希望の自治体に納税できる、ふるさと納税。
生まれ故郷に納税するだけでなく、
応援したい自治体とかでもいいのですね。

これまでなかなかの実績をあげているようで、
移住・定住を促進するような動きと連動するような仕掛けを考えている自治体もあるのだとか。

クレジットカードを使った納税が利用できるようになって、
その促進の原動力になったのは確かです。

振込でなくクレジットカード納税の方が、
インターネットを使った利用促進への親和度は高いですから。

クレジットカード利用で、
ポイントを使って自治体の特産品が買えるようになるとか、
その地域ならではの企画とかもあったら楽しそうです。

-------------------------------
【那須塩原】市はふるさと納税の「市ふるさと寄付金」制度を見直し、クレジットカード払いや特典として市の特産品を送る方針を固めた。9月定例市議会に業務委託費を盛り込んだ補正予算案を提出する。

 ふるさと納税は、生まれ故郷など希望の自治体に寄付をすると税金が軽減される制度で、2008年度にスタートした。市への件数は13年度までの6年間で計75件、金額で約931万円に上る。

 具体的には業者に業務委託し、インターネットで専用サイトを開設。クレジットカード納税や特産品送付のほか、問い合わせのコールセンターも設置してもらう考え。

(下野新聞- 2014年8月16日)
--------------------------------