授業料収納などでクレジットカード利用ができると、いろんな面で助かりますよね。

私立大学などでだんだん増えてきたかなと思いますが、
三菱UFJニコスは、河合塾の学習塾直営40校で、
受講料のクレジットカード収納をはじめるそうです。

河合塾を受講している人たちは、高校生。
親たちがほぼその授業料の面倒などをみるわけなので、
決済方法が増えるのは大歓迎だと思われます。

ただ、支払い方法は1回払いなので、
どちらかといえば利便性が高まった、ということで、
支払い方についてはこれから検討されたらうれしいという面はあるでしょうか。

-------------------------------
三菱UFJニコスは、2014年10月1日、河合塾マナビスの学習塾直営40校で、受講料のクレジットカード決済による収納を開始すると発表した。

河合塾マナビスでは今回、三菱UFJニコスと組み、顧客サービスの一環で受講料の支払い手段としてクレジットカードの取り扱いを開始する。なお、河合塾マナビスでは2014年6月から直営3校の受付窓口でクレジットカード決済を試行しており、その実効が確認できたことから、まずは直営40校でスタートし、フランチャイズを含む全校での稼働を目指すという。

利用できるカードは、MUFGカード、DCカード、NICOSカードのほか、VisaおよびMasterCardブランドのすべてのクレジットカードで、支払い方法は1回のみとなっている。


(ペイメントナビ(payment navi)- 2014年9月23日)
--------------------------------