クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

法人税をクレジットカードで納める

法人といっても、
個人事業者から法人になった方などは、
個人とは比較にならない税金の種類や金額に、
ほんろうされている人もいるのでは。

わたしは個人事業をやっていたことがありましたが、
青色申告で確定申告をするとき、
たいした納税をするわけでもないのに、
なかなか面倒でした。

そのときよりも今は、
納税の方法がかなり多くなって、
利便性があがっているのを感じます。

法人税はカードで納税するのも一般的になってきたのでしょうか?

法人カードで納税すると、
いろいろなメリットがあるようなのですが、
時間にしばられずいつでも納税できるのがいいですね。

日中のいい時間になかなか納税できず、
先延ばしにしていてもいいことはありません。

夜間や休日にしか時間が確保できなくても、
カードで時間に限らず納税できるのは本当にメリットだと思います。

そういった感じで、ルーズになりがちな納税をきちんと行うのは、
義務でもあるし、できるだけ楽に行いたいものです。

-----------------------------------------------------

法人カードで納税するメリットは?

24時間いつでも税金を納付できる
法人カードを利用することで、24時間いつでも税金を納めることができます。
夜間や休日にしか時間を確保できない場合でも、慌てずにスムーズな納税が可能となるでしょう。
24時間全てが納付のタイミングとなれば、計画的な納税スケジュールを設定しやすくなります。
それは納付忘れなどのリスクを低減させることができるので、会社経営や個人事業においてはメリットが大きくなるでしょう。

(BITDAYS 2019/11/29)
-----------------------------------------------------

家電を買って得するカード

家電を買うときに利用するクレジットカードは、
なんといってもそのお店のカードですね。

お店独自のカードを利用すると、
付随するサービスが同時にもらえたりして、
ちょっと得をすることも多いです。

カードを持っている人だけのサービスポイントなどもあったりします。

「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカード」は
ショップ独自のカードで家電製品を買うときは、
ヤマダ電機のANAマイレージというのが貯まり、
そのカードだと、ヤマダの独自ポイントが確実にたまるし、
ずっとポイントを貯めていける永久不滅ポイントもちょっとずつですが貯まります。

現金決済で値引きがいい人もいるとは思いますが、
ポイントとかも考えれば
カードで決済したほうが絶対いいと思います。

-----------------------------------------------------

ヤマダ電機の利用時におすすめなのが、「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカード」です。
購入時にはヤマダポイントが最大10%、永久不滅ポイントが0.5%貯まるので、最大で10.5%のポイント還元が実施されます。
貯まったポイントはANAマイル、Edyなどに変換できるため、生活環境に合わせてポイントの利用先を選べるのがメリット。
有効期限のない永久不滅ポイントが貯まっていくので、好きなタイミングで交換できるのが魅力です。

(BITDAYS 2019/11/22)
-----------------------------------------------------

OrigamiPayの3%オフキャンペーン

〇〇Payが乱立してきていて、
しかも今度、Yahoo!とLINEが提携したとか・・

そうなると、
paypayとLINEpayが合体するのか?
といった想像もなされますね。

これ以上スマホ決済方法が増えていくのは、
できれば勘弁してもらいたいです。

いくら、ポイント還元などがお得といわれるといっても、
そのために環境を変えたりする手間を考えると躊躇しますし、
といって知っているのにお得なほうを導入したいし・・

あんまり振り回されるのも困りものですよね。

名前がたまにあがるOrigamiPayは、
意外と古く、2015年からあるのだとか。

これは、金融機関やクレジットカードと
紐づけるタイプでは古いほうといえますね。

わたしの印象では、
派手なキャンペーンはこれまで打っていないように思いますが、
今度、いつでもその場で3%オフというキャンペーンがあるそうで、
これではじめて注目する人も少なからずいそうに思います。

-----------------------------------------------------

Origamiアプリは利用時にポイント還元でなく、即時割引を受けられることが特徴。還元率はこれまで何度か変更が行われてきたが、2019年10月から2020年1月末日までの期間は、「いつでもその場で3%OFF」キャンペーンとして、金融機関口座から支払う場合は3%、クレジット/デビットカードから支払う場合は1%が割引される。

(マイナビニュース 2019/11/08)
-----------------------------------------------------

適度なクレジットカードの利用枚数

クレジットカードを何枚まで持つのが現実的か・・・

ショップなどでお得になりますよと言われて、
ついカードをつくるというパターンは確かにあります。

でも最近減ってきたかも。

なぜなら、やはり枚数を多く持ちすぎても
管理ができないので、
自分で気を付けるようになったからです。

わたしの場合はぜんぶで4枚です。

ビューカードと、楽天カードと、
リクルートカードと、ジャックスカード。

それぞれのブランドを変えて、
3つのブランドをカバーできるようにしています。

そうしておくと、カードが使えないという事態を防ぐことができます。

そして楽天カードは、楽天を中心としたネットショップで利用します。

楽天カードは、
実店舗での買い物でのポイントが小さいからなのですが、
たまに、楽天ポイントがつく実店舗があって
そういうところは、キャンペーンで、
今ならちゃんと数倍つくようになっていたりもするので、
たまにWebサイトをのぞくのは、
利用者のお得という意味でもおすすめですね。

Web明細をみるだけではなく、
ポイントチェックにも便利です。

-----------------------------------------------------

「お気に入りの店舗でお得になるし、よく利用するカードだから手放したくない」などと大事に思えるカードに絞れば、WEB明細も自然と確認しようと思うもの。WEB明細を定期的に確認できれば、無駄な出費に気づくことにもつながり、貯めたポイントを有効活用できて、その分お金が貯まるようになります。

(マイナビニュース 2019/11/08)
-----------------------------------------------------

セゾンカードでオンライン本人認証

クレディセゾンのクレジットカードを新規で申し込む際に、
オンラインで本人確認できる仕組みが整ったのだとか。

これ、業界初と書いていますが、
それはどこだったらそうなのでしょうね。

ネットに関連した企業のサービスで
カードなどは、今もわりと
オンラインで本人確認をしてくれるところが多いのですが。

金融業界とカード業界などはまた違うのかも?

でも以前は、店頭ではできなかった本人確認。

今度それをオンラインでできるのであれば、
確実に顧客数が増えそうです。

わたしは電子マネー決済を受ける側ではないですが、
それを仕切ったり、
実際に動いたりするひとたちの中には、
わりと長く身をおいているので、
もし実際と手続き上が違っていたらどうしよう・・という感じで、
ちょっと自信がありません。

けれども、この、写真を使った本人認証は、
今はもうかなりのお店で取り入れられていると思うので、
これを使って手軽に口座開設できるメリットは大きいと思います。

-----------------------------------------------------

株式会社Liquidは、2019年10月23日から株式会社クレディセゾンのクレジットカード申し込み時の本人確認サービスとして、オンラインで本人確認を完結する「LIQUID eKYC」を導入しました。

「LIQUID eKYC」は、2018年11月30日付けにて施行された犯罪収益移転防止法施行規則に基づく、オンラインで本人確認を完結するeKYC(顔・写真付き本人確認書類の画像情報の送信を受ける方法(改正規則6条1項1号ホ))に対応し、スマートフォンのカメラで写真付き本人確認書類や顔を撮影するだけで本人確認が可能になるものです。

(時事通信 2019年11月2日)
------------------------------------------------------

エポスカードの魅力と作り方

私はクレジットカードを5枚ほど持っていますが、
エポスカードは持っていません。

エポスカードは竹野内豊のCMでも知っていましたが、
エポスカードってすごくお得度が高いクレジットカードでもあるんですよね。

エポスカードはマルイのクレジットカード子会社が発行しているので
マルイでの買い物時にお得なのはもちろんですが、
マルイ以外にも全国で5000店の優待店があって
カードの提示などで割引がされるし、
海外旅行保険も付いているしで、
年会費無料クレジットカードなのにカードスペックが高いんです。

それと、エポスカードはマルイが近くにある人なら、
申し込んだ当日中にクレジットカードの発行をしてもらえるので、
急ぎでクレジットカードを作りたいという人にも人気らしいです。

そういうエポスカードの魅力や作り方について紹介されているのが
「エポスカードの作り方(申し込み方法)」というサイトさんです。

ちなみに、エポスカードの割引き優待店には、
ビッグエコーやシダックス、ロイヤルホストなどがあるので、
これらのお店を利用する方はけっこう節約に役立つカードにもなります。

それと、近くにマルイ店舗がある人なら、
ネットから申し込み後に、審査に通ったら
その日のうちに、店舗にあるカードカウンターで
エポスカードを受け取ることができます。
(即日発行できるということです)

majica利用が他店に広がる

ドン・キホーテでの電子マネー利用は、
今のところmajicaしかなく、
不便だなあと思っています。

わたしはドンキ、
それほど頻繁に使わないので、
他の電子マネーを使いたいのです。

しかし、ドンキの電子マネーは、
クレジットカードまで整備しないとチャージがたいへん不便で、
そこがネックになっていて、
利用しようという気になりませんでした。

いつか他の電子マネーを取り入れてくれないかと思っていたのですが、
逆に、アピタ、ピアゴというユニーのスーパーで利用できるようになっていくのだとか。

こっちに参入させるのではなく、
majicaを広げるなんて、
さすがドンキですよね。

こうなってくると、
majicaは店頭でのクーポンなどが豊富なようだし、
そろそろ使い始めてみるのもいいかな・・・
という気持ちにさせられます。

-----------------------------------------------------

2020年春より、majicaは「アピタ」「ピアゴ」でも利用できるようになります。
これに伴い、ユニーの電子マネー「uniko(ユニコ)」は2020年4月30日(木)をもって店舗における利用は終了となります。なお、unikoのカード販売は12月31日(火)、チャージは2020年3月31日(火)で終了予定。一部サービスはmajicaへ移行されます。

(BITDAYS 2019年10月22日)
------------------------------------------------------

dカードはドコモユーザーにお得

dカードは、ドコモユーザーなら
絶対お得に使えるクレジットカードだそうで、
よくその評判がネットに書いてあるので、
ちょっと気になりますね。

dカード利用で
1%のポイントが得られる、
といったいくつかの特典の上に、
今は、消費税10%の影響をうすめるための
クレジット還元がついています。

なので、3%オフとなり、
結果として5%お得になることに・・

これはなかなかよいお得加減ですよね。

クレジットカードによる還元は、
あくまで今の暫定的なものであり、
今の所、来年の6月までの期間限定です。

なので、ずっとこの率でいくわけではないですが、
ドコモユーザーであれば、
それを通信費にあてることができたりと、
付随するさまざまなよいことがあるようなので、
持っておいて損はないのだろうと思います。

-----------------------------------------------------

ローソンでの利用が現在、すごくお得です。

dカード、dポイントカード提示で1%ポイント還元
dカード決済で1%ポイント還元
dカード決済で3%オフ
となるので、合計で5%得をするようになっています。

この特典はいつ終わるかわからないので、今のうちにたくさんお得に買い物をしておきましょう。

(bitWave 2019年10月11日)
------------------------------------------------------

Pay決済の不正利用は大丈夫?

クレジットカード情報が漏れたことは、
わたし自身はありません。

何度か、登録していたショッピングサイト的なところの
情報漏えいが問題になって、
パスワードを変更したり、
といったことはありましたが。

実際に漏れて、
そこにカード会社が気がつくと、
ちゃんと連絡がきた人が多いようです。

あなたのカードが違う国で使われましたが、
これはあなたですか?みたいな感じで来るとか。

それは頼もしいですよね。
きちんと監視しているのだという感じがします。

いまはさまざまなアプリなどで、
直接銀行口座と紐付けて、
電子マネーを使うことができたり、
クレジットカードと紐付けられたり、
たいへん便利です。

かつて、現金チャージしかなかったときの電子マネーでは
普及するわけもなかった便利さが、
いまは現実のものになったため、
いま抵抗のある人でも、
仕組みを知って一回使えば、
たぶん便利だと思うのではないでしょうか。

ただ、カード会社が真剣に情報と取り組んでいるのと同じくらい、
銀行もやってくれているのかなという不安がちょっとあります。

クレジットカード経由だと、
漏洩したときにそのように監視がありますが、
Pay決済で銀行口座から直接やられたりすれば、記
帳するまではこちらでわからないですし、
やられた分は保証してくれるのかが気になります。

-----------------------------------------------------

個人情報保護法やクレジットカード業界が制定するグローバルセキュリティ基準「PCI DSS」は、事業者に対して「不要な情報を持たず、必要な時期が過ぎたら速やかに削除すること」を定めています(2017年に施行された改正個人情報保護法においては「削除義務」とされています)。もし、先ほどカード情報を削除したアプリが漏えい元だった場合、私が自主的にカード情報を削除したことで、システム上「漏えい対象者」から外れるようなことは起こりうるでしょうか。

(ITmedia 2019年9月30日)
------------------------------------------------------ 

dカードの年会費がなしに

dカードは、iDと紐付けて、
ドコモ利用者が使うイメージだったのは
だいぶ前の話になりましたね。

消費税のあがる10月1日から、
dカードの年会費を無料にすることにしたそうです。

以前は2年目以降は1250円・年1利用で無料、
というカードでしたが、
今度はそういう差がなくなるのだとか。

ドコモ利用者ならもちろんですし、
iDとメルカリの紐付けなどを考えると、
ドコモじゃない通信事業者を使っていても、
もしかしたらメリットがあるのかもしれないです。

いまちょうど、電子マネー、スマホ決済は過渡期になっていて、
ポイント還元などに一般の人たちが目を向け始めたところ。

そうなるとやはり、
自分が利用している通信事業者の案内がきっかけて、
ポイントを得るようにシフトしようとする人もいそうです。

そういう中で、
どう選択肢になるか、
各企業も考えているのでしょう。

-----------------------------------------------------

 ドコモは、2019年10月1日(火)から「dカード」の年会費を永年無料に変更することを発表した。従来は、初年度無料、2年目以降は1250円(税抜)で年1回の利用があれば年会費無料のクレジットカードだったが、10月以降は永年無料となる。なお、新規入会する場合は、2019年9月16日の入会分から、年会費は永年無料となっている。「dカード GOLD」の年会費に変更はない。

(ダイヤモンド・オンライン 2019年9月28日)
------------------------------------------------------ 
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ