クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2017年03月

電子マネー利用のためにお店を変えるか

電子マネーについてのアンケートで、
今は、電子マネーが使えないとお店を変えるとか、買い物をやめるとか、
結構積極的に、使いたい電子マネーを使える環境を求める
という結果が出ているそうですね。

私自身は、電子マネーが使えなくて
お店を替えた経験はないように思います。

ただ、今日はこの電子マネーをチャージして間もないから
こっちが使えるお店にいこうとか、
考えることはたまにありますね。

自動的にチャージするようにしていないので、
入っている金額が少し少ないと、
レジで迷惑をかけてしまうという気持ちがあるので。

そういう面で、入ってみてからこの電子マネーがつかえないことがわかって、
お店を出る、という行動も、やったことはないけれどなくはないかなと思います。

---------------------------------------------------------------------

また、電子マネーの利用者の3割が、電子マネーが使えないことでお店を変えたり、買い物を中止したりと、消費行動にも影響を与えているとのこと。

そのほか、今後電子マネーを使いたいお店や場所について、郵便局や病院といった公共機関をはじめ、「海の家、スキー場、キャンプ場」(女性 30歳 岡山県 公務員)や、祭りの屋台 (男性 43歳 岐阜県 経営者・役員)といった、現金を持ち歩きにくい場所での利用を望む声も上がっています。

(教えて!goo ITライフch 2017/3/27)
------------------------------------------------------------------

電子マネー利用は顧客のため

電子マネーの導入をするのは、
お店が決済をラクにしたり、お客様の利便性を高めて
いっそうの売上を目指したりといろんな側面がありますが、
やはりいちばんは、お客様のためですね。

お客は、自分がためたいポイントがあったり、
チャージして持っている電子マネーがあったりするので、
それを選んで使えるほうが便利です。

そのお店独自の電子マネーでも、
いつも使っているお客さんにとっては好ましいのですが、
いつも使っているわけではないお客さんにとっては、
せっかくの電子マネーがあるのに現金で買うはめになるので、
サービスとしてはいまいちと感じてしまうかも。

そう考えると、お客さんのためにいろいろな決済方法をそろえておくのは大事です。

福井市の文房具屋さんも、そんな発想で、
電子マネー決済をとりいれたのだとか。
利用者にとってはうれしいですね。

---------------------------------------------------------------------

 県内で文具店3店舗を展開するホリタも今年に入り電子マネーを取り入れた。「支払い方法をお客さまが選ぶ時代。取り残されるわけにはいかない」。堀田敏史社長にはこんな危機感があった。

 都市部では交通系の電子マネーが浸透している。県内では来年夏に「ICOCA(イコカ)」がJR北陸線県内区間に導入予定で、堀田社長は「一気に電子マネーの利用者が増え、日常の生活シーンで当たり前になる」。裾野の広がりに対し、地元に密着する文房具店として商品のラインアップはもちろん、時流に乗った支払い方法の選択肢を広げることは「必然の流れだった」と話した。

(福井新聞 2017/3/23)
------------------------------------------------------------------

PASMOは誕生10周年

PASMOはSuicaと並んで、
広く利用されている交通系電子マネーですよね。

私自身は使ったことがないのですが認識はよくしています。

そのPASMOがSuicaと相互利用になって
10周年ということで記念キャンペーンを行うそうです。

限定キャラクターの「PASMOのミニロボット」というのが、
キャンペーンをおこなっていくのだとか。

10周年はすごいですね。
そんなに経ったのか・・・という感じがします。

それと、PASMOは、この10周年に合わせて
クイックチャージというサービスも開始するそうです。

PASMOをクレジットカードからのオートチャージにしている人は、
その紐付けているクレジットカードから、
いつでもチャージできるようになったそうです。

オートチャージされる設定残高までまっていたら、
ちょっと高額の買い物ができない、
という時などにこのクイックチャージを使うといいですね。

---------------------------------------------------------------------

交通系ICカードの「PASMO(パスモ)」は3月18日、サービス開始から10周年を迎える。これを記念し、新たに「クイックチャージ」サービスを開始するとともに、Suicaとの相互利用10周年記念キャンペーンを展開する。さらには限定キャラクター「PASMOのミニロボット」が、1年間を通じてキャンペーンやイベントを実施していく。

新たに始まる「クイックチャージ」は、オートチャージ機能付きのPASMOなら、クレジット決済で必要なときに、必要な金額をキャッシュレスでチャージできるようになる。チャージ金額はカード内残高が2万円まで、当面は東急各駅の自動販売機のみの対応予定となっている。

(ZUU online 2017/3/18)
------------------------------------------------------------------

おしゃれな電子マネー決済端末

電子マネー決済をよくするようになって思っていたのですが、
決済端末は何種類もあるんですよね。

わたしの目に触れるのは
コンビニやスーパーなど流通系が多くて、
そういったところにある端末は、各種電子マネーばらばらで、
何種類かの端末を、電子マネーによってわけていることが多いように思います。

最近になってローソンが、
電子マネーの種類を自分で選ばなくても決済ができるようになったなと気づいたのですが、
そのくらいの変化しかないです。

でも今度開発されたという、トッパン・フォームズの決済端末は、
シンカボールといって、なかなかかっこいいものです。

まるくて未来を思わせる不思議な存在感があります。

これで何種類も電子マネーを扱うことができるというので、
便利かつ、見た目もおしゃれでいいですよね。

---------------------------------------------------------------------

トッパン・フォームズとTFペイメントサービスは、意匠性の高い球体型のマルチ電子マネー決済端末「ThincaBall(シンカボール)」を開発し、2017年秋頃より販売を開始することを発表した。

 「シンカボール」は、TFPSが提供するクラウド型電子マネー決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」を利用することで、各種電子マネーブランドでの決済が可能になる。

 同社は、市場にはさまざまな電子マネー決済端末が出回っているものの、工業製品的なデザインの端末が主流となってい店舗ることに注目。アミューズメント施設など、利用者の利便性向上のため電子マネー決済導入の機運が高まっているエリアにおいて、意匠性が高い決済端末の導入ニーズがあると分析し、マルチ電子マネー決済端末「シンカボール」を開発したという。

(ECzine(イーシージン) 2017/3/8)
------------------------------------------------------------------

au WALLETクレジットカードチャージキャンペーン

新入学や転勤の季節、
クレジットカードを新しく登録したり、
自立するので家族カードをつくったりと、
いろいろ金銭的に新しい流れができてくる季節ですね。

この期間に、au WALLETクレジットカードで、
プリペイドカードにチャージすると
10%のWALLETポイントが上乗せになるキャンペーンが開始したそうです。

チャージするだけでポイントがつくのは
カード経由のチャージでのうれしいところですが、
こういう機会に、今後の利用頻度なども十分に考えて
チャージをしておくとあとあと、お得かもしれません。

あまり使わないものを多くチャージしすぎるとムダが出るので、そこは注意が必要ですが。

ただ、au WALLETは、auスマホ・携帯ユーザーでない人にとっては、
あまり興味が向かないカードだと思います。

私はauユーザーですが、
格安スマホに乗り換えを考えているので、
au WALLETは使っていないんですよね。

---------------------------------------------------------------------

期間中、au WALLETクレジットカードでau WALLETプリペイドカードにチャージすると、10%のWALLETポイントが上乗せされるキャンペーンが開始した。期間は、2017年3月1日(水)から3月14日(火)まで。

通常、au WALLETクレジットカードからau WALLETプリペイドカードにチャージすると、0.5%のWALLETポイントを獲得できるが、期間中は10.5%のWALLETポイントを獲得できる。

例えば、10,000円をチャージした場合、通常は50 WALLETポイントの獲得となるが、期間中は1,050 WALLETポイントの獲得となる。利用時には0.5%のWALLETポイントも獲得できるため、11%の還元率となる。

(ポイ探ニュース 2017/3/2)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ