クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2019年05月

dカード利用だと最大5%

コンビニでの支払いを電子マネーでする場合、
そのコンビニがセブンならnanacoで支払うのがいちばんで、
イオン系ならWAONですよね。

関連するスーパーと共通で使えて、
たまったポイントも両方で使えるというのは、
いつも同じ系列を使っている人にとって
はお得にできているので、
買い物は一種類の電子マネーを使うのが理想です。

でもわたしの場合は、nanacoを使うのですが、
クレジットカードがセブン系のカードを持っておらず
これ以上クレジットカードを増やしたくないので、
nanacoには違うクレジットカードを紐づけており、
オートチャージができないのがネックで、
今はnanaco決済をしていません・・
ちょっともったいないなと思っているのですが・・

しかし最近は、メルペイを利用することがたまにあり、
そうなるどiDを使う機会も増えてきました。

しかも、dカード利用だと、
iDがさらに最大5%還元になるコンビニもあるそうですね。

dカード利用も考えてみるのもいいかも。

-----------------------------------------------------

・コンビニでの買い物が多い場合はdカードで最大5%還元
毎朝コンビニでコーヒーを買う、夕食はたいていコンビニでお弁当を購入している、といった場合には、コンビニと提携しているクレジットカードを選びましょう。NTTドコモのdカードでは、主要コンビニ各社で1~2%還元されます。さらに電子マネーiDを利用することで、最大5%還元になるコンビニもあります。年会費は初年度無料、その後も前年に1回でも利用していれば無料です。貯めたポイントはdポイント加盟店やドコモの支払いに利用できます。コンビニでクレジットカードを利用するのは、ポイントの多重取りの基本です。

(ZUU online-ー- 2019年5月21日)
------------------------------------------------------------------

カードの表面に記載がないアップルカード

クレジットカードというと、
どういう券面デザインでも、
カード番号や、そのカードのブランドなどの
情報は省くことができない、
と思っていたのですが、
カードの表面に、そういった情報が記載されていない、
シンプルなデザインで有名になっていたカードがあったのですね。

それはAppleカード。
さすがデザインにこだわるAppleです。

しかし、Apple Payが利用できるようになっても、
Appleカードはまだですね、日本では。

こういったすっきりおしゃれにシンプルなデザインが好きなApple好きなひとは、
たくさんいるでしょうから、待ち遠いですね。

とりあえずアメリカむで発行が開始されたのでしたら、
日本での発行があるとしても、
数年先ということになりそうですね。

-----------------------------------------------------

表面にカード番号などが記載されていないシンプルなデザインが話題になった、Appleカード。発表されたときは「なんてシンプルで美しいデザインなんだ」と思いました。そして「ぜひ手に入れたい」とも。

でも、日本で発行されるかどうかもよくわかりませんし、いつ登場するのかも不明。僕らは、ただひたすらAppleカードを待ち続けるしかないんです。

(ギズモード・ジャパン-ー- 2019年5月13日)
------------------------------------------------------------------ 

海外旅行時の保険にはいる?

海外旅行時の保険、
別途そのときだけの旅行保険にはいるパターンも結構あると思います。

クレジットカードに付いている付帯保険もありますが、
クレジットカードによっては付いていなかったり、
付いていても条件が付いている場合もあります。

その辺は、クレジットカードについて
良く知っていないとわからない点でもありますよね。

海外旅行保険が付いているクレジットカードに加入していても
海外旅行に行くのがカード契約本人ではない家族の方だったりすると、
保険対象になるのかとややこしくなります。

海外旅行保険が付いているクレジットカードの中には、
本人だけでなく家族も対象となるカードもあるようです。

ゴールドカードとか、グレードの高いカードなら
そうなっているのかもしれませんね。

-----------------------------------------------------

子供が18歳未満の場合、クレジットカードを持つことができないため、別途加入が基本になりますが、クレジットカードの旅行保険で十分という方は、損保会社の旅行保険に別途加入するのではなく、18歳未満の子供を含め、家族も対象となる旅行保険付きクレジットカードを所有してみてはどうでしょうか。

(@DIME--ー- 2019年4月30日)
------------------------------------------------------------------
記事検索
  • ライブドアブログ