クレジットカードと電子マネーのお得

クレジットカードや電子マネー利用でポイント等をお得に得るための情報など

家賃や光熱費のカード払いについて

クレジットカードで家賃を払うには、
大家さん側にカードで支払わせるメリットがないと、
ただ手数料がかかるだけになると困るだろうと思っていたのですが、
大家さん側のメリットは、未払いが防げるということなのですね。

家賃にせよ光熱費にせよ、「未払い」は困ります。

ずっと回収のために追いかけるのはたいへん手間がかかりますし、
時間もムダになります。

そういうことに苦労した経験のある大家さんなら、もしかして、
そのくらいのお金を払っても、保証料くらいに思って、
メリットがある、ということなのかも。

支払う側としても、
アパートやマンションの家賃は
それなりに高額になりますので、
家賃支払いで得られるクレジットカードのポイントも魅力です。

例えば、家賃が7万円だと、
ポイント還元率1%のクレジットカードなら、
700円分のポイントが貯まります。

12ヶ月だと8400円分のポイントが得られるのはお得す!

------------------------------------------------------

 光熱費や税金など、カード決済できるものが増える中、家賃をカード払いできる物件も増えている。

「クレカ払いにするには、大家さんや不動産会社が、カード会社に手数料を支払う必要があります。とはいえ家賃の未払いなどの未回収リスクを考えて、手数料を払ってもかまわないというオーナーが増えているようです。クレカ払いにすると、そこはカード会社が代行してくれます。入居時もカード会社が審査することで、信用できる人が選べます。入居する側としてはカード決済前提で物件を選ぶ人は少ないでしょうが、不動産業界ではクレカ払いできる物件が増えています」(岩崎さん)。

 不動産会社によっては、普段使っているクレカで支払えるものもある。賢く活用したい。

(@DIME 2018/2/14)
------------------------------------------------------------------

エポスカードの魅力と作り方

私はクレジットカードを5枚ほど持っていますが、
エポスカードは持っていません。

エポスカードは竹野内豊のCMでも知っていましたが、
エポスカードってすごくお得度が高いクレジットカードでもあるんですよね。

エポスカードはマルイのクレジットカード子会社が発行しているので
マルイでの買い物時にお得なのはもちろんですが、
マルイ以外にも全国で5000店の優待店があって
カードの提示などで割引がされるし、
海外旅行保険も付いているしで、
年会費無料クレジットカードなのにカードスペックが高いんです。

それと、エポスカードはマルイが近くにある人なら、
申し込んだ当日中にクレジットカードの発行をしてもらえるので、
急ぎでクレジットカードを作りたいという人にも人気らしいです。

そういうエポスカードの魅力や作り方について紹介されているのが
「マルイ・エポスカードの作り方(申し込み方法)」というサイトさんです。

ちなみに、エポスカードの割引き優待店には、
ビッグエコーやシダックス、ロイヤルホストなどがあるので、
これらのお店を利用する方はけっこう節約に役立つカードにもなります。

ユニーが吸収合併

ユニーは確か、愛知や東海地方を主に展開するスーパーだと思いますので、
地域的に私は利用する機会はないのですが、
ユニコという電子マネーがある、会社ですよね。

電子マネーの会社がどこかを買収して、
その会社でも電子マネーを使えるようになる、
というとき、
いちばんユーザーが気になるのは、
これまでずっと使ってきたひとの電子マネーが、
どうなるのかという点だと思います。

わたしは今まで、そういう立場になったことがないですが、
たぶん不安になるでしょうね。

これまで貯まったポイントとか優遇措置とかがどうなるのか、
わたしだったら、半年くらい前から教えてもらって、
ユーザーとしてどういう選択をするか、
決める期間がほしいと思います。

------------------------------------------------------

ユニーとUCSの一体性の強化によるシナジーの拡大とUCSにおける機動的な意思決定を可能とする体制を整備することで、両社のさらなる企業価値の向上を図ることができるとの考えで両社の見解が一致したという。

UCSにおいて、総合小売業であるユニーと一体となったキャッシュレス化や決済手段の変革などに必要となる新たな技術革新のためのシステム投資といった中長期的観点に基づいた検討を行うことが可能となり、UCSにおける中長期的な金融サービスの強化を目指す。

(流通ニュース 2018/2/6)
------------------------------------------------------------------

ポイントと利息の比較の疑問

銀行の預金の金利は安く、0.01%。

クレジットカードのポイント還元率は、
現金に換算したときの預金金利よりどのくらい得かを考えたら成功する、
という考え方をたまに見かけるのですが、
それは、クレジットカード利用によるポイント還元を正当化するというか、
使っても大丈夫という理屈にしているだけのような気がします。

預金の金利は預ける金利なので、
元のお金は自分のものです。

カードで使うお金は使ってしまい、
お金は自分のものではなくなり、
ポイントが返ってきます。

その代わりにクレジットカードで購入した
「モノ」という資産は増えますが。

お金を使うのと預けるのの返ってくるのを
並列に比べてはいけないですよね。

------------------------------------------------------

クレジットカードを比較検討する際に重視する一つ目のポイントは、利用金額に応じてポイントがたまる還元率だ。大手銀行の定期預金の金利は0.01%。100万円を1年間預けても、受け取れる利息はわずか100円(税引前)だ。

クレジットカードを利用して得られるポイントの還元率が、現金に換算した時に預金金利を上回るポイント還元を受けられるかという点は必ず頭に叩き込んでおきたい。

(ZUU online 2018/1/30)
------------------------------------------------------------------

クレジットカード決済は簡単便利

クレジットカードでの支払い方法をとる機会は、
わたしの場合はいちばん多いのが、ネットショップです。

特に、提携カードのショッピングモールでは、
確実にクレジットカードを利用します。

なぜなら、ほかの方法を選ぶ理由がないからです。

クレジットカードで払うほうが、ポイントがたまるし、
手数料も手間もかからないので、
コンビニ決済をすると発生する、
出かけて支払うという手間ももったいなくなってしまいます。

だから自然なことだったのですが、
いまもそうでもない人がいるようですよね。

クレジットカード情報が漏えいするというニュースがときどき流れるので、
カード決済はこわいというイメージがあるのかも。

それは確かに、リスクがあるので、仕方ないですね。

------------------------------------------------------

まず、直近1年間のオンラインショッピング利用回数について尋ねたところ、「20回以上」(25.8%)との回答が最も多く、次いで「10~19回」(22.8%)、「4~5回」(13.8%)の順に。オンラインショップを「10回以上」利用した人の割合は5割弱に達した。

 支払方法については、「クレジットカード」が86.6%、「コンビニ決済」が16.6%、「インターネットバンキングでの銀行振込・郵便振替」が10.2%、「代金引換」が9.2%という結果に。さらにオンラインショッピング利用回数が多いほど「クレジットカード」で支払う人の比率が高くなっている。

(通販通信 2018/1/22)
------------------------------------------------------------------

クレジットカードの年会費

クレジットカードの年会費は、
普段は意識することはないですが、
わたしの持っているクレジットカードは、
年会費を払うものはないと思います。

加入時には確か、
年会費がないものを選んで入っているので。

やっぱり、持っているだけで年会費がかかるというのが納得いかないですね。

買い物する際に手数料などを払うので、
その中からまかなってほしいと思ってしまいます。

ただし、特典や付帯したサービスを使いたい場合は、
年会費を払うほうがサービスの質がよかったり、
ポイントの還元率がよかったりもするようなので、
ひとによってメリットが違うかもしれません。

そのへんは自分の用途をよく考えたほうがよいですね。

特にプラチナカードなどステータスが高いカードは、
航空ラウンジサービスとか、コンシェルジュサービスとかが充実していますので、
そのようなサービスを高い頻度で利用される方は、
高い年会費を支払っても持つ価値があるのだと思います。

------------------------------------------------------

クレジットカードには、年会費が無料のものから、有料のものまで様々だ。中には年会費が10万円を超えるクレジットカードもある。有料のクレジットカードには、航空会社のマイルを多く貯められたり、海外旅行の保険が充実していたりと、様々な特典がついている。そのため、年会費が無料のクレジットカードよりも、有料のクレジットカードの方が高還元である場合が一般的だ。

(ZUU online 2018/1/21)
------------------------------------------------------------------

浪費を防ぐにはクレジットカード封印

浪費をついしてしまうのは、
メールで届くクレジットカードのポイントキャンペーンのお知らせとかが、
きっかけになるときが多いです。

普段から目をつけていて、
安くなるのを待っているような場合はいいでしょうが、
そうでもない商品を、あ、いまなら安い!
と購入してしまうようなのがいちばん問題ですね。

ポイントキャンペーンは、お得ではありますが、
買わないのがいちばん浪費を防げるのは確かです。

ほんとうに必要なものか見定めるためにネットショップを有効に使い、
実際に購入するのは、きちんとメドがたってから、
というのがいちばん堅実なお買い物の仕方だと思います。

記事ではカードではなく現金を使うことをオススメしていますが、
私もそうだと思います。

世の中はキャッシュレス化にどんどん進行中ですが、
キャッシュレス社会はこういう無駄遣いをついついしてしまうという現象が
多くの人に起こるのではないかとも思います。

商品を販売している人や企業にとっては、
そういう無駄遣いも歓迎なのだとも思いますが。

それで消費が増え景気が良くなった、
という裏側で支払にドンドン追われるという人も増えそうですね。

------------------------------------------------------

「月末にお金がなくなってもカードを使って買い物三昧……。結果的に翌月のお金も足りなくなって家計は火の車状態に。クレジットカードを使わなくなったら意識が高くなったのか月に2~3万貯金できるようになった」(20代後半/年収350万/IT)

クレジットカードで生活するのは、浪費家女子にとってはとってもリスキーです。手持ちのお金がなくてもカードを使って払ってしまうため、お金を使っているという実感やお金が足りなくなっているという実感がなかなかわきません。思い切ってカードを封印し、すべて現金払いにしてみましょう。カードを使わないことで自分がどれくらいお金を使っているのかがリアルにわかるようになります。

(livedoor 2018/1/2)
------------------------------------------------------------------

「Polletカード」のチャージ額変更

「Polletカード」のチャージ額が制限される、
という記事をみて「Polletカード」という名前を知りました。

はじめての名前です。

みると、高額チャージができる
電子マネーとして登場したカードなのですね。

チャージ時にチャージ額に合わせたプラスがあって、
限度額が高額なのが特徴だったようなのですが、
その限度額が制限されるとなると、
やはりなにか問題があったのでしょうか。

運用をはじめるまでは、
1回あたりの上限いっぱいまでいちどにチャージされたらどうなるか、
考えていなかったとか・・そんなことはないでしょうが、
高額をいちどにチャージした場合のメリットが薄くなるのだと、
それを目当てにカードをつくった人は、ちょっと残念ですね。

------------------------------------------------------

Pollet(ポレット)カードは、2018年1月24日(水)より、クレジットカードチャージでのチャージに関して、1回あたりの上限を変更すると発表した。

現在は、1回あたり50万円までチャージが可能だが、1月24日(水)以降は5万円に変更となる。なお、Pay-easyでのチャージやポイントチャージについての変更はない。

クレジットカードでの高額のチャージをする場合は1月23日(火)までに行う必要がある。

(ポイ探ニュース 2017/12/25)
------------------------------------------------------------------

クレジットカードと顔認証

本人認証の大切さは、
決済にとって本当に大切なものです。

本人じゃなくても、
カードと暗証番号を知っていれば決済できてしまうのが、
クレジットカードのコワイところですが、
本人認証を暗証番号以外で行うことができれば、
さらに安全性が高まりますね。

アジアなどでは、日本とは違うかたちで
決済方法の進化が進んでいるところがあり、
顔認証で決済がスムーズにいくなら、
便利なだけでなく、安全面でもとても望ましい状況になると思います。

やはりそういうのが必要なのは、
安全度に問題があるからこそ、
セキュリティが高まってきている、
という面もあるのかもしれません。

------------------------------------------------------

さらに、生体認証のトップランナーとも評されるNECでは、顔認証技術を活用したキャッシュレス決済システムを大々的に紹介するコーナーを設けていた。事前に撮影・登録した顔画像と、店舗や食堂などに設置したカメラで撮影する顔画像を照合することで、手軽に本人確認と決済を行う画期的なシステムで、各国の参加者が実際にその場で体験利用し、そのスムーズさに驚いていた。

(livedoor 2017/12/10)
------------------------------------------------------------------

Googleを装ったカード情報抜き出しメール

クレジットカード情報を得るためにサーバアタックがされる、
というニュースはたまに聞きますね。

Googleを装ってメールを送り、
カード情報を入力させた、という犯罪が起きたとか。

そんなことをできる個人というのはすごいという気もしますが、こわいことです。

50万件もそういうメールを出しているなら、
綿密に計画して、実行に移したハッカーのような人なのでしょう。

身近にそういう事件に巻き込まれたら、おそろしいですね。

私のメールボックスにも、
毎日のようにそういう偽装メールが届きます。

最近は、楽天カードを装ったメールが、
1日に何件も届いていました。

もちろん、スルーします。

あと、最近は、ビットコインという仮想通貨が高騰しているからか、
仮想通貨に関しての怪しいメールもけっこうな数が届いています。

こういう怪しいメールは、
全てスルーして即刻削除するのが一番です。

------------------------------------------------------

他人のクレジットカード情報を得るために、大手検索サイト「グーグル」を装ったメールを送ってカード情報を入力させたとして、34歳の男が逮捕されました。

警視庁によりますと、山埜井容疑者などのパソコンを解析したところ、約1年半の間にグーグルを装ったメールを50万件近く送信した履歴が見つかったということです。また、関係先からは約200人分のクレジットカード情報が見つかりました。山埜井容疑者は「100人分のクレジットカード情報を使用した」と容疑を認めています。

(テレビ朝日 2017/12/5)
------------------------------------------------------------------

記事検索
  • ライブドアブログ