クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

ゆめかとnanacoが相互乗り入れ

「ゆめか」というのは
西日本で利用者数の多い店舗で利用されている電子マネーですね。

かなり以前から、名前は聞いたことがあります。

そこと、西日本エリアでの
nanacoが相互利用できるようになるそうですね。

イズミグループとは、
わたしは東日本なので縁はないですが、
12県で193店舗もある大きなチェーン店。

こういったチェーン店は日本各地にありそうです。

地元の人には欠かせないお店になっているのでしょう。

そういったところと、全国のnanacoがコラボすると、
利用者は両方使えるようになるのがなにより便利さが増すので、
どんどん進めてほしい相互乗り入れです。

わたしの地域でも大きなチェーン店で、
乗り入れが進んでくれると助かりますね。

-----------------------------------------------------

セブン-イレブン・ジャパンとイズミは10月25日、西日本エリアで「nanaco」と「ゆめか」の相互利用を開始すると発表した。

セブン-イレブンでは、電子マネーゆめかでの支払いで、ゆめか利用100 円(税抜)ごとにゆめか積立0.5円分を翌日付与する。

ゆめタウン・ゆめマートでは、電子マネーnanaco利用月次200円(税込)ごとに1ポイント付与。ポイントは翌月10日にまとめて付与される。

(流通ニュースー- 2018年10月24日)
------------------------------------------------------------------

たくさんあるリボのお誘い

クレジットカードのリボ払いに関する
「あぶない」という記事がこれだけ出回っても、
クレジット会社があれこれとお得な特典をつけてきたりして、
一生懸命宣伝しているのはなぜなのか、というと、
それに乗ってくる消費者がまだまだいるからですよね。

乗ってくるというのは言葉が悪いですが、
リボ払いは残債にかかってくる手数料がとても高いので、
支払いが積み重なるほど支払い期間がのびていく、
クレジットカード会社に一方的にお得な払い方ですから、
ポイントをいくら返すといわれても、
あとでまとめて返す当てがない限りは、
乗ってはいけない類かなと思います。

ただ、そう、数か月後にまとめて返そうと本当に思っていて、
それを確実に実行するなら、
ダメではないかもですね。

そういう人はリボ払いで買おうとは思わないかもしれませんが。

-----------------------------------------------------

 ポイント付与率の高さを前面に出したリボ払い専用カードや、支払い方法の初期設定がリボ払いになっているカードも登場。年会費を無料にするなどの特典を設けている。しかし、カード決済に詳しいポイ探(東京・中央)の菊地崇仁代表は「手数料率が高いので、お得になることはほとんどない」と指摘する。

(日本経済新聞ー- 2018年10月15日)
------------------------------------------------------------------

小さくお金を取り戻す「ポイント」

預金金利が0.001というと、
数字の小ささはもちろんわかりますが、
どのくらいかというと・・

10万円を1年預けて1円、
ということなのですね。

増えるということを目的にしていない場合、
それもいいような気はするのですが、
「口座維持手数料」がふつうの貯金にもかかってくるかもしれない、
というのは、ちょっと困ります。

それを考えると、
少しずつでもポイントを得ていきましょう、
という考え方は、以前よりも堅実な気がしてきました。

前であれば、
そんなせこせこ1ポイントプラスになるとかを気にするなんて・・
というところはありましたが、
今は、その1ポイントをちょっとずつ貯めて、
戻ってこない部分を回収するような感じでいないとダメですね。

現金で支払うだけではなにも返ってこないので、
やはりできるだけポイントの得られる決済方法を
とっていくのが得策だと思われます。

ドラッグストアで2枚のカードを出す羽目になっても、
そのちょっとの手間でいくらかずつ得するのをあきらめないほうがいいですね。

-----------------------------------------------------

最近では、各種サービス・商品の値上げで家計の負担も増えています。9月からは電気料金、ガス料金ともに値上げとなりましたし、スーパーなどの店頭ではパッケージ変更などで量が減る「隠れ値上げ商品」も増えています。

そんな時代だからこそ、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。特にやらないと絶対に「損」なのが、ポイント制度の活用です。

(現代ビジネスー- 2018年10月10日)
------------------------------------------------------------------

災害とクレジットカードについて

災害とクレジットカードについては、
いい面と悪い面がありそうです。

もしも災害にあったら、
クレジットカードが紛失した場合、
適切な処理をしておかないとあとから
どういう困りごとになるかわからないので、
なくしたかも、ということに気づいたら、
できるだけ早く電話一本でもいれておくのがよさそうなのは確かです。

そのうえで、クレジットカード番号を控えておくと、
あとからの再発行などもしやすいですね。

また、カード情報を利用して
日々の生活に必要なものを決済することもできるし、
災害時もうまく使えば、
クレジットカードは味方になってくれるでしょう。

ただし、停電などの際には決済できないことも考えられるので、
やはり現金も、ある程度は準備しておくのが安心ですね。

-----------------------------------------------------

「紛失したら即、電話することです。クレジットカードを4枚も5枚も持っている人は、対応窓口も当然その数だけあるので手間がかかります。スマホの電話帳に、窓口の電話番号やクレジットカード番号、有効期限を入力しておきましょう」

 そう語る西原さん自身、沖縄に滞在中、地元・大阪に台風21号が襲来したため直行便が欠航。沖縄から名古屋経由で新幹線を利用して帰阪することになった。

 その際、自宅に置いたままだったJR発行のクレジットカードの番号をメモしていたおかげで、即座に新幹線をネット予約し、帰阪できたという。

 災害時、銀行口座の預金残高が少ない場合、クレジットカードが利用できる状況になれば、当面のお金に困らない。

(アエラドット 朝日新聞出版ー- 2018年10月1日)
------------------------------------------------------------------

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングも、カードローンも、
お金を借りるという意味からすれば同じ感じで、
どちらも利息が高い、というだけのイメージでした。

キャッシングは、
分割払いやリボ払いなどで
通常活用しているクレジットカードで行う借金のことのようです。

返済方法はいろいろですが、
キャッシング枠というのがクレジットカードについていて、
その枠内でお金をいつでも借りられるかたちになっていますね。

カードローンは、
銀行やノンバンクで発行される専用ローンカード。

これは、ショッピング枠がなく、借入専用です。

わたしとしては、カードローンのほうが利息が低い認識でした。
自分が持っているものがそうなので・・

利息が低いのは、
同じ銀行から住宅ローンや車のローンを借りているので、
利息の低減が行われているからかも。

キャッシングの方が本当は利息が安いのですね。

イメージだけでなくちゃんと調べて借りるのがよいようです。

-----------------------------------------------------
では、キャッシングと「カードローン」との違いは何でしょうか。

カードローンとは、銀行やノンバンクで発行される専用ローンカードで、現金を引き出すこと。最近テレビCMでよく見かけるのがこちらです。カードローンにはショッピング機能が付いてなく、あくまで現金借り入れ専用カードとなっています。カード会社の審査結果に応じた限度額の範囲で借り入れができます。借入限度額はキャッシングよりも高めに設定されています。

(ニフティニュースー- 2018年9月28日)
------------------------------------------------------------------

クレジットカード特典でアトラクション優遇

クレジットカードの特典というと、
まず空港ラウンジの利用というのが多く目につきますが、
わたしは飛行機をぜんぜん利用しないので、
そそるところがありません。

空港ラウンジに魅力を感じる人もけっこういると思うのですが、
そうでない人にもこれはと思わせる特典もたまにありますね。

ちょっと前にみたのは、
京都の旅行で特別な場所に入れるとか。

今回記事で見つけたのは、
USJで、フライングダイナソー内のラウンジ利用で、
3時間半待ちのアトラクションにすぐ乗れる、
という特典がありました。

搭乗に長時間の待ちがあるアトラクションも、
わたしは待ちが嫌いで乗ろうとは思わないのです。

しかし特典でそういったパスがもらえるとかあるなら、
ちょっといいなと思わせられますね。

-----------------------------------------------------


⇒USJに行くならJCBの上位クレジットカードが必須!ザ・フライング・ダイナソー内のラウンジを使えば、3時間半待ちのアトラクションに、すぐ搭乗できる!

 また、USJには「三井住友プラチナカード」で利用できる特典も用意されている。その内容は、USJのゲストサービスで「三井住友プラチナカード」と当日のチケットを提示すると、人数分の「エクスプレス・パス」がもらえるというものだ。

(ダイヤモンド・オンラインー- 2018年9月16日)
------------------------------------------------------------------

ショップカードは使うのを忘れる

クレジットカード、たまにショップのカードと
一体型になっているものを持つことはあったのですが、
いまは、どのカードでどう決済したかがわからなくなるので、
ほとんど持っていません。

過去に持っていたものは解約してしまったかも・・

忘れていると年会費がかかってきたりするんですよね。

ショップのカードはそのときは使っても、
そうそう年中使うわけではないので、
実際おとくになるかどうかよくわからないのです。

持っていないブランドがあるときは、
ショップのカードでそのブランドを万一に備えて補うという使い方はできるかもですが、
基本的にはわたしは今持っているカードだけで、十分ですね。

スーパーなどのクレジットカードと言えば、
イオンカードや、イトヨのセブンカードが有名ですが、
地方のスーパーなどの小売りも
独自クレジットカードを発行している例も多いですよね。

-----------------------------------------------------

フジ・カードサービスは10月1日、マスターカードブランドを搭載した「エフカクレジットカード」を発行する。

同カードは、フジ各店、エフカ加盟店に加え、国内外のマスターカード加盟店で利用できる。
クレジット利用分は支払方法にかかわらず、1回払いからエフカクレジットポイントが貯まる。
利用頻度の高い分割回数を中心に手数料を引き下げた。
家族カードとETCカードを用意。ファミリーポイント機能で家族のポイントをまとめることもできる。

(ダイヤモンド・オンラインー- 2018年9月12日)
------------------------------------------------------------------

クレジットカード付帯の旅行保険

クレジットカードの旅行保険、
あんまり意識したことはないです。

というのも、私自身、
ほとんど海外旅行へ出かける機会がないからです。

クレジットカードの海外旅行保険は、
そもそも付いていないクレジットカードが多いですし、
付いていたとしても補償が十分でないものもあります。

特に、クレジットカードがの年会費が無料だったり、
年会費が安いクレジットカードだと
付帯している海外旅行保険の補償内容や支払わける保険金が低く、
充分に安心できないものもあります。

ご自分が持っているクレジットカードに海外旅行保険が付いているからと言って、
保険内容を知らないまま安心していては危ないかもしれません。

ですので、海外旅行へ出かける方は、
ご自分のクレジットカードの海外保険内容を
もう一度見直してみるといいです。

-----------------------------------------------------

この数字を見ると意外と多く感じるが、対象とされる「事故」は、ケガや治療だけでなく、携行品の損害なども含まれている。

 筆者自身は、今まで海外旅行で事故に遭ったことはないが、筆者の知り合いには、車上荒らしの被害に遭った人、財布やスマホを盗まれた人、声が出なくなって入院した人などがいるので、この数字にも納得だ。

 さて、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険は、最高1億円の補償をアピールするものもあるが、この補償を受けられるのは「死亡・後遺障害」となった場合の話になる。

(ダイヤモンド・オンラインー- 2018年9月4日)
------------------------------------------------------------------

クレジットカードを安全に持つ

クレジットカードを何枚か持ち歩いていると、
お財布がかさばるなあと思いますし、
わたしが最近いちばん気になるのは、
カードの破損の心配です。

最近、知らないうちに磁気を発する持ち物が
増えているのではと思うのです。

例えば充電器とか、大丈夫なのかなと思います。

なんでも充電して使うことが増えたので、
以前よりこういった持ち物が多いんですよね・・

それでひとつにまとめられたらいいなと思いますが、
そういう意図で利用できる「OraSaifu」という商品があるようですね。

こういったものが使えれば、
省スペースにもなるし、
事故も起きにくそうです。

-----------------------------------------------------

名刺ケースのような「OraSaifu」には、自分の持っているクレジットカード情報をどんどん登録できます。容量は無制限だそう!で、決済の時に画面上に映るカードを選び、「OraSaifu」をICカードリーダーにタッチすれば、支払いを済ますことができます。

(TABI LABOー- 2018年8月24日)
------------------------------------------------------------------

お金の節約についての心構え

お金を節約するために、あたらしく貯金をする、
といったあたらしいチャレンジが大事な場合は確かにあります。

特にあたらしい目標に向かっていくような場合は、
はっきり使い道を決めての貯金は大切ですね。

ですが日々できることとしては、
あたらしいチャレンジよりもっと小さく考えるのも必要なようです。

たとえば時間を見計らって買い物をすると何かの特価品にあたるとか。

いつもは狙わない週末をねらってみると大売り出しがあるとか。

そういう細かなことは私はあまり意識していませんでした。

平日に時間がとれない人はどうしても、
そういった視野は広く持ちにくいですから。

でも節約のために観点を変えてみるのはいいことかもしれません。

-----------------------------------------------------

休日は込むからと、平日にしか家電量販店で買い物していない人は、「週末特価」の存在を知らないことになります。閉店前のスーパーを使ったことがなければ「見切り品特価」に出会えません(逆に早起きすれば「朝市特価」のお店に出会えることも)。あるいは、いつもと違うスーパーに足を伸ばすと、激安セールを発見できたりします。

(ライフハッカー[日本版]ー- 2018年8月24日)
------------------------------------------------------------------ 

記事検索
RSS
  • ライブドアブログ