クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2014年09月

河合塾直営塾で三菱UFJニコス収納開始

授業料収納などでクレジットカード利用ができると、いろんな面で助かりますよね。

私立大学などでだんだん増えてきたかなと思いますが、
三菱UFJニコスは、河合塾の学習塾直営40校で、
受講料のクレジットカード収納をはじめるそうです。

河合塾を受講している人たちは、高校生。
親たちがほぼその授業料の面倒などをみるわけなので、
決済方法が増えるのは大歓迎だと思われます。

ただ、支払い方法は1回払いなので、
どちらかといえば利便性が高まった、ということで、
支払い方についてはこれから検討されたらうれしいという面はあるでしょうか。

-------------------------------
三菱UFJニコスは、2014年10月1日、河合塾マナビスの学習塾直営40校で、受講料のクレジットカード決済による収納を開始すると発表した。

河合塾マナビスでは今回、三菱UFJニコスと組み、顧客サービスの一環で受講料の支払い手段としてクレジットカードの取り扱いを開始する。なお、河合塾マナビスでは2014年6月から直営3校の受付窓口でクレジットカード決済を試行しており、その実効が確認できたことから、まずは直営40校でスタートし、フランチャイズを含む全校での稼働を目指すという。

利用できるカードは、MUFGカード、DCカード、NICOSカードのほか、VisaおよびMasterCardブランドのすべてのクレジットカードで、支払い方法は1回のみとなっている。


(ペイメントナビ(payment navi)- 2014年9月23日)
-------------------------------- 

 

クレジットカード付帯の海外渡航保険種類

クレジットカードに付帯している旅行の保険では、
自動的に付帯になっていて、海外へ渡航すれば自然に保険がかかる仕組みになっているのと、
海外渡航費用や現地での利用をクレジットカードで行う、という条件になっている利用付帯と、
2種類があるそうです。

利用料金の問題というよりは、利用する範囲や期間、利用する理由(病気かけがか)によって、
大きくその意味がわかれるようなので、
自分が海外にいく予定ができたら、自分のクレジットカードはどうなっているかぜひチェックしてみたいと思います。
 
-------------------------------
次に知っておきたいのが、海外旅行付帯保険には大きく分けて2種類あること、つまり「自動付帯」と「利用付帯」があることです。

自動付帯というのは、海外へ渡航する時に自動的に保険がかかる仕組みとなっており、一方で、利用付帯は、海外渡航費用等を該当するクレジットカードで支払いした時に付帯される保険のことです。年会費無料で加入できる自動付帯・利用付帯のクレジットカードは幾つもありますので、後で比較検討されて下さい。


(マイナビニュース- 2014年9月15日)
--------------------------------

 

北陸のファミリーマートでICOCA等利用可

ファミリーマートはTポイントをためて、
ファミマTカードを使う、という感じでとらえていましたが、
北陸では、ICOCAを含む交通系電子マネーを利用できるようにするそうです。

交通系電子マネーが使えると、
いつも利用しているカードで支払いができて便利なときがありますよね。
北陸は特に、西日本との流通がありそうなので、
行き来に便利な場合もありそうです。

-------------------------------
ファミリーマートは9月30日、北陸地方の約290店に、ICOCAを含む交通系電子マネーを導入する。

2004年9月のSuicaの導入を皮切りに、交通系電子マネーの導入をすすめ、2009年5月から順次、ICOCAエリアの一部のファミリーマートにICOCAを導入していた。

今回の交通系電子マネーの導入により、北陸地方のファミリーマート店舗では、ICOCAと相互利用を行っているSuica、PASMOなど交通系電子マネーの利用ができる。

(流通ニュース- 2014年9月12日)
-------------------------------- 
 

Amazonでのお買い物にはJACCSリーダーズカード

経費をあまりかけず、そしてリターンの多いクレジットカード。

自分の目的にぴったり合わせることを考えると、
そういうのも可能なはずですね。

例えばAmazonでよくお買い物する方は、J
ACCSのリーダーズカードがポイント還元率が高く、お得だそうです。

ビックカメラのカードもSuicaといっしょになっているところが、
いつも交通機関でSuicaを利用する人には、
ポイント活用度が高そうで、うれしい特典やキャンペーンもねらえそうです。

普段は、あまり考えていなくても、キャンペーンときくと乗り換えを考えるのが消費者ですが、
普段から利便性と活用度が高くなるカードを選ぶのがお得です。

-------------------------------
Reader's Card●JACCS
Amazonでの買い物限定デポジットなら最大1.80%とAmazon利用者には非常に高い費用対効果が得られる。通常の買い物へのポイント還元でも1.50%と高くてお得。

ビックカメラSuicaカード●ビックカメラ/ビューカード
年会費477円、初年度の年会費無料。2年目以降も、前年のクレジット利用があれば無料。Suicaのクレカチャージにも1.50%のポイントがつく。

(PRESIDENT Online- 2014年9月2日)
--------------------------------
記事検索
  • ライブドアブログ