クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2015年03月

Suicaはビュースイカカードでチャージがお得

電子マネーを電子マネーだけのカード、
クレジットカードをクレジットカードだけのカードにしておくのも、
そのほうが使い勝手がいい人もいますから、それはそれでいいと思います。

そしてそれをさらに、還元率をあげたり、
ポイントを得る機会を増やしたりも、できることがあるので、
連携しているクレジットカードとかチェックするといいことあるんですよね。

Suicaの場合は、ビュースイカカードでSuicaカードのチャージをすると、
ポイント還元率が高くなるので確かにおすすめ・・・なのですが、
わたしの場合、Suicaは旅行のときにしか使わないので、
せっかくつくったビュースイカカードで利用するのをいつも忘れ、
いざ利用する際に無記名のSuicaカードを買うことが多いんです。

これは宝のもちぐされというか、
もったいないことしてるなと思いました。
次回からは気をつけようと思います。

それと、ビュースイカカードの中で
一番ポイントが貯まりやすいのは
ビックカメラと提携のビュースイカカードと聞いたことがあります。

あと、ルミネと提携しているビュースイカカードもあります。

これから、ビュースイカカードを作ろうと考えている人は、
そこら辺をチェックしておくといいと思います。

-----------------------------------------------------------------------
Suicaを進化させる

【高還元率】
 Suicaをクレジットカードと連携させて進化させるなら、「ビュー・スイカ」カードがお勧めだ。Suicaカードは決済時のポイント還元率が0%、0.5%、1%と低いのだが、「ビュー・スイカ」カードでチャージする際に1.5%ものポイント還元を得られるので、実質1.5%から2.5%の還元率になるのだ。

【汎用性の高さ】
 Suicaは首都圏の交通機関や駅ビル、キオスクなどの駅のコンビニ、ファミリーマートやミニストップなどのビューアルッテや多機能券売機の専用端末でチャージと利用ができる電子マネーだ。Suicaポイントとして得たポイントをチャージ分として利用したり、Tポイントやwaonポイントに交換したりすることも可能だ。

【web明細にするともっとお得に】
 「ビュー・スイカ」カードは初年度年会費無料で2年目以降は年会費477円(税抜)であるが、カード発行後にご利用代金明細書をWebに変えると最大600ポイントと年会費を上回るポイントを獲得できる。つまり、年会費分のモトが取れることはもちろん、さらにお得に使えるのである。そして得たポイントをルミネ商品券に交換するなら最大1.92%のポイント還元率も見込める。

(ZUU online- 2015年3月21日)
----------------------------------------------------------------------------

昭和シェルと三菱UFJ提携カードで給油

提携のクレジットカードで決済して、店頭でポイントがたまるもののうち、
ガソリンは結構大きいですよね。

一回の額がそれなりになることが多いので、
現金でそのお店のポイントをためるより、
カードで決済してカードのポイントを得た方がお得な気がします。

昭和シェルと提携した三菱UFJのカードは、
給油のポイントとクレジットのポイントがそれぞれたまるので、つかえますね。

Pontaポイントなら、交換できる範囲も広いので、使い勝手もよさそうです。

私も、給油ガソリンスタンドの一つが昭和シェルのセルフなんです。
でも、そこは、Pontaポイントが貯まらないGSなんですよね。

ガソリン価格が安いのでそこも時々使うのですが、
できればPontaポイントも貯まればいいのにと思うんですよね。

このクレジットカードならそのGSでもPontaポイントは貯まるのかも。

今度、スタンドのお兄さんに聞いてみようかな。


-----------------------------------------------------------------------
昭和シェル石油と三菱UFJニコスの新しいクレジットカード『シェル-Ponta クレジットカード』が登場。2015年3月20日より会員募集を開始する。このカードで決済すると、共通ポイントのPonta加盟店の昭和シェル石油サービスステーションの給油(ガソリン・軽油)1リットルにつき、クレジットポイントと通常ポイントがそれぞれ1ポイントずつ貯まり、計2ポイントがもらえる。その他のPonta提携店を利用した場合も、その店舗に応じたポイントに加え、100円につき1ポイントのクレジットポイントが上乗せで貯まる仕組み。

 貯まったPontaポイントは1ポイント=1円相当で、昭和シェル石油サービスステーションでの給油や洗車、オイル交換に利用したり、全国約2万3400店(2015年2月1日現在のPonta提携店でも利用できる。

(@DIME- 2015年3月17日)
----------------------------------------------------------------------------

KDDIのauウォレットが好調

KDDIのauウォレットは、昨年5月のサービス開始以来、
たった9ヶ月で累計申込者数が1000万人を突破したとか。

これはかなり大きいマーケットのように思えますね。

マスターカード加盟店なら使えるというところと、スマホで管理ができるのが、
ちょうど今スマホを持つ人にぴったりだったのでしょう。

ソフトバンクカードがこれに似ていて、ビザ加盟店なら利用できるそうなので、
今後こういうタイプのプリペイドマネーはふえていくのかも。

それにしても、この短期間で1000万枚の発行はすごいですね。
既存の電子マネーもこの伸びには戦々恐々なのでは。

ソフトバンクカードも同じように発行枚数が伸びるようだと
既存の電子マネー、特に楽天Edyはちょっとシェアを奪われるのでは。

WAONやnanacoは系列のお店で使う人は使い続けるので
影響はあまりないと思いますが。

-----------------------------------------------------------------------
KDDI(au)は6日、電子マネーサービス「auウォレット」の累計申込者数が1000万人を突破したと発表した。昨年5月にサービス開始して以来、9カ月での大台に到達した。 
 auウォレットはチャージして利用するプリペイド型カード。米クレジットカード大手マスターカード加盟の約3810万店で使えるのが特徴で、スマートフォンで出入金の管理などができる。
 ソフトバンクもクレジットカード最大手の米ビザ加盟店で利用できる同種の「ソフトバンクカード」を6日から提供している。

(時事通信- 2015年3月5日)
----------------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ