クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

クレジットカードの審査落ちの理由

クレジットカードの審査に落ちるというのは、
どういう人が、と思うと、やはり、
収入が不安定というのは大きいでしょうね。

実際、それで通らなかった個人事業主がいましたし。

あと、携帯電話の利用料を滞納した場合、
それに含まれている機種代が借金の支払いになっていて、
それが払えなかったことでブラックリストに載った、
というのもありそうです。

若い人は携帯電話の利用料を払うのが当たり前で、
機種変更もなんども繰り返すのが当たり前だと思うので、
機種代を含んで支払う機会も多そうです。

知らないうちに、ブラックリストに
載っている可能性もありますよね。

あとは、クレジットカードの枚数が多すぎると、
最初についたキャッシング枠が大きくなりすぎて、
却下されることもあるのでは。

住宅ローンを決めるときに
キャッシング枠は影響があるので、
新しいカードをつくるときは
キャッシング枠をゼロにしておくのもよいのかも。

-----------------------------------------------------

借入金が多くなくても、保有しているクレジットカードの枚数が多すぎると、審査に落ちることがあります。クレジットカードのキャッシングやリボ払いの枠は、申込み時に利用していなくてもいつでも使えるようになっているので、年収にくらべて合計の枠が高額になる場合は、使っていないカードは解約してからのほうが審査には通りやすいでしょう。

(Yahoo!ニュース-ー- 2019年3月4日)
------------------------------------------------------------------


Appleのクレジットカード予定

Appleのクレジットカードが
発行されるという話があって、
どうやら本決まりの様子です。

アメリカで進んでいて、
年内に正式開始されるそうですね。

日本ではどうなるのでしょうか。
たぶん、日本でも発行するでしょうね。

Appleのクレカですから
当然iPhoneと連携が強力に行われそうです。

いまアップルペイで利用している人も、
iPhoneに提携したクレカができたら
そっちへ移行したくなるようなサービスも行われる気がしますね。

個人的な心配事とすれば、
あまりにもAppleに全情報を握られるので、
情報漏えいが芋づる式にされてしまったりはしないか、心配です。

決済とスマホはわかれていたほうが、
なんとなく安心な気もするのですが。

-----------------------------------------------------

米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は21日、米アップルが米金融大手ゴールドマン・サックスと提携し、クレジットカードの発行を計画していると報じた。数週間内に試行を始め、年内にも正式に開始する。

(毎日新聞-ー- 2019年2月21日)
------------------------------------------------------------------ 

楽天Payと楽天ポイントカード統合

楽天Pay、楽天ポイントカードのアプリ、
わたしも利用しています。

楽天Edyは、以前は使っていたのですが、
アプリが主流になってきたのに
iPhoneではアプリが利用できないので、
使わなくなってしまいました。

そして、楽天Payだと結局クレジットカード払いになるので、
もっと電子マネーらしいものがいいと思って、
今は楽天のものは使っていません。

にしても消すほどいらないわけではないので、
楽天と名前のついた似たようなアプリが
何種類もあるのはなんだかうるさい・・と思っていたので、

今回、統合されることになったようなのですが、
それは望ましいことだと思います。

無駄にアプリの数が増えても、
メモリも食うし、あんまりいいことないですからね。

-----------------------------------------------------

2019年3月18日、楽天が行った決算説明会にて楽天ペイ・楽天Edy・楽天ポイントカードが1つのアプリに統合されることが発表された。

楽天ペイは無料のスマホ決済アプリで、店舗にコードをスキャンしてもらうなどで支払うことのできるコード決済サービスだ。

楽天Edyは電子マネーで、残高をチャージをして決済に使うことことが可能だ。

(大人のクレジットカードー- 2019年2月15日)
------------------------------------------------------------------ 

ジャパネットのクレジットカード

テレビ通販で有名なジャパネットたかた。

そのジャパネットたかたには
独自のクレジットカードがあるそうです。

ジャパネットで商品を買うとき
このカードを使うと送料が無料になるとか。

これは遠方に住んでいる人には、
一度おおものを買うだけでも元が取れそうな特典ですね。

クレジットカード加入日の前であっても
60日以内に購入したものについては、
送料分がポイント還元されるというのは素晴らしいですね。

お客様をちゃんと大事にしようという感じがうかがえます。

あと、ショッピングクレジットも
分割手数料が無料だそうです。

36回まで手数料無料、
つまり3年かけて払っても金利手数料が無料とは、
ありがたいのではないでしょうか。

ジャパネットでお買い物する方なら
ぜひともおすすめなカードといえそうです。

-----------------------------------------------------

ジャパネットで商品購入の際に「ジャパネットカード」を使うと、送料が無料になる。例えば、冷蔵庫やマッサージチェアなど大きな商品の場合は、通常送料は4,860円となるので、かなり大きな違いだ。なお、カード加入日からさかのぼって60日以内に購入した商品の送料も全額ポイントで還元されるので、最近ジャパネットを利用した人は、いますぐにでも申し込みをしたほうがいいだろう。

(マイナビニュースー- 2019年2月5日)
------------------------------------------------------------------ 

PayPayの残高指定時挙動

PayPayはたいへん便利なものとして、
テレビCMで今も積極的に広告されています。

ですが、支払い金額の上限ができたり、
残高不足の時の対応が変わったりしているとか。

自動的にクレジットカードから
チャージされる電子マネーはたくさんありますし、
別に、自動的にカードから引かれることにしてもよいと思うのですが、
やはり、不正利用防止などの観点でしょうか。

支払い方法でPayPay残高を指定している場合、
チャージするか他の支払いを選択するかを
確認されるようになったそうです。

なんでも流れるように処理してほしいひとには
ワンステップのめんどくささですが、
事件など防止するためなら仕方ないと思います。

-----------------------------------------------------

PayPayは、支払い方法でPayPay残高を選択している際の、残高不足時の挙動を変更。PayPay残高にチャージをするか、他の支払い方法を選択するかを選ぶ、エラー画面が表示されるようになった。

変更は、1月28日にリリースしたバージョン1.8.0以降で対応。バージョン1.8.0以前では、PayPay残高が不足していた場合、Yahoo!マネー、メインのクレジットカードの順番で決済金額の全額が自動で支払われていた。

(Yahoo!ニュースー- 2019年1月31日)
------------------------------------------------------------------ 

クレジットカードの複数利用について

クレジットカードの複数枚利用については、
その人によって賛否がありますね。

きちんと使いこなしている人は、
利用金額や頻度をちゃんと自分で把握して、
最大限にそのメリットを生かせるように
工夫していると思います。

やっぱりきっかけとして多いのは、
キャンペーンでのポイントでしょうか。

今入会すれば、8000ポイント、といった感じのです。

そのポイントはもちろん、
そのカードで利用できるところでしか使えませんが、
リクルートポイントだとpontaへの切り替えができるし、
楽天であれば、楽天Edyへの交換ができたり、
それができなければ、
楽天Payで消費することはできます。

入会時に、紹介者へ1000ポイント、
とか、キャンペーンをやっているときを狙うと、
その後の利用状態を自分が把握さえできれば、
複数保有は個人的にはおすすめです。

-----------------------------------------------------

クレジットカードを複数持つことには、メリットもあります。
・ キャンペーンなどでポイントが手に入る
・ ポイントを最大限ゲットできる
・ ショッピングの幅が広がる
・ カードそれぞれの付加サービスを受けることができる
1番のメリットは、入会キャンペーンなどでポイントを最大限獲得できることです。
数千円~1万円分相当のポイントが付与される場合が多く、買い物の支払いに使うことができるので、直接的なお得感があります。
また、カードを使い分けることで、ポイント還元率を高くすることも可能です。

(Yahoo!ニュースー- 2019年1月21日)
------------------------------------------------------------------ 

モバイルSuicaとオートチャージ

モバイルSuicaは、
オートチャージなどでクレジットカード経由のチャージができますが、
これに登録しておくクレジットカードが、
以前であればビューカード以外のクレジットカードは
年会費が発生していたそうですが、
今回これが改善され、
ビューカード以外のカードも、
年会費無料でSuicaのチャージ元として登録できるようになったそうです。

これだと利用人口も増えそうな気がしますね。

ただ、いまだにわからないのが、
ビューカードに入っているSuicaと、
モバイルSuicaは同じものにはできないのかできるのかということです。

わたしはSuicaつきのビューカードなので
Suicaが必要ならそれで使っているのですが、
オートチャージではありません。

この点が解消できたら便利なのですが。

-----------------------------------------------------

Suicaを利用する上でネックとなるのが、混雑した時間帯にチャージをしようとしたら、券売機に列ができていたというシーンだろう。
モバイルSuicaのオートチャージ機能を利用することで、一切券売機に並ぶことなく電車を利用できる。

ビューカード以外のクレジットカードを登録するとモバイルSuicaに年会費が発生するというデメリットは、2020年2月より無くなることがわかっている。

(大人のクレジットカードー- 2019年1月17日)
------------------------------------------------------------------

PayPayキャンペーンの結末

PayPayでのお年玉キャンペーンでは、
ほんとうに多くの人がこれを利用し、
あっというまにキャンペーンが終わってしまう
という経緯がありましたね。

まだわたしは使っていないし、
身近でそういう話題になったことはないですが・・

しかし多くの人がこのキャンペーンをつかって
特典を得ようと努力していたのは確かです。

ただ、キャンペーンで得たはずのポイントなどを、
誰もが問題なく得られているわけではなく、
一部には、利用規約に反してしまい、
得られていなかった人もいるとか。

いちばん問題なのは、
キャンペーンのための文言を
まとめて確認していないということですよね。

他人のクレジットカードを使っては無効になることになっているのに、
お得を得るために例えば家族のカードを使うとか、
それでも当然ダメなわけです。

このへんは不可として受け取りできなかった人も、
文句はいえないと思います。

-----------------------------------------------------

PayPayの付与取消となったユーザーの取消理由として多くの割合を占めていると考えられるのが、「本人名義でないカードでの支払い(単一アカウントで複数名義のカードを利用する)」だ。

特に、未成年やクレジットカードを所持していない人々が、親のクレジットカードを登録したことで付与取り消しとなっていることが多いようだ。

(大人のクレジットカードー- 2019年1月11日)
------------------------------------------------------------------

ビッグエコーでPayPay対応

PayPayの話題、ほんとに多いですね。

その割には、まわりで利用している人には
まだ会っていなかったりしますが。

たぶん、私は地方都市に住んでいるので、
首都圏とか大都市ほどにはPayPayを使う人は少ないのかも。

年末になってきましたが、
カラオケビッグエコーで、
27日からPayPayでの決済がはじまるそうです。

忘年会その他で利用が決まっている人とか、
利用するときに話題のPayPay使ってみる機会になるのかも。

100億円あげちゃうキャンペーンは、
本当はこの年末にもかかる予定だったのですよね。
思惑がはずれた誰かが残念ですね。

それにしても、政府も押す形でのキャッシュレス化が、
スマホ決済サービスを広げることになるのでしょうかね。

私は、イマイチ、スマホ決済を使う気になれないでいます。

電子マネーを既に使っているし。

-----------------------------------------------------

26日、株式会社第一興商はカラオケルームのビッグエコー主要40店舗にて、27日からコード決済サービス「PayPay」の対応を発表した。

ビッグエコーの国内店舗数は2018年12月時点にて539店舗あり、今回対応するのは首都圏・近畿・札幌の主要店舗となる。

(@DIMEー- 2018年12月20日)
------------------------------------------------------------------

クレジットカード経由チャージのメリット

クレジットカード経由でのチャージポイント、
これは魅力があるものですが、
それをメインの理由にして
カードを乗り換えるほどではないかなと
個人的には思っています。

nanacoへのチャージにはポイントがついて、
楽天カードなど、違う種類のカードでも
以前であればチャージポイントがあったのですが、
今はなくなりました。

ほかにも、あってもチャージポイントの割が悪くなっているところもあります。

でもわたしがnanacoをつかっているのは、
なんといってもセブン系列のお店を使うことが多いので、
決済が便利だし、チャージも便利で、
おまけ的にキャンペーンで多めにポイントがつくこともあったりで、
特に不便ではなくむしろ少し便利度が高い、
という感じだからですね。

あんまりお得さにかまけて
本来のことと離れた理由で選択しても、
いいことは少ないのではと思いますね。

-----------------------------------------------------

nanacoを愛用する人は、チャージする際にポイントが得られるnanaco付きクレジットカードを好んで使う傾向にある。しかし、残念ながらnanacoチャージによる特典は、クレジットカード業界全体で縮小傾向にある。チャージポイントの還元率が下がったり、チャージポイント自体が廃止されたりしていることを、ご存知の方も多いのではないだろうか。

(@DIMEー- 2018年12月20日)
------------------------------------------------------------------
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ