットカードだそうで、
よくその評判がネットに書いてあるので、
ちょっと気になりますね。

dカード利用で
1%のポイントが得られる、
といったいくつかの特典の上に、
今は、消費税10%の影響をうすめるための
クレジット還元がついています。

なので、3%オフとなり、
結果として5%お得になることに・・

これはなかなかよいお得加減ですよね。

クレジットカードによる還元は、
あくまで今の暫定的なものであり、
今の所、来年の6月までの期間限定です。

なので、ずっとこの率でいくわけではないですが、
ドコモユーザーであれば、
それを通信費にあてることができたりと、
付随するさまざまなよいことがあるようなので、
持っておいて損はないのだろうと思います。

-----------------------------------------------------

ローソンでの利用が現在、すごくお得です。

dカード、dポイントカード提示で1%ポイント還元
dカード決済で1%ポイント還元
dカード決済で3%オフ
となるので、合計で5%得をするようになっています。

この特典はいつ終わるかわからないので、今のうちにたくさんお得に買い物をしておきましょう。

(bitWave 2019年10月11日)
------------------------------------------------------

Pay決済の不正利用は大丈夫?

クレジットカード情報が漏れたことは、
わたし自身はありません。

何度か、登録していたショッピングサイト的なところの
情報漏えいが問題になって、
パスワードを変更したり、
といったことはありましたが。

実際に漏れて、
そこにカード会社が気がつくと、
ちゃんと連絡がきた人が多いようです。

あなたのカードが違う国で使われましたが、
これはあなたですか?みたいな感じで来るとか。

それは頼もしいですよね。
きちんと監視しているのだという感じがします。

いまはさまざまなアプリなどで、
直接銀行口座と紐付けて、
電子マネーを使うことができたり、
クレジットカードと紐付けられたり、
たいへん便利です。

かつて、現金チャージしかなかったときの電子マネーでは
普及するわけもなかった便利さが、
いまは現実のものになったため、
いま抵抗のある人でも、
仕組みを知って一回使えば、
たぶん便利だと思うのではないでしょうか。

ただ、カード会社が真剣に情報と取り組んでいるのと同じくらい、
銀行もやってくれているのかなという不安がちょっとあります。

クレジットカード経由だと、
漏洩したときにそのように監視がありますが、
Pay決済で銀行口座から直接やられたりすれば、記
帳するまではこちらでわからないですし、
やられた分は保証してくれるのかが気になります。

-----------------------------------------------------

個人情報保護法やクレジットカード業界が制定するグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」は、事業者に対して「不要な情報を持たず、必要な時期が過ぎたら速やかに削除すること」を定めています(2017年に施行された改正個人情報保護法においては「削除義務」とされています)。もし、先ほどカード情報を削除したアプリが漏えい元だった場合、私が自主的にカード情報を削除したことで、システム上「漏えい対象者」から外れるようなことは起こりうるでしょうか。

(ITmedia 2019年9月30日)
------------------------------------------------------ 
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ