クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2018年10月

ゆめかとnanacoが相互乗り入れ

「ゆめか」というのは
西日本で利用者数の多い店舗で利用されている電子マネーですね。

かなり以前から、名前は聞いたことがあります。

そこと、西日本エリアでの
nanacoが相互利用できるようになるそうですね。

イズミグループとは、
わたしは東日本なので縁はないですが、
12県で193店舗もある大きなチェーン店。

こういったチェーン店は日本各地にありそうです。

地元の人には欠かせないお店になっているのでしょう。

そういったところと、全国のnanacoがコラボすると、
利用者は両方使えるようになるのがなにより便利さが増すので、
どんどん進めてほしい相互乗り入れです。

わたしの地域でも大きなチェーン店で、
乗り入れが進んでくれると助かりますね。

-----------------------------------------------------

セブン-イレブン・ジャパンとイズミは10月25日、西日本エリアで「nanaco」と「ゆめか」の相互利用を開始すると発表した。

セブン-イレブンでは、電子マネーゆめかでの支払いで、ゆめか利用100 円(税抜)ごとにゆめか積立0.5円分を翌日付与する。

ゆめタウン・ゆめマートでは、電子マネーnanaco利用月次200円(税込)ごとに1ポイント付与。ポイントは翌月10日にまとめて付与される。

(流通ニュースー- 2018年10月24日)
------------------------------------------------------------------

たくさんあるリボのお誘い

クレジットカードのリボ払いに関する
「あぶない」という記事がこれだけ出回っても、
クレジット会社があれこれとお得な特典をつけてきたりして、
一生懸命宣伝しているのはなぜなのか、というと、
それに乗ってくる消費者がまだまだいるからですよね。

乗ってくるというのは言葉が悪いですが、
リボ払いは残債にかかってくる手数料がとても高いので、
支払いが積み重なるほど支払い期間がのびていく、
クレジットカード会社に一方的にお得な払い方ですから、
ポイントをいくら返すといわれても、
あとでまとめて返す当てがない限りは、
乗ってはいけない類かなと思います。

ただ、そう、数か月後にまとめて返そうと本当に思っていて、
それを確実に実行するなら、
ダメではないかもですね。

そういう人はリボ払いで買おうとは思わないかもしれませんが。

-----------------------------------------------------

 ポイント付与率の高さを前面に出したリボ払い専用カードや、支払い方法の初期設定がリボ払いになっているカードも登場。年会費を無料にするなどの特典を設けている。しかし、カード決済に詳しいポイ探(東京・中央)の菊地崇仁代表は「手数料率が高いので、お得になることはほとんどない」と指摘する。

(日本経済新聞ー- 2018年10月15日)
------------------------------------------------------------------

小さくお金を取り戻す「ポイント」

預金金利が0.001というと、
数字の小ささはもちろんわかりますが、
どのくらいかというと・・

10万円を1年預けて1円、
ということなのですね。

増えるということを目的にしていない場合、
それもいいような気はするのですが、
「口座維持手数料」がふつうの貯金にもかかってくるかもしれない、
というのは、ちょっと困ります。

それを考えると、
少しずつでもポイントを得ていきましょう、
という考え方は、以前よりも堅実な気がしてきました。

前であれば、
そんなせこせこ1ポイントプラスになるとかを気にするなんて・・
というところはありましたが、
今は、その1ポイントをちょっとずつ貯めて、
戻ってこない部分を回収するような感じでいないとダメですね。

現金で支払うだけではなにも返ってこないので、
やはりできるだけポイントの得られる決済方法を
とっていくのが得策だと思われます。

ドラッグストアで2枚のカードを出す羽目になっても、
そのちょっとの手間でいくらかずつ得するのをあきらめないほうがいいですね。

-----------------------------------------------------

最近では、各種サービス・商品の値上げで家計の負担も増えています。9月からは電気料金、ガス料金ともに値上げとなりましたし、スーパーなどの店頭ではパッケージ変更などで量が減る「隠れ値上げ商品」も増えています。

そんな時代だからこそ、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。特にやらないと絶対に「損」なのが、ポイント制度の活用です。

(現代ビジネスー- 2018年10月10日)
------------------------------------------------------------------

災害とクレジットカードについて

災害とクレジットカードについては、
いい面と悪い面がありそうです。

もしも災害にあったら、
クレジットカードが紛失した場合、
適切な処理をしておかないとあとから
どういう困りごとになるかわからないので、
なくしたかも、ということに気づいたら、
できるだけ早く電話一本でもいれておくのがよさそうなのは確かです。

そのうえで、クレジットカード番号を控えておくと、
あとからの再発行などもしやすいですね。

また、カード情報を利用して
日々の生活に必要なものを決済することもできるし、
災害時もうまく使えば、
クレジットカードは味方になってくれるでしょう。

ただし、停電などの際には決済できないことも考えられるので、
やはり現金も、ある程度は準備しておくのが安心ですね。

-----------------------------------------------------

「紛失したら即、電話することです。クレジットカードを4枚も5枚も持っている人は、対応窓口も当然その数だけあるので手間がかかります。スマホの電話帳に、窓口の電話番号やクレジットカード番号、有効期限を入力しておきましょう」

 そう語る西原さん自身、沖縄に滞在中、地元・大阪に台風21号が襲来したため直行便が欠航。沖縄から名古屋経由で新幹線を利用して帰阪することになった。

 その際、自宅に置いたままだったJR発行のクレジットカードの番号をメモしていたおかげで、即座に新幹線をネット予約し、帰阪できたという。

 災害時、銀行口座の預金残高が少ない場合、クレジットカードが利用できる状況になれば、当面のお金に困らない。

(アエラドット 朝日新聞出版ー- 2018年10月1日)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ