クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

2014年04月

日本女子大の寄付金がネット経由で

私立大学といえば寄付金、というところもありますが、
これまでは、なかなか寄付金を寄せるにも、
決済方法が面倒だったり、金額が少なめで合わなかったり、
いろいろ障壁があったようです。

それが、日本女子大では、
ネット経由で寄付金をいれることができるようになったとかで、
これだとしかるべきポイントがたまったりして、
利用者にとっても悪くない感じになってきたようですね。

額が小さくても、手軽に入れて集められるなら、
寄付金という本来の意味にもそっているようで好感もてそうです。

-------------------------------

学校法人日本女子大学(は4月25日(金)、インターネット経由( クレジットカード決済 )での寄付金の受付を開始いたしました。株式会社フューチャーコマースが提供するインターネット寄付金収納サービス「 F-REGI( エフレジ ) 寄付支払い 」を導入し、卒業生のみならず幅広い層からのご寄付を募ります。
通常のクレジットカード利用と同様に、クレジットカード会社が提供するポイントが付与されます。
*3,000円以上1,000円単位でお受付いたします。

(CNET Japan- 2014年4月25日)
-------------------------------------------

Suicaとnanacoが利用者数を増やす

ファミマにクイックペイが導入されたり、
Suicaが使える自動販売機が増えたり、と電子マネーの普及は消費税アップと同時に、
ますます拍車がかかっているようです。

Suicaとnanacoは、前年より2ケタ増えたのだとか。

Suicaは交通機関で利用できるのでわかりますが、
nanaoの利用は意外と限られている気がするのにそれだけ使われているということは、
nanacoの使えるショッピングモールなどで、何か利用頻度をあげる試みが行われているからでしょうか。

今だと、nanaco加入で有利になるキャンペーンとかあったら、つい加入してしまうかも。


-------------------------------
電子マネーの利用が急速に伸びている。3月は東日本旅客鉄道(JR東日本)の「Suica(スイカ)」とセブン&アイ・ホールディングスの「nanaco(ナナコ)」の決済件数は前年同月より2ケタ増え、ともに1億件を突破した。

 ナナコの3月の決済件数は前年同月比36%増の1億50万件だった。2月と比べても18%増えている。増税前の駆け込み需要でポイントがたまる電子マネーで買い物する消費者が増えたようだ。

(日本経済新聞- 2014年4月17日)
-------------------------------------------

リアル店舗で利用できるRポイント

ネットと共通でポイントをためたり使ったりできる楽天のRポイントカードは、
今回、提携先があらたに11社、全国では1万3400店舗が加盟店となり、
幅広く、生活圏で利用できる店舗も多いとか。

少なくとも首都圏近辺では、かなり利用できる店舗が多そうです。

なかで特に注目は、やはりコンビニでの利用でしょう。

コンビニは日常的にちょこちょこ使うので、
ポイントをこつこつためるシーンとしては最適ですし、
たまったポイントを使うお得感も
コンビニでの商品ならかなりありそうに思います。

その店舗にはその店舗のポイントカードなどもあると思いますが、
そこは競争ですから、消費者に選んでもらえるようなサービスを展開してほしいです。

-------------------------------

 現在、「Rポイントカード」の提携先はタマホームの1社だが、今回の発表で提携先として新たに11社、全国約1万3400店舗が加わり、今秋から本格化する。新規提携先はデパートの大丸や松坂屋、コンビニエンスストアのサークルKサンクスやポプラ、ファーストフードのミスタードーナッツ、カフェバーのプロントなど、日常生活に密着した利用度の高いジャンルが含まれている。

 楽天は、ネットショッピングなどを利用するオンラインユーザーがオフラインの実店舗へと来店するように導くプロモーション「O2O(オンライン・ツー・オフライン)」に積極的だ。3月27日からは「楽天スーパーポイント」と電子マネー「楽天Edy」が相互に交換できる企画をスタート。「楽天スーパーポイント」が貯められるクレジットカード「楽天カード」と「おサイフケータイ」を対象に7月1日までの予定で実施している。

(ASCII.jp- 2014年4月8日)
-------------------------------------------

楽天スーパーポイントをEdyへ交換

以前にもあった、楽天ポイントの楽天Edy化が、また開始されたようです。

確か以前は、しばらく行われたあとに
セキュリティ面でのトラブルがあって、
中途で終わってしまった気がします。

楽天ポイントをたくさんためているひとにとっては、
Edyにできればぐっと利用価値があがります。

楽天は、ポイントを集約してためやすいカードなので
街中利用も使いやすいですし、
この企画はこれからも続けてほしいと思います。

私は、一応、Edyで貯まるポイントを楽天スーパーポイントにして、
楽天での買い物に使っています。
もちろん、決済は楽天カードを使っています。

-------------------------------
楽天Edyは、2014年3月27日から、楽天スーパーポイントと電子マネー「楽天Edy」が相互に交換できる企画を開始すると発表した。

具体的には、「楽天スーパーポイント」が貯められるクレジットカード「楽天カード」と「おサイフケータイ」を対象に、楽天グループの各種サービスで貯まった「楽天スーパーポイント」と楽天の電子マネー「楽天Edy」を相互に交換できるサービスとなる。

1ポイントは1円分のEdyに交換でき、1円分のEdyは1ポイントに交換可能だ。交換単位は「1回10円分/ポイント」から「2万5,000円分/ポイント」まで交換可能で、月々の上限は「10万円分/ポイント」となる。

(ペイメントナビ(payment navi)- 2014年3月27日)
-------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ