クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2017年08月

ファミリーマートとドンキが提携

最近、いろいろな企業が事業提携しているようです。

今日のニュースでは、ファミリーマートとドンキが提携するとのこと。

ファミマは、わたしの家の近所にサンクスがあって
私がもっとも利用しているコンビニなのですが
徐々にファミマ化してきて、
ついにもうじき楽天ポイントが使えなくなるのだそうで、困っています。

でもそれをきっかけに、
楽天ポイントカードからYahoo!カードに利用するカードを変更していっています。

Yahoo!カードはTポイント機能が付いているし、
Tポイントが貯まるからです。

ですが、ファミマとドンキが提携して、
ドンキのカードとTポイントカードの利用はどうなるのか気になります。

majicaカードがファミマで使えるようになるとあまり思わないですが、
ドンキでTカードが使えるようになる可能性はあるような・・

そうだと、助かりますね。

電子マネーカードは増えるばかりですから、
ひとつに絞っていけると便利です。

---------------------------------------------------------------------

提携では、ユニーの一部店舗を、ユニーが運営する「アピタ」「ピアゴ」とドンキホーテHDの「ドン・キホーテ」のダブルネームによる新業態で展開。またユニーが閉鎖する店舗などをドンキHDが運営するブランドに転換する。ドンキホーテHDが運営する一部店舗へのファミリーマート出店も進める。

 店舗データを活用した販売促進やITの導入。、商品の共同開発、共同仕入れなども進め、コストダウンと効率化を図っていく。電子マネー、ポイントカードや顧客IDの共通化も検討するほか、や物流機能の合理化、人事交流なども行う。

(ITmedia 2017/8/24)
------------------------------------------------------------------

カードを作れない原因

クレジットカードを申し込んだのに、
カードを作れないことがあるようです。

つまり、申し込んでも審査で落ちてしまうことです。

そういうとき、どうしてカードをつくれないのかは、
カード会社は教えてくれないんですね。

わたしも1度、作れなかったことがありましたが、
その後は数年前に作ったときは、普通に作ることができました。

信用情報にキズがついているのか?とも疑うところですが、
おそらくそうではなくて、当時の収入が不安定だったことが
原因なのではと今は思っています。

自分で気づかないうちに、
ちょっとしたローンが残ったままになっているのも、
カードをつくるのに影響があるようですね。

それと、カード会社によって審査基準が若干違いますので、
申し込んだカード会社が審査が厳しいと落とされますが、
それほど厳しいカード会社でないと審査に通るというパターンもあるようです。

以前、聞いたことがあるのですが、
銀行系は審査が厳しくて、
流通系やネット系は審査基準があまり厳しくないようです。

ですので、例えば流通系ならイオンカードやエポスカード、
ネット系なら楽天カードやYahooJAPANカードが作りやすてようです。


---------------------------------------------------------------------
どうすればクレジットカードがつくれるのでしょうか。

→まずは、CIC、JICCという2つの信用情報機関から信用情報を取り寄せて、現状を確認してみてください。
貴殿の気づかぬところで、何か信用情報にマイナス情報の記載があるかもしませんので。

あとは、貴殿の現状のうち、特に収入、勤務先、勤続年数などで引っかかるものがある可能性があります。

さらに、これは確証がありませんが、あまりに信用情報が綺麗すぎて(いわゆるスーパーホワイト状態)、クレジットヒストリーがないのは債務整理明けではないかと判断されて審査に落ちるという話もあります。
この場合、スマホ端末の割賦払いなどで、スーパーホワイト状態を脱することが考えられます。

ご参考までに。

(産経ニュース 2017/7/31)
------------------------------------------------------------------

メリットを得る機会をつくるカード払い

現金で支払うのは、損なことではなくて、
昔からあるスタンダードな方法ではあるのですが、
変化がない方法、ではありますよね。

プラスもマイナスもなく、平穏です。

ですが、ポイントで少しお得になろう、
という発想でそのことをみたときの印象は、
お得になりようがない手段、ということになります。

クレジットカードは借金なので、
あんまり望ましいことでは本来ないのですが、
1回払いにして、現金払いでは持ちえない
魅力を生むことができるのも確かなのです。

カード払いをむやみにこわがらず、
メリットを生かすような使い方をしていけるといいですよね。

ただ、ポイントをなるべく欲しいがために、
本来はあまり必要がないというか、買わないでおいてもいいものまで、
「今ならポイント○倍!」というようなキャンペーンに誘われて
購入してしまう人も多いと聞きます。

確かに、ポイントを貯めて、
貯まったポイントを買い物に使ったりするのは、
もう一つの節約方法ではありますが、
ポイント獲得最優先、になるのは避けたいものです。

---------------------------------------------------------------------
リエールファクトリー株式会社は、個人に合ったクレジットカードを提案する「AI-Creditコラム」をリリースしました。

現金で払っている商品をクレジットカードで支払うとポイント・マイルが貯まります。何気なく使っているクレジットカードを上手く使い分けるだけでポイント還元率が何倍にも変わります。貯まったポイント・マイルは旅行やショッピングに利用できます。

毎日の節約は出費を削ることだけではありません。お金の決済方法を工夫するだけで毎日の生活はもっとお得になります。

(産経ニュース 2017/7/31)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ