クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2018年05月

nanacoチャージでポイントがつくカード

nanacoですが、
私は以前は利用していたのですが、
いまは使っていません。

理由はオートチャージができるクレジットカードを持っていなかったからです。

セブンカードプラスを持てばできるらしいのですが、
今でも3枚クレジットカードを利用していて多いと思っているのに、
これ以上増やすのは、ためらわれるのです。

以前は楽天カードでチャージをしたときにはポイントがついたので、
それで代用していたのですがそれもできなくなり・・
結局使わなくなったのです。

リクルートカードでは、
nanacoチャージでポイントがつくらしいですね。

持っていれば使いたいのですが、
これ以上カードを増やすのは、無理ですね。

nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードが減ってきているそうです。

また、Yahoo! JAPANカードは、
nanacoチャージで付くポイントを
1.0%から0.5%へ減らしたそうです。

nanacoチャージだけではないですが、
電子マネーチャージ分に対するポイント付与の環境は
年々悪くなっていますよね。

-----------------------------------------------------

電子マネー「nanaco」にチャージできるクレジットカードは多々あるものの、実は、チャージ時にポイントが貯まるクレジットカードは少ない。しかも、2017年には「楽天カード」や「ライフカード」がnanacoチャージ時のポイント付与を終了、2018年2月には「Yahoo! JAPANカード」がnanacoチャージ時の還元率を1.0%⇒0.5%に半減したり、2018年4月には「リクルートカード」が電子マネーチャージで月3万円を超えた分のポイント付与を終了したりと、nanacoチャージで得するクレジットカードは、さらに減ってきている。

(ダイヤモンド・オンライン- 2018年5月17日)
------------------------------------------------------------------

クレジットカードのサインの有無

クレジットカードを利用したときのサイン。

以前よりも、サインしなくてはならないケースは減っているような気がします。

ICカードになっているところは、
端末で暗証番号を入力してそれでOKというところが多いですね。

ホームセンターなどでは、
まだ、決済後にサインを求められることが多い気がします。

以前は、ドラッグストアでも求められていましたが、
最近は、新しい端末で対応することが増えた気が。

やはり、カード利用頻度が多いお店は
お客にとっても便利な側面が優先されてきている感じがしますね。

コンビニやスーパーなんかは、
あまり高額でないならサインは必要ないですよね。

いちいちサインをしていたら、
レジが混み合ってしまう方のようです。

サインレスは便利で良いのですが、
もし盗まれたクレジットカードでサインレスで買い物されたら、
と考えるとちょっと心配な面もなくはないですね。

-----------------------------------------------------

クレジットカードで、サインが必要な場合と不要な場合の違いについて見てみよう。

控えにサインをしなくてもいい場合は、お店がクレジットカード会社とサインレス決済契約を結んでいる場合だ。最近は、コンビニ、スーパー、高速道路の料金所などで精算に時間がかかると都合悪いケースが増えており、それに対応するために設けられたのが「サインレス決済」という方法になっている。

ただし利用金額には上限があり、金額が大きい場合には暗証番号の入力やサインを求められる。

(ZUU online- 2018年5月6日)
------------------------------------------------------------------

クレジットカードの解約のタイミング

クレジットカードの解約をするとき、
それは、カードが増えすぎたときなど、ふと考えるのですが、
そのうちそこそこ使ったことがあるカードだと、
少しポイントが貯まっていたり、
なにかひとつだけ引き落としがあったりして、
手続きに手間取ります。

手続きに手間取って、
面倒になってしまうとまた解約のタイミングを逃して、
会費を払う羽目になることも・・・
過去に何回もあった気がしますね。

やはり、解約を思い立ったら、
きちんと周辺を整理して最後までちゃんとやったほうが、
あとでまた考えなくて済むのでよいと思います。

複数枚のクレジットカードを持っているのでしたら、
解約する予定のクレジットカードから
他のクレジットカードへ月々の引き落としなどを移しておいて、
数か月後に解約する、
という方法をとるといいのでは。

-----------------------------------------------------

電気・ガス・水道や携帯電話の料金、スマホアプリの定額課金などをカード払いしていると、解約によって支払いができなくなることがあります。解約手続きをする前に、支払方法の変更を完了させておきましょう。

サービスによっては、変更手続きに時間がかかることもあります。変更手続きが終わる前にカードの解約が完了してしまうと、そのつもりはないのに支払いが滞る原因にもなります。解約する前には、そのカードでどんな支払いをしているか、しっかりチェックを。カードの利用明細を見ると確認しやすいはずです。

(マイナビニュース - 2018年5月1日)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ