クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2019年08月

自分にあったカードをつくる

自分の利用するクレジットカードを
選んで契約しようと考えているとき、
自分がもっとも使い勝手の良いカードを選びますね。

たまたまショップの買い物をして、
そのときに契約するパターンもあって、
それだと確実に自分が利用するお店のカードがつくれますね。

それ以外の方法でカードをつくりたい場合は、
自分がつくったら使うサービスで使ったらいいと思います。

わたしは、ネットでクレジットカードや、
スマホアプリでの電子マネーを利用することが多いため、
銀行ATMをあまり使わず、
なので、キャッシュカードとクレジットカードが一緒のものとか、
デビットカードは、つくる機会がないままこれまで来ました。

でも、デビットカードは利用がカンタンで、
いってみれば残高の今、
今月分のチャージのいらない電子マネーのような感覚で使えそうなので、
今度使ってみようかなと思います。


-----------------------------------------------------

銀行系カードは、銀行が発行。キャッシュカードとクレジット機能が一体化されているなど、銀行ならではのサービスが特徴です。利用額や利用頻度、取引している商品などに応じて振込手数料やATM手数料が優遇される場合もあります。

石油系カードは、石油会社が発行。ガソリン代が値引きになるのが石油系カードの特徴。自動車をよく利用する人には、うれしいサービスです。他にもロードサービスでの特典も充実しています。

(ニコニコニュース 2019年8月30日)
------------------------------------------------------

LINE Pay VISA クレジットカード

LINEがクレジットカードをはじめたころ、
コミュニケーションツールのLINEが、
なぜクレジットカードを出すのか、
自分とこの商品(スタンプとか)買いやすくするため?
だとしたら、だいぶ大げさな投資になりそうなのに・・
とか思っていたものでした。

しかし今や、
コミュニケーションツールの枠を超えて、
投資信託までできるような、
インフラ+サービスみたいな状態に変わってきています。

すごいですね。LINE。

キャッシュレスに向かう流れに、
先見の明あってどんどん
先取でサービスを進めてきている気がします。

そんなLINEの「LINE Pay Visaクレジットカード」は、
1回でもショッピングに利用していれば
年会費無料になるクレジットカード。

カードリーダーに載せるだけで
タッチ決済できるタイプだそうで、
クレジットカードと複合的に使っていくことができて、
Visaとの提携であれば利用範囲も広いですし、
つくっておくのがよいカードになりそうですね。

-----------------------------------------------------

「LINE Pay Visaクレジットカード」は、初年度の年会費が無料で、2年目以降は年会費1250円(税抜)だが、前年に1回でもショッピング利用していれば年会費無料になる、“実質”年会費無料のVisaブランドのクレジットカードだ。

 Visaのタッチ決済も搭載されるので、ローソンやマクドナルドなどでは、カードリーダーに載せるだけで決済できる。

(ダイヤモンド・オンライン 2019年8月24日)
------------------------------------------------------

Suicaへのチャージでお得感

Suicaへのチャージは、
わたしはビューカードを持っていて、
それに付随しているSuicaを使っています。

だから何も考えずに、
Suicaへはオートチャージにしているため、
あんまりポイント付与とかは
考えたことがありませんでした。

どのくらいのポイントバックがあるんでしょうね?

それはともかく、ビックカメラSuicaカードは、
チャージすると1.5%のポイントがつくそうです。

モバイルSuicaとどちらでもチャージできるというのはいいですね。

年1回でもチャージすれば年会費も無料になるので、
年会費はあまり意識しなくてもよさそうですし、
なかなか魅力的ですね。

Suicaは、交通費として使えるのもそうですが、
コンビニや駅構内のお店など、
お買い物できる範囲がとても広いのが魅力です。

ほかのがダメでもSuicaだけは大丈夫というお店も結構あります。

楽天とのコラボも話題ですし、
今後Suicaにしぼっていくのもいいかもしれないですね。

-----------------------------------------------------

【ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント】
電子マネー「Suica」利用者がもっとも得するカードがコレ!「Suica」と「モバイルSuica」のそれぞれにチャージ可能で、通常還元率は1.0%、Suicaチャージ時は還元率1.5%と高還元! 初年度は年会費無料、2年目以降は年会費477円(税抜)だが、年に1回でもカード決済をすれば次年度の年会費が無料に!

アップルカードで買えないもの

既報の通り、銀行大手チェースは
仮想通貨の購入がキャッシングに当たるかどうかをめぐる集団訴訟に直面している。

原告側は、キャッシングに当たらず、
キャッシニングの手数料を課せられるのは不当と訴えている。

わたしは仮想通貨については、
なんにも知らなくて、
自分で使おうとも思ったことがないままでした。

投資と同じような考え方で、
仮想通貨の価値は上がったり下がったりするみたいですね。

しばらく前に、
仮想通貨が大暴落したとかで
ネット上の有名な方が大変だったりとか、
そういうのもただみていたばかりです。

アップルが今度出すクレジットカードでは、
仮想通貨が購入できないそうですね。

普通、クレジットカードで買うものはモノだと思うのですが、
キャッシングと同等の現金同等物、は、買えない、とのことですよね?

宝くじもダメなようです。

わたしがもっているクレジットカードでは
普通に宝くじがいま買えている気がしますが、
米国のほうでそういったものに厳しい、
ということでしょうか。

-----------------------------------------------------

アップルがゴールドマンサックスが共同で開発しているクレジットカード「アップルカード」では仮想通貨が購入できないことが分かった。

「キャッシングと現金同等物とは、すべてのキャッシングや他のキャッシュに関する取引を意味する。例えば、トラベラーズチェックや外国通貨、仮想通貨、マネーオーダー、P2P送金、銀行間の送金、キャッシュのような取引、宝くじ、カジノゲームのチップ、レースでの賭けなど賭けに関する取引全般が含まれる」

(コインテレグラフ・ジャパン-ー- 2019年8月3日)
------------------------------------------------------------------ 

エポスカードの魅力と作り方

私はクレジットカードを5枚ほど持っていますが、
エポスカードは持っていません。

エポスカードは竹野内豊のCMでも知っていましたが、
エポスカードってすごくお得度が高いクレジットカードでもあるんですよね。

エポスカードはマルイのクレジットカード子会社が発行しているので
マルイでの買い物時にお得なのはもちろんですが、
マルイ以外にも全国で5000店の優待店があって
カードの提示などで割引がされるし、
海外旅行保険も付いているしで、
年会費無料クレジットカードなのにカードスペックが高いんです。

それと、エポスカードはマルイが近くにある人なら、
申し込んだ当日中にクレジットカードの発行をしてもらえるので、
急ぎでクレジットカードを作りたいという人にも人気らしいです。

そういうエポスカードの魅力や作り方について紹介されているのが
「エポスカードの作り方(申し込み方法)」というサイトさんです。

ちなみに、エポスカードの割引き優待店には、
ビッグエコーやシダックス、ロイヤルホストなどがあるので、
これらのお店を利用する方はけっこう節約に役立つカードにもなります。

それと、近くにマルイ店舗がある人なら、
ネットから申し込み後に、審査に通ったら
その日のうちに、店舗にあるカードカウンターで
エポスカードを受け取ることができます。
(即日発行できるということです)

記事検索
  • ライブドアブログ