クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

Suicaへのチャージでお得感

Suicaへのチャージは、
わたしはビューカードを持っていて、
それに付随しているSuicaを使っています。

だから何も考えずに、
Suicaへはオートチャージにしているため、
あんまりポイント付与とかは
考えたことがありませんでした。

どのくらいのポイントバックがあるんでしょうね?

それはともかく、ビックカメラSuicaカードは、
チャージすると1.5%のポイントがつくそうです。

モバイルSuicaとどちらでもチャージできるというのはいいですね。

年1回でもチャージすれば年会費も無料になるので、
年会費はあまり意識しなくてもよさそうですし、
なかなか魅力的ですね。

Suicaは、交通費として使えるのもそうですが、
コンビニや駅構内のお店など、
お買い物できる範囲がとても広いのが魅力です。

ほかのがダメでもSuicaだけは大丈夫というお店も結構あります。

楽天とのコラボも話題ですし、
今後Suicaにしぼっていくのもいいかもしれないですね。

-----------------------------------------------------

【ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント】
電子マネー「Suica」利用者がもっとも得するカードがコレ!「Suica」と「モバイルSuica」のそれぞれにチャージ可能で、通常還元率は1.0%、Suicaチャージ時は還元率1.5%と高還元! 初年度は年会費無料、2年目以降は年会費477円(税抜)だが、年に1回でもカード決済をすれば次年度の年会費が無料に!

アップルカードで買えないもの

既報の通り、銀行大手チェースは
仮想通貨の購入がキャッシングに当たるかどうかをめぐる集団訴訟に直面している。

原告側は、キャッシングに当たらず、
キャッシニングの手数料を課せられるのは不当と訴えている。

わたしは仮想通貨については、
なんにも知らなくて、
自分で使おうとも思ったことがないままでした。

投資と同じような考え方で、
仮想通貨の価値は上がったり下がったりするみたいですね。

しばらく前に、
仮想通貨が大暴落したとかで
ネット上の有名な方が大変だったりとか、
そういうのもただみていたばかりです。

アップルが今度出すクレジットカードでは、
仮想通貨が購入できないそうですね。

普通、クレジットカードで買うものはモノだと思うのですが、
キャッシングと同等の現金同等物、は、買えない、とのことですよね?

宝くじもダメなようです。

わたしがもっているクレジットカードでは
普通に宝くじがいま買えている気がしますが、
米国のほうでそういったものに厳しい、
ということでしょうか。

-----------------------------------------------------

アップルがゴールドマンサックスが共同で開発しているクレジットカード「アップルカード」では仮想通貨が購入できないことが分かった。

「キャッシングと現金同等物とは、すべてのキャッシングや他のキャッシュに関する取引を意味する。例えば、トラベラーズチェックや外国通貨、仮想通貨、マネーオーダー、P2P送金、銀行間の送金、キャッシュのような取引、宝くじ、カジノゲームのチップ、レースでの賭けなど賭けに関する取引全般が含まれる」

(コインテレグラフ・ジャパン-ー- 2019年8月3日)
------------------------------------------------------------------ 

Amazonポイントに有利なカード

Amazonのポイントがお得にたまるカードというと、
Amazonのデザインが入った
Amazonクラシックカードがまっさきに思い浮かびます。

がそれだけではないようですね。

JCBカード W、WPlusというのがあって、
これは、その名の通り、
JCBのカードですが、
Amazonのポイントが多く獲得できるキャンペーンがあるそうです。

Amazonではわたしは、主に書籍ばかりを買っています。

たまに、普通の日用品を買うときには
よほど安売りだったりしていれば買います。

ただ、プレミアム会員なので、
いつセールになるかとか、
カードを持っているとお得なキャンペーンがあるかとかは、
結構チェックしていたいほうなので、
ふだんから注意しています。

そのうち、大き目な買いがあるときなどをねらって、
そういったキャンペーンが行われるカードがあるなら
見てみないといけないですね。

Amazonクラシックカードを普通に使っているだけだと、
なかなかポイントはたまらないので・・

-----------------------------------------------------

 2019年7月1日~12月31日までに「JCB CARD W」または「JCB CARD W plus L」に申し込むと、入会後3カ月間は、獲得できるJCBのOki Dokiポイントが10倍(=還元率5.0%!)となる。ポイント10倍(=還元率5.0%)になるのは合計30万円の利用までで、上限を超過した分はポイント4倍(=還元率2.0%)となる。

 さらに「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は、2019年7月31日まで、Amazon利用分は+1倍のポイントを獲得できるキャンペーンも実施している。

(ダイヤモンド・オンライン-ー- 2019年7月7日)
------------------------------------------------------------------

イオンカードのキャッシュバックキャンペーン

いま、〇〇ペイで盛んに
ポイントバックキャンペーンをやっていますが、
クレジットカードでも
ポイントバックキャンペーンがあるとうれしいですね。

楽天市場ではよくポイントアップをやっていますが、
ひとつひとつが多額でなくても、
こまこまとお買い物でポイントバックや、
ポイントアップがあると、
いつも使うサービスであればあるほど、
チャンスが増えるのでお得です。

イオンカードでは、
新規入会と、利用金額の最大10万円までの
キャッシュバックをはじめるとか。

キャッシュバックであれば、
なおさらお得感が高いし、
新規入会でのサービスは、
これから使っていこう、
メインカードにしようという気持ちにもなるので、
一挙両得かと思います。

-----------------------------------------------------

「イオンカード」は、2019年7月1日(月)~9月30日(月)に新規入会して、対象の利用期間に決済すると、利用金額の最大20%分(最大10万円)をキャッシュバックするキャンペーンを始めた。

 「イオンカード」に新規入会して、引き落とし口座をイオン銀行に設定したうえで、イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」からキャンペーンにエントリーすると、利用対象期間の利用金額を最大20%キャッシュバックする。

(ダイヤモンド・オンライン-ー- 2019年7月12日)
------------------------------------------------------------------

スマホ決済の安全性に問題?

LINE Pay、PayPayと、
スマホ決済が次々登場している感じで、
7Payについても、
かなり話題になっているし、
いつもセブンを使っている身としては、
さっそく入れてみようと思っていた矢先に、
不正ログインの被害が相次いでいるというニュースが飛び込んできました。

クレジットカード、デビットカードからチャージできるのは、
こういった電子マネーの
お手軽な使い方の基本だと思うのです。

ただ、LINE Payについては確か、
カードからのチャージはできないですよね。

もしかして、不正使用のリスクを軽減するために、
チャージできなくしているのでしょうか?

不便だなと思っていましたが、
リスクを軽減するためであれば、
実際の被害を聞いてしまうと、
仕方が無いのかもという気がしてきますね。

勝手に使われていることがわかって、
それで初めて気が付くのは恐ろしいので、
便利なのばかり追求してもダメなのかもしれないと考えさせられました。

-----------------------------------------------------

 モバイル決済サービス「7pay」で不正ログインの被害が相次いでいる問題で、セブン&アイ・ホールディングスは7月3日午後、クレジットカードとデビットカードによる7payへの電子マネーのチャージを一時停止した。再開時期は未定。

(ITmedia-ー- 2019年7月3日)
------------------------------------------------------------------

カード番号は組織の規格

クレジットカードの契約やサービスに関しては
結構知る機会が多いですが、
カードに書かれている内容については、
あんまり考えたことがなかったです。

せいぜい、ブランド、
有効期限程度ですよね、
把握しておきたいのは。

カードの番号は、
カードの種類によってケタ数が違うようです。

Visa、Master、JCBが16桁、
アメックスが15桁・・
数字の区切り方も違うのですね。

こういった規則性や番号の振られ方を分析できてしまうと、
もしかして、カードの偽造に役立ててしまっていることも?

ISOの国際規格にそっているとのことですが、
それだけに、想定が成されてしまいそうで不安な一方、
きちんと管理がされているのだなあという安心感も少しあります。

-----------------------------------------------------

カード番号の桁数はVisa、MasterCard、JCBは16桁、アメックスは15桁、ダイナースクラブは14桁です。番号は区切られて表記されており、Visa、MasterCard、JCBは「4・4・4・4」、アメックスは「4・6・5」、ダイナースクラブは「4・6・4」の区切りとなっています。

番号の付け方は「ISO/IEC 7812」という国際規格に従ったもので、最初の6桁でカード発行会社やカード名などがわかるようになっています。つまり同じ種類のカードなら先頭から6桁までは同一の数字です。

(ZUU online-ー- 2019年6月16日)
------------------------------------------------------------------

Apple Payへのクレカ登録

Apple Payへのクレジットカード登録、
わたしもやってあります。

クレジットカードは2枚登録してあり、
最初は使い分けるときどうやるのだろう?
と思っていましたが、
同一画面に重なって表示されるので、
選択ができていいですね。

そしてたぶん、
操作する端末側に告げたカードが
選択されるようになっているのでしょう。

複雑な思いをしなくても
ちゃんと目指すカードが使えるのは便利です。

しかしネットがつながっていないとか、
AppleIDでログインしていない場合は、
カード登録の手続き自体がうまくいかない場合があるのははじめて知りました。

Wi-Fiがつながっているのが
かなり当たり前になっているので、
もしかして盲点になるかもです。


-----------------------------------------------------

Apple Payへのクレジットカードの登録は、iPhoneにログインしているApple IDに紐づいて行われます。
そのため、正しくApple IDでログインしていないと登録ができない場合があります。
Apple IDでのサインインの方法は、「設定」>「iCloud」と選択してApple IDとパスワードを入力します。

(bitWave-ー- 2019年6月3日)
------------------------------------------------------------------

Yahoo!カードとPayPay

PayPay、LINEPayなどと、
スマホのコード決済ですが、
今のところ、わたしはうまく使えていません。

他の電子マネーはそれなりに使っているのですが、
チャージが銀行口座ひも付きで、「
チャージ」という動作をしなくてはならないのも面倒ですし、
かといってオートチャージを計画的に使う自信がないというか、
オートチャージ額はクレジットカードの履歴を見ればわかるようにしておきたいこともあって、
口座からのチャージをさせる気にならないのです。

しかしPayPayは、Yahoo!カードからのチャージができるそうですね。

それは知りませんでした。

Yahoo!からの告知があって
PayPayを使いはじめたときがあったのですが、
それっきり使わなくなっていたのです。

Yahoo!カードとPayPayを紐づけて使えるのなら
私も、もう一度PayPayを使うことを考えてもいいかも。

-----------------------------------------------------

『PayPay』は基本的に銀行口座からのチャージにしか対応していませんが、唯一、「Yahoo!カード」からのみチャージすることが可能です。
「Yahoo!カード」は『Yahoo! JAPAN』のサービスがお得に使えるクレジットカードです。
ようするに『Yahoo! JAPAN』によるクレジットカードと思えばokです。

だから、このクレジットカードのみ『PayPay』へのチャージに利用できます。

(AppBank-ー- 2019年6月3日)
------------------------------------------------------------------

エポスカードの魅力と作り方

私はクレジットカードを5枚ほど持っていますが、
エポスカードは持っていません。

エポスカードは竹野内豊のCMでも知っていましたが、
エポスカードってすごくお得度が高いクレジットカードでもあるんですよね。

エポスカードはマルイのクレジットカード子会社が発行しているので
マルイでの買い物時にお得なのはもちろんですが、
マルイ以外にも全国で5000店の優待店があって
カードの提示などで割引がされるし、
海外旅行保険も付いているしで、
年会費無料クレジットカードなのにカードスペックが高いんです。

それと、エポスカードはマルイが近くにある人なら、
申し込んだ当日中にクレジットカードの発行をしてもらえるので、
急ぎでクレジットカードを作りたいという人にも人気らしいです。

そういうエポスカードの魅力や作り方について紹介されているのが
「エポスカードの作り方(申し込み方法)」というサイトさんです。

ちなみに、エポスカードの割引き優待店には、
ビッグエコーやシダックス、ロイヤルホストなどがあるので、
これらのお店を利用する方はけっこう節約に役立つカードにもなります。

それと、近くにマルイ店舗がある人なら、
ネットから申し込み後に、審査に通ったら
その日のうちに、店舗にあるカードカウンターで
エポスカードを受け取ることができます。
(即日発行できるということです)

dカード利用だと最大5%

コンビニでの支払いを電子マネーでする場合、
そのコンビニがセブンならnanacoで支払うのがいちばんで、
イオン系ならWAONですよね。

関連するスーパーと共通で使えて、
たまったポイントも両方で使えるというのは、
いつも同じ系列を使っている人にとって
はお得にできているので、
買い物は一種類の電子マネーを使うのが理想です。

でもわたしの場合は、nanacoを使うのですが、
クレジットカードがセブン系のカードを持っておらず
これ以上クレジットカードを増やしたくないので、
nanacoには違うクレジットカードを紐づけており、
オートチャージができないのがネックで、
今はnanaco決済をしていません・・
ちょっともったいないなと思っているのですが・・

しかし最近は、メルペイを利用することがたまにあり、
そうなるどiDを使う機会も増えてきました。

しかも、dカード利用だと、
iDがさらに最大5%還元になるコンビニもあるそうですね。

dカード利用も考えてみるのもいいかも。

-----------------------------------------------------

・コンビニでの買い物が多い場合はdカードで最大5%還元
毎朝コンビニでコーヒーを買う、夕食はたいていコンビニでお弁当を購入している、といった場合には、コンビニと提携しているクレジットカードを選びましょう。NTTドコモのdカードでは、主要コンビニ各社で1~2%還元されます。さらに電子マネーiDを利用することで、最大5%還元になるコンビニもあります。年会費は初年度無料、その後も前年に1回でも利用していれば無料です。貯めたポイントはdポイント加盟店やドコモの支払いに利用できます。コンビニでクレジットカードを利用するのは、ポイントの多重取りの基本です。

(ZUU online-ー- 2019年5月21日)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ